日本株

ソフトバンク(9984)が第2四半期の決算を発表!

ソフトバンク(9984)が第2四半期の決算を発表!

ソフトバンク 第2四半期 決算
ソフトバンク(9984)第2四半期の決算を発表しました。
ソフトバンク・ビジョン・ファンドが最大の利益を計上するなど、好材料が多かったです。
第2四半期の決算内容は、以下の通りです。

・売上高 4兆6,538億53百万円(前年同期比5.5%増)
・営業利益 1兆4,207億16百万円(前年同期比62.4%増)
・当期純利益 8,401億3百万円(前年同期比719%増)

ソフトバンク

前年にアリババの株式関連で、デリバティブ損失を計上していた反動もあり、大きく利益が増加しました。
第2四半期としては、過去最高の利益を稼ぎました。

3601
ソフトバンク(9984)の株価・見通し・株主優待・決算情報ソフトバンク(9984)の株価・見通し・株主優待・決算情報についての解説記事です。ソフトバンク(9984)は米スプリントやヤフー、アーム、ソフトバンクビジョンなどの事業を展開しています。...

第2四半期の決算の解説!

第2四半期の決算をチェックしましょう。
すべての事業が成長しており、売上高は6%増でした。
ソフトバンク 売上高

第2四半期の営業利益はこちらです。
営業利益は62%増でした。
国内の携帯事業を上回る営業利益をソフトバンク・ビジョンファンドが計上しました。
ソフトバンク 決算

国内の携帯事業は、相変わらずのドル箱です。
携帯事業が稼いでくれるので、ソフトバンクは攻めの経営ができますね。
ソフトバンク 決算

スマホは順調に伸びています。
今回の決算から「LINE MOBILE」の数字も載っています。
※「LINE MOBILE」は、ソフトバンク51%、LINEが49%の出資比率です。
低価格を売りにしたYmobileが順調に成長しているようですね。
ソフトバンク 決算

今回、特に好調だったのが「ソフトバンク・ビジョンファンド」です。
下の図の通り、最強の布陣となっています。
最近は、日本でも「WeWork」が大人気ですね。
ソフトバンク

ソフトバンクは、トヨタ自動車と新しいモビリティサービスの会社を設立しました。
出資比率をみると、ソフトバンク50.25%に対して、トヨタは49.75%です。
ソフトバンクの方がトヨタ自動車よりも優位な立場に立っていることが分かります。
ソフトバンク トヨタ

ソフトバンクは通信事業中心の現在の体制からの脱却を目指しています。
ビッグデータやIoT、AIで稼ぐことができるようにシフトしていくつもりのようです。
今後のソフトバンクの成長のカギはarmですね。
ソフトバンク

携帯料金は値下げするのか


今回の決算発表で注目されたのは…
『ソフトバンクは携帯料金を値下げするのか』ということでした。

孫社長は、携帯電話の通信料金の値下げを検討すると発表しました。
さらに国内通信事業に関わる人員を2~3年かけて4割削減すると発表しました。
携帯電話の通信料金を下げるために、”大配置転換”を実施するようですね。
リストラした後は、RPA(業務自動化ロボット)の導入をすすめていくとしています。
もしかしたら、将来的にソフトバンクの店舗に行くと、ペッパー君が対応してくれるかもしれませんね。

サウジとの関係

孫社長は、サウジアラビアに批判的だった記者のジャマル・カショギ氏がトルコのサウジアラビア領事館で殺害された事件についてコメントしています。

コメントの内容は…
「今回の事件は決してあってはならない、大変に悲惨な事件であったと認識しています。これはカショギ氏の人生ということに加え、ジャーナリズム、言論の自由に対する問題を提起するものでした。強い遺憾の意を示したい。」

ソフトバンク・ビジョンファンドは、サウジアラビアの政府系ファンドから450億ドルの投資を受け、共同運営しています。
『孫社長はサウジアラビアとの関係を見直すのでは…』という一部の報道がありましたが、『これまで通り共存共栄を目指す』という方針に変わりはないようです。

今回のまとめ

今回の記事のポイントはこちらです。

第2四半期としては、過去最高の利益を計上
最も営業利益を稼いだのはソフトバンク・ビジョン・ファンド
サウジの記者殺害事件を受けても、ファンドは共同運営を継続
国内通信事業は、2~3年で4割の人員削減
携帯電話の通信料金は下げる

ソフトバンクは、国内通信事業からの脱却を狙っているようです。
国内通信事業の人員を2~3年で4割削減すると発表しているので、大きな人員配置をおこなうようです。
大きな人員整理をした後は、RPA(業務ロボット)を導入すると表明しています。
もしかしたら、通信料金を下げても現在の利益水準を維持できるかもしれませんね。

今回の決算では、ソフトバンク・ビジョンファンドが大きく利益をあげています。
数年後は、ソフトバンクは通信会社ではなく、投資会社になっているかもしれません。

3601
ソフトバンク(9984)の株価・見通し・株主優待・決算情報ソフトバンク(9984)の株価・見通し・株主優待・決算情報についての解説記事です。ソフトバンク(9984)は米スプリントやヤフー、アーム、ソフトバンクビジョンなどの事業を展開しています。...

注意事項

・当サイトに掲載されている事項は、投資に関する情報の提供を目的に作成したものであり、特定の金融商品の勧誘を目的としたものではありません
・当サイトは特定の商品の勧誘や売買の推奨等を目的としたものではありません
・最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようにお願いします
・当サイトでは、投資セミナー・投資キャンペーン・日本株・米国株・IPO(新規公開株)・投資信託・株主優待・債券についての情報を提供しています。


ブログランキングに参加しています。
他の株ブログが気になる人はこちらもチェックしてください。
にほんブログ村 株ブログへにほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へにほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ