日本株

ロイヤルホールディングス(8179)の株価・株主優待・決算情報・銘柄紹介

ロイヤルホールディングス(8179)とは


ロイヤルホールディングス(8179)は、「ロイヤルホスト」や「てんや」の運営で有名ですが、「リッチモンドホテル」などの飲食以外の事業も展開しています。
レストラン「ロイヤルホスト」、天丼・てんぷら専門店「てんや」、ステーキやハンバーグの「カウボーイ家族」、ピザレストラン「シェーキーズ」、サラダバー&グリル「シズラー」などのブランドを運営しています。

ロイヤルホールディングスの創業者の江頭 匡一氏が、過去に日経新聞に連載された「私の履歴書」が公式HPに載っています。こちらです。

100449100450100451100452100453 100454100455100456100457100458100459

株主優待は何?

株主優待は、優待食事券になります。

・6月末時点の株主→9月中旬送付予定
・12月末時点の株主→3月下旬送付予定
※本券のみで利用の場合、釣り銭は出せません。

特典:優待食事券

royalholdings
「ロイヤルホスト」「てんや」「カウボーイ家族」「シズラー」「シェーキーズ」「ロイヤルガーデンカフェ」「カフェクロワッサン」「ローズベーカリー」「ピンクベリー」「スタンダードコーヒー」「スパイスプラス」「リッチモンドホテル」の店舗で利用できます。

100株以上500株未満

優待食事券(500円) 1枚

500株以上1,000株未満

優待食事券(500円) 10枚

1,000株以上

優待食事券(500円) 24枚

優待の権利はいつ?

権利確定日は、6月末12月末です。
次の権利付き最終日は、2018年6月26日(火)になります。
2018年6月26日(火)の15時までに株を買付すれば、優待がもらえます。

配当はどうなっているの?

配当利回りは1.02%です(2018/04/18 終値)。
1株配当金額(会社予想)は30.00円です。

いくらで買えるの?

1単位買うのに、29万2,900円必要です(2018/04/18 終値)。
株価 2,929円(2018/04/18 終値)。
単位株数 100株

事業

事業別売上高をみると、外食事業615億52百万円、コントラクト事業339億78百万円、機内食事業84億47百万円、ホテル事業268億74百万円、食品事業45億49百万円、その他1億60百万円となっています。

100461

「外食事業」

100464
売上高は615億52百万円で構成比は46%ほどになり、ロイヤルホールディングスのメイン事業です。
外食事業は、レストラン「ロイヤルホスト」や天丼「てんや」、ステーキ・ハンバーグ「カウボーイ家族」、ピザレストラン「シェーキーズ」、サラダバー&グリル「シズラー」などのチェーン店等の事業展開しています。

「コントラクト事業」

100463
売上高は339億78百万円で、構成比は25%ほどになります。
コントラクト事業は、空港ターミナルや高速道路サービスエリア、大型商業施設、百貨店、官公庁などで飲食事業を展開しています。
ロイヤルホールディングスは、北海道から沖縄までの主要空港にレストランやフードコートなどの様々な業態を出店しており、来日したムスリムの方も食事ができるように、ハラルに対応しているメニューを揃えています。

「機内食事業」

100465
売上高は84億47百万円で、構成比は6%ほどになります。
機内食事業は、関西国際空港や福岡空港などで機内食などを受託しています。

戦後、日本航空の国内線第一号機にロイヤルホールディングスがサンドイッチと紅茶を提供したことは有名です。
福岡空港や関西国際空港、那覇空港、成田国際空港など、ファーストクラスからエコノミークラスまで、質の高い機内食を提供しています。

「ホテル事業」

100466
売上高は268億74百万円で、構成比は20%ほどになります。
ホテル事業は、全国に「リッチモンドホテル」ブランドで38店舗展開しています。
「ひとと自然にやさしい、常にお客様のために進化するホテル」を経営理念にしています。

「食品事業」

100467
売上高は45億49百万円で、構成比は3%ほどになります。
食品事業では、ロイヤルホールディングスの各事業に食品を提供しており、グループ外企業向けの食品製造もおこなっています。

ロイヤルホールディングスは、日本ではじめてセントラルキッチン方式を導入したことで有名です。
2015年には、イスラム教の戒律によって食べることが許されたハラル食専用の製造ラインを設置するなど、時代のニーズに合った食を提供しています。

「その他事業」

その他事業では、不動産賃貸等の事業をおこなっています。

投資のポイント

『実は売上の2割がホテル事業』


ロイヤルホストのイメージの強いロイヤルホールディングスですが、売上の18%はホテル事業です。
ホテル事業は、「リッチモンドホテル」ブランドで全国に展開しています。

調査会社のJ・D・パワーアジア・パシフィックが実施した2016年国内ホテル満足度調査では、1泊9,000円~15,000円未満部門で2年連続の第1位になるなど評価が高いです。
ファミレス事業が停滞している中、ホテル事業は順調に伸びていますね。

『少子高齢化の時代に対応』

ロイヤルHDはキャッシュレス店舗「GATHERING TABLE PANTRY」を11月にオープンさせています。
この店舗では、支払いをクレジットカードと電子マネーに限定しています。
現金管理をなくすことで、作業数が減少して効率的な店舗運営ができるようになります。
これからの少子高齢化時代で労働人口が減ってくため、人件費高騰の問題の解決策になるかもしれませんね。
ロイヤルホストの標準店ではピーク時には7~8人の店員を配置しますが、キャッシュレス店舗では5~6人で運営が可能になるそうです。

『客単価の高いロイヤルホスト』

この国では、これからも人口減少というトレンドに変化はないと思います。
人口減少する社会では、客数の大きな上昇は見込むのは難しいと思うので、いかに客単価を上げてその中で利益をとっていくかが大切になると思います。
ロイヤルホストは、各店舗にコックを配置して料理のレベルを保っているので、値下げをしなくてもお客さんを呼ぶことができるんですね。

会社の業績は大丈夫?

業績は鈍化していますが、売上も利益も少しずつ増加しています。
利益率が低いことが、会社としての課題ですね。

業績の推移

100468

1株あたりの利益

有価証券報告書(第69期)

royal 04

大株主は?

8

従業員の状況

グループの従業員は2,646人になります。
ロイヤルホールディングス単体でみると、従業員117人、平均年齢36.9歳、平均勤続年数6.1年、平均年間給与524万1千円になります。
royal 01
royal 02

会社の資料

ロイヤルホールディングス「第69期 有価証券報告書」より引用
ロイヤルホールディングス「公式HP」より引用

注意事項

・当サイトに掲載されている事項は、投資に関する情報の提供を目的に作成したものであり、特定の金融商品の勧誘を目的としたものではありません
・当サイトは特定の商品の勧誘や売買の推奨等を目的としたものではありません
・最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようにお願いします
・当サイトでは、投資セミナー・投資キャンペーン・日本株・米国株・IPO(新規公開株)・投資信託・株主優待・債券についての情報を提供しています。


ブログランキングに参加しています。
他の株ブログが気になる人はこちらもチェックしてください。
にほんブログ村 株ブログへにほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へにほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ