IPO

IPO SIG(4386)の解説

投資パンダの初値評価

pandaA
SIGは独立系のIT企業で、情報システムや産業制御システムの開発事業等を展開しています。
上場案件は、ジャスダック・スタンダード上場で、想定時価総額35.8億円吸収金額6.85億円となっています。
私は、SIGのIPOは3,000円超えてくるのではないかと考えています。
仮条件が出た際に、初値の予想価格は発表しますが、強気に構えて良い銘柄だと思います。
主幹事を岡三証券がつとめるのは、久々ですね。

6月11日、SIG(4386)は公募価格を発表しました。
想定価格2,000円、仮条件1,600~2,000円に対して、公募価格が2,000円で決定しました。
初値は3,500円~4,000円を予想します。

あわせて読みたい
3598
SIG(4386)の仮条件、決定!SIG(4386)が、仮条件を発表しました。想定価格が2,000円に対して、仮条件が1,600~2,000円で決定しました。仮条件をみると、仮条件の下限が想定価格を下回っています。思ったよりも需要が強くなかったようですね。 ...
あわせて読みたい
3598
SIG(4386)の公募価格、決定!SIG(4386)が、公募価格を発表しました。想定価格2,000円、仮条件1,600~2,000円に対して、公募価格が2,000円で決定しました。仮条件をみて、ちょっと不安になりましたが、公募価格が仮条件の上限で決まったことは安心しました。...

SIGの初値は4,665円(公募価格比+133.3%)でした。
メルカリに始まったIPOラッシュは、いずれも初値が大きく公募価格を上回っています。

SIG(4386)の基本情報

会社名 株式会社 SIG
主幹事証券 岡三証券
幹事証券 SBI証券、SMBC日興証券、みずほ証券、いちよし証券、東洋証券、極東証券

IPO日程

仮条件決定日 2018/05/31(木)
BB期間 2018/06/04(月)~2018/06/08(金)
公募価格決定日 2018/06/11(月)
上場予定日 2018/06/21(木)

IPO情報

公募株式数 150,000株
売出株数 148,000株
O.A. 44,700株
想定価格 2,000円
仮条件価格 1,600~2,000円
公募価格 2,000円
初値 4,665円(公募価格比+133.3%)
想定時価総額 35.8億円
吸収金額 6.85億円

SIG(4386)ってどんな会社?

SIGは独立系のIT企業で、情報システムや産業制御システムの開発事業等を展開しています。
優良な顧客が取引先に多いため、安定して経営できています。
パナソニックと日立で全部の売上の4割を稼いでいるので、特定の企業へ依存しているのは不安になりますが…。

SIGはもともとエスアイインフォジェニックという社名で、住友金属工業グループの中で設立された企業です。
そして平成12年9月には住友金属工業から独立して、独立系の情報システム企業としてスタートをきりました。
平成28年2月に、株式会社 エスアイインフォジェニックから現在の「株式会社 SIG」に商号変更しました。

SIGは、米国SecuGen社(セキュジェン)と代理店契約を締結しています。
SecuGen社は指紋認証センサーに強みがあり、高度な本人認証を必要とする機器へ簡単に指紋認証機能を付加することができます。
下の図はSecuGen社の指紋センサーが搭載された様々な機器です。
001829

SIGの事業系統図はこちらです。
001820

投資のポイント

優良な顧客基盤に支えられた経営

SIGの顧客をみると、優良な顧客が多いです。
パナソニックや日立製作所だけではなく、NTTデータや日本電気、富士通、凸版印刷、新日鐵住金などの企業が取引先となっています。
大学をみても、東京大学や一橋大学、北海道大学、大東文化大学などがあげられています。

ただSIGの業績をみると、パナソニックと日立の2社で全体の売上高の4割近くを稼ぎ出しています。
特定の企業への依存度が高すぎるのは課題ですね。

事業

SIGの事業自体は「システム開発およびインフラ・セキュリティー事業」の単一セクターですが、事業分野で分けています。
事業別の売上高をみると、システム開発 28億51百万円、インフラ・セキュリティサービス 6億96百万円となっています。

001823

インフラ開発事業

インフラ開発事業では、官公庁や地方自治体の公共事業や金融サービス向けの情報システム、プラント向けの監視システム、製造装置向けの組み込みシステムなどの分野でシステム開発をしています。
下の図「ビ・アンビシャス」シリーズでは、様々な申込みや利用料、手数料の受領機能や電子決済機能のついた卒業証明書などの自動発行機システムを提供しています。
001814001815

インフラ・セキュリティサービス事業

インフラ・セキュリティサービス事業は、インフラ部門とセキュリティ部門で構成されています。
インフラ部門では、情報を管理するサーバ等だけでなく、ネットワークやデータベースの設計・構築から管理まで様々なサービスを提供しています。
セキュリティ部門では、米国SecuGen社の製品やセキュリティ商材の販売や設計・構築・運用まで様々なサービスを提供しています。
001816001817

主な販売先

主な販売先をみると、日立製作所 4億45百万円、パナソニックファクトリーソリューションズ 3億8,476万円となっています。
毎年、パナソニックと日立で全売上高の4割程度を占めています。

001824

調達資金の使い道

下記の手取概算額2億6,600万円と第三者割当増資の手取概算額8,224万円を合わせた概算額は運転資金に充当する予定です。
具体的には、人材採用費に2億円、システム開発事業に1億4,824万円充当する予定です。
001837

従業員の状況

従業員の状況をみると、従業員数370名、平均年齢35.0歳、平均勤続年数6.0年、平均年間給与406万1千円となっています。
001821
001822

直近の決算

平成29年3月期の決算をみると、売上高35億4,796万円(前期比1.3%増)、営業利益2億3,296万円(前期比97.3%増)、経常利益2億1,651万円(前期比96.4%増)、当期純利益1億3,616万円(前期比24.2%増)、となっています。
001831
001834
001835
001836
001832
001833
001819

役員の状況

取締役の石川泰久氏は、代表取締役の石川純生氏の長男です。

001826
001827
001828

大株主情報

石川 純生氏は、現在代表取締役をつとめています。
001825

資料

株式会社 SIG「有価証券報告書」より引用
株式会社 SIG「公式HP」より引用

注意事項

・当サイトに掲載されている事項は、投資に関する情報の提供を目的に作成したものであり、特定の金融商品の勧誘を目的としたものではありません
・当サイトは特定の商品の勧誘や売買の推奨等を目的としたものではありません
・最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようにお願いします
・当サイトでは、投資セミナー・投資キャンペーン・日本株・米国株・IPO(新規公開株)・投資信託・株主優待・債券についての情報を提供しています。


ブログランキングに参加しています。
他の株ブログが気になる人はこちらもチェックしてください。
にほんブログ村 株ブログへにほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ