新規上場!IPO プロレド・パートナーズ(7034)の解説

投資パンダの初値評価

pandaB
プロレド・パートナーズ(7034)のIPO(新規上場)が承認されました。
上場日は7月27日(金)で、東証マザーズでの上場となります。
想定時価総額は101億円吸収金額は29.2億円です。
プロレド・パートナーズは、成果報酬型のコンサルティング会社です。

002654
初値予想!プロレド・パートナーズ(7034)の仮条件、決定!
002654
初値予想!プロレド・パートナーズ(7034)の公募価格、決定!

想定価格4,100円仮条件4,100~4,250円に対して、公募価格が4,250円でした。
今回のプロレド・パートナーズ(7034)の初値は5,100~5,500円を予想します。

プロレド・パートナーズ(7034)の基本情報

会社名 株式会社プロレド・パートナーズ
主幹事証券 みずほ証券
幹事証券 SBI証券、楽天証券、マネックス証券、SMBC日興証券、岡三証券、東海東京証券、岩井コスモ証券、いちよし証券、エース証券

IPO日程

仮条件決定日 2018/07/06(金)
BB期間 2018/07/10(火)~2018/07/17(火)
公募価格決定日 2018/07/18(水)
上場予定日 2018/07/27(金)
上場市場 東証マザーズ

IPO情報

公募株式数 465,000株
売出株数 155,000株
O.A. 93,000株
想定価格 4,100円
仮条件価格 4,100~4,250円
公募価格 4,250円
想定時価総額 101億円
吸収金額 29.2億円

プロレド・パートナーズ(7034)ってどんな会社?

002651002652002653
プロレド・パートナーズ(7034)は、成果報酬型のコンサルティングサービスを提供している企業です。
特にローコスト戦略を主軸に置いており、定評がありますね。
コメ兵はプロレド・パートナーズのコンサルティングのおかげで「3,000万円のコスト削減ができた」とコメントしています(公式HP)。
他のコンサルティング企業との違いは以下の通りです。
002655

プロレド・パートナーズ(7034)は、主に間接材のコスト削減のマネジメントをおこなっています。
『売上改善プロジェクト』や『エネルギーコストマネジメント』、『消耗品コスト適正化プロジェクト』など、様々なコンサルティングをおこなっています。
共同購買の仕組みをつくったり、原価設計等をおこない、コスト削減に活かしたりしています。
1円以上の決済チェックなど、様々な業務を提供しています。
※間接材とは、直接材(原材料や部品、仕入れ商品などの直接製造にかかる費用)意外のコスト全般を指します。
ローコスト戦略について他社とのちがいは以下の通りです。
002656

プロレド・パートナーズは、購買BPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)もおこなっています。
購買機能を自社内にもつのではなく、プロレド社にアウトソースすることでコストを削減することができます。
月額の固定報酬だけでなく、もちろん成果報酬型のアウトソース・サービスも提供しています。

プロレド・パートナーズの特徴

プロレド・パートナーズの最大の特徴は、『成果報酬になっていること』です。
普通のコンサルティングは固定報酬ですが、プロレド・パートナーズでは成果報酬を導入しています。
過去の実績とコンサルティング導入後の数字を比較し、その成果をクライアントが確認した時点で報酬を受領します。
002639

クライアントにとっては成果が出ない場合は無報酬になるので、導入しやすいですね
そして、クライアントの立場に立ったサービスを受けることもでき、良いことづくめです。
ライザップのような『結果にコミット』している企業です。
コンサルティングの流れはこちらです。
002640

事業

プロレド・パートナーズは、コンサルティング事業の単一セグメントです。
002643

主な販売先

主な販売先をみると、HITOWAホールディングスは全売上高の12.2%、株式会社キタムラは全売上高の10.6%を占めています。

002644

優良な顧客

プロレド・パートナーズ(7034)の取引相手先は優良な企業ばかりです。
公式HPをみると、『株式会社リコー』や『大幸薬品株式会社』、『マックスバリュ東海株式会社』などの企業のレビューが載っています。

『株式会社コメ兵』は、「最終的にはコストの削減額が3,000万円を超えた」とコメントしています。
かなり顧客満足度が高いようです。
その他の企業のインタビューはこちらです。

調達資金の使い道

下記の手取概算額17億4,398万円と第三者割当増資の3億5,079万6千円は運転資金等に充当する予定です。
オフィス移転にかかる資金として5億6,739万2千円、システム構築費として8億5,000万円、海外進出のための調査費として4,254万円、残額は人件費や人材採用費に充当する予定です。
002632

従業員の状況

従業員の状況をみると、従業員数72名、平均年齢31.6歳、平均勤続年数1.9年、平均年間給与605万2千円です。
ちなみに労働組合は結成されていません。
002642

直近の決算

平成29年10月期の決算をみると、売上高10億13百万円(前期比96.7%増)、営業利益2億74百万円(前期比526.4%増)、経常利益2億79百万円(前期比510.8%増)、当期純利益1億98百万円(前期比501.3%増)でした。
002633
002636
002637
002638
002634
002635

役員の状況

002645
002646
002647
002648
002649

大株主の状況

002650

資料

プロレド・パートナーズ『有価証券報告書』より引用
プロレド・パートナーズ『公式HP』より引用