3分チェック!米国株ニュース 6月20日版

直近の株価指数

panda
・ダウ平均
24,700.21ドル -287.26ドル(-1.15%)
・S&P500
2,762.59ドル -11.16ドル(-0.40%)
・ナスダック
7,725.58ドル -21.44ドル(-0.28%)
・日経平均
22,278.48円 -401.85円(-1.77%)

昨晩の米国株3指数は、いずれもマイナスでした。
トランプ政権が、中国に新たに2,000億ドル相当の中国製品に関税をかけると表明したことが重しとなりました。
ボーイングやキャタピラーなどの中国関連は大きく下落しました。

昨晩の個別株ランキング

S&P500 値上がり率 上位5社

順位 企業名(ティッカー) 上昇率
1 アシュラント(AIZ) +4.59%
2 CVSヘルス(CVS) +4.47%
3 ネットフリックス(NFLX) +3.73%
4 リジェネロン・ファーマシューティカルズ(REGN) +3.63%
5 シマレックス・エナジー(XEC) +3.50%

S&P500 値下がり率 上位5社

順位 企業名(ティッカー) 下落率
1 MGMリゾーツ(MGM) -4.50%
2 ザイレム(XYL) -3.88%
3 ゼネラル・モーターズ(GM) -3.85%
4 ボーイング(BA) -3.84%
5 マテル(MAT) -3.77%

今日の経済イベント

時間 イベント内容
08:50 日銀・金融政策決定会合議事要旨 日本
16:00 5月訪日外国人客数発表 日本
17:00 5月消費者物価指数(CPI) 南アフリカ
21:30 米1~3月期経常収支 米国
23:00 米5月中古住宅販売 米国

ピックアップ・ニュース

トランプ政権、新たに22兆円の制裁関税へ

トランプ大統領は、中国の知的財産権侵害をめぐり、新たに2千億ドル分の輸入品に10%の制裁関税を検討するよう米通商代表部(USTR)に指示しました。
この報道を受けて、中国商務省は対抗措置をとると表明しました。
中国としては反撃せざるをえない状況に追い込まれています。
米中貿易戦争が第2幕に突入しました。

ロス商務長官、大スキャンダル勃発!

フォーブスは、ロス米商務長官がロシアの関連株で利益をあげていた疑いがあると報じました。
ロス氏は商務長官へ就任した際に、ロシアや中国の保有資産を売却すると表明していましたが、就任後も投資を続けていた可能性があります。
この報道が事実なら、ロス商務長官はインサイダー取引と職権乱用で儲けていたことになります。
トランプ政権にとっては大打撃となります。

GEがダウ平均から除外

ダウ平均の算出を手がけているS&Pダウ・ジョーンズ・インディシーズは、ダウ平均からGEを除外すると発表しました。
GEは1896年にダウ平均の算出が始まった当初から組み入れられてきた唯一の銘柄でした。
直近、大きく株価が下落していたので当たり前の決断ですね。
GEの替わりにドラッグストアのウォルグリーンを加えるそうです。

がん遺伝子検査FMI急騰

002570
遺伝子検査をてがけるファウンデーション・メディシン(FMI)の株価が急騰しました。
スイスの製薬大手ロシェが完全子会社化すると発表したためです。
FMIガンの遺伝子を検査する高い技術力をもっています。

トランプ政権、国連の人権理事会から離脱

米国の複数メディアによるとトランプ政権は、国連の人権理事会から離脱する方針を固めました。
イスラエルに批判的な立場の理事会と米国は対立を深めてきました。
米国がイスラエル大使館をエレされ務に移転したことに対する抗議デモで死傷者が多数でていることで批判されっぱなしのためですね。
米国は、国連でも孤立を強めています。

注目・記事

panda hyouka
米国 注目決算!6月18日(月)~6月22日(金)
panda
おすすめ 株!10選
panda
注目の経済イベント3選! 6月18日(月)~6月22日(金)
panda
IPOのおすすめランキング
002470
トルコの債券の投資ポイント

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

関連ページ

panda
3分チェック!日本株ニュース 6月20日版