米国株

セールスフォース(CRM)をおすすめする理由

セールスフォースとは

セールスフォース
セールスフォース(Salesforce)
は、世界最大のCRM(顧客管理)アプリを提供している企業です。
CRM(顧客管理)と聞くと難しく感じますが、企業のシステム全般を提供しているというイメージで良いと思います。


セールスフォースの製品は、顧客管理のための様々なサービスがあります。
顧客の目的ごとに、以下の通り細かくサービスが分かれています。

『プラットフォーム』…世界No.1のCRM(顧客管理サービス)
『Sales Cloud』…営業を支援するプラットフォーム
『Service Cloud』…カスタマーサービスを支援するプラットフォーム
『Marketing Cloud』…マーケティングプラットフォーム
『Commerce Cloud Store』…小売り関係のプラットフォーム
『Quip』…文書やデータのプラットフォーム

さらに価格も顧客ごとに細かく分かれています。
例えば、営業支援をおこなう『Sales Cloud』の価格は下の図の通りです。
自分の必要なサービスレベルによって選択できるようになっています。
セールスフォース


セールスフォースのプラットフォームには、『Einstein(アインシュタイン)』というAI(人口知能)が組み込まれています。
ユーザーや顧客のデータを基に、売上の予測や見込み客の提案を行ってくれます。
様々な行動を自動化してくれるので、自分のビジネス上の案件に集中することができます。
セールスフォースのプラットフォームでは、最新のツールをカンタンに使うことができるので、顧客満足度が非常に高いです。

セールスフォースの売上高の9割近くは、クラウドサービスの基本利用料です。
そのため、セールスフォースの売上高は、ほぼクラウドサービスを利用する会員数の結果です。
下の図は、セールスフォースの売上高の推移です。
ずっと右肩上がりですね。
ここまでキレイに売上高が増加しているのは、顧客離れなく会員数を増やしているからです。
顧客離れがないのは、セールスフォースのプラットフォームの満足度が高いからです。

おすすめポイント

業界の覇者


セールスフォースは、CRM(顧客管理サービス)で世界トップシェアです。
CRM(顧客管理サービス)のライバルといえば、オラクルやSAP、マイクロソフト、アドビシステムズなどです。
最近では下の図の通り、ライバル企業に大きな差をつけています。
下の図の通りSAPやオラクルのシェアは横ばいですが、セールスフォースのシェアは大きく伸びています。
CRM(顧客管理サービス)といえば、セールスフォースの一択になりつつありますね。
セールスフォース シェア

米国から世界へ

セールスフォースの地域別売上高をみると、大半が米国です。
直近の決算をみると…
米国(Americas) 75億7,911万6千ドル
欧州(Europe) 19億352万4千ドル
アジア太平洋(Asia Pacific) 9億9,737万2千ドル
となっています(2018年1月期)。

現在の売上高の構成をみると、大半が米国内になります。
まだまだ米国外に、セールスフォースの未開拓の地域がたくさんあります。
今後はグローバル市場にセールスフォースの成長のポテンシャルがあるようですね。

高いセキュリティ能力

セールスフォースのプラットフォームは、米国連邦政府や米国防総省の厳しいセキュリティ基準をクリアしています。
そのため、一般企業だけでなく、金融機関、各国の政府機関もセールスフォースのシステムを導入しています。
日本政府のマイナンバーのシステムもセールスフォースが手がけていることは有名ですね。
以下の企業や団体でも採用されています。

・一般企業
『日立製作所』、『ダイハツ』、『コカ・コーラ』、『セブン&アイ』
・金融機関
『三菱UFJ銀行』、『アメリカン・エキスプレス』、『みずほ証券』など
・政府機関
『内閣官房』、『静岡県』、『千葉市』など

注意ポイント

とにかく利益が低い

セールスフォースの最大の弱点は、利益率の低さです。
売上高は大きく伸びていますが、利益は全然あがっていません。
セールスフォースの顧客に合わせたきめ細かいサービスがあだとなり、なかなか利益があがりません。

利益は計上できていませんが、営業キャッシュフローは下の図の通りキチンとプラスです。
営業キャッシュフローがプラスということは、1年間にキャッシュ(現金)を生み出しているということです。
利益を計上していませんが、企業として危ういということではありません。
お金を生み出す体制をキチンと構築していますね。
セールスフォース(Salesforce)

セールスフォースの活用例


セールスフォースは、世界15万社以上の企業に採用されています。
海外ではコカ・コーラNBCフィナンシャル・タイムズなど
日本では三菱UFJ銀行セブン&アイライザップなど
様々な企業がセールスフォースのプラットフォームを利用しています。


セールスフォースは、業種別やビジネスタイプ別、ニーズ別にプラットフォームを用意しています。
業種別の一覧をみると…
・金融サービス
・ヘルスケア
・流通、小売
・製造
・消費財
・通信
・メディア
・公共機関
・自動車
・教育
・非営利団体
となっており、様々な業種にあった営業戦略を立てることができます。

セールスフォースは何を変えたのか?


セールスフォースがCRM(顧客管理サービス)を始める前、顧客管理のシステムは各企業がそれぞれIT企業に発注していました。
各企業がそれぞれ異なるシステムで発注するため、ひとつずつのシステムのコストが非常に高かったです。
ひとつずつのシステムが違うため、メンテナンスのコストも高くなり、システムの更新も大掛かりでした。
しかし、セールスフォースがクラウド上でCRM(顧客管理サービス)を提供したことで、各企業はクラウド上でカンタンに、最新のシステムを使うことができるようになりました。
現在では、クラウド上でサービスを提供する企業が増えましたね。
セールスフォースの成功をみて、真似した企業が多いと思います。

今回のまとめ


セールスフォースは、CRM(顧客管理サービス)で世界トップシェアです
下の図の通り、ライバル企業に大きな差をつけています。
セールスフォースが順調にシェアを伸ばす中、他の企業は自分のシェアを守ることで精一杯の状況です。

セールスフォースは、CRM(顧客管理サービス)で世界トップ企業です。
しかし、世界シェアは19.3%(2017年度IDC調べ)にとどまっています。
まだまだセールスフォースには、世界シェアを伸ばすポテンシャルがありそうですね。

現時点では、セールスフォースを脅かすCRM(顧客管理サービス)の企業は見当たりません。
会長兼CEOのマーク・ベニオフ氏が会社の指揮を取っているうちは大丈夫だと思います。
今後、セールスフォースの事業の風向きが変わった際は、Webサイトで報告します。

あわせて読みたい
セールスフォース(salesforce)
【セールスフォース(CRM)】の株価・決算情報・銘柄紹介セールスフォース(CRM)の紹介記事です。セールス・フォース(Salesforce)の株価やチャート、決算、配当について記事にしました。クラウド型の営業支援ツールを提供しています。米国株(アメリカ株)の銘柄紹介の記事です。...

関連資料

セールスフォース「Annual report」
セールスフォース「公式HP」

他のおすすめ米国株

あわせて読みたい
インテュイティブサージカル
インテュイティブサージカル(ISRG)をおすすめする理由インテュイティブサージカル(Intuitive Surgical)をおすすめする理由をまとめました。インテュイティブサージカル(ISRG)は、「ダヴィンチ」という世界で最も普及している手術用ロボットを提供している企業です。...
あわせて読みたい
フェイスブック(Facebook)
フェイスブック株(FB)をおすすめする理由フェイスブック株(FB)をおすすめする理由を記事にしました。株価や決算、銘柄の紹介については、解説の記事をチェックしてください。フェイスブック(Facebook)は、インスタグラム(Instagram)やワッツアップ、オキュラスを展開するSNS企業です。...

注意事項

・当サイトに掲載されている事項は、投資に関する情報の提供を目的に作成したものであり、特定の金融商品の勧誘を目的としたものではありません
・当サイトは特定の商品の勧誘や売買の推奨等を目的としたものではありません
・最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようにお願いします
・当サイトでは、投資セミナー・投資キャンペーン・日本株・米国株・IPO(新規公開株)・投資信託・株主優待・債券についての情報を提供しています。


ブログランキングに参加しています。
他の株ブログが気になる人はこちらもチェックしてください。
にほんブログ村 株ブログへにほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へにほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ