3分チェック!米国株ニュース 6月19日版

直近の株価指数

panda
・ダウ平均
24,987.47ドル -103.01ドル(-0.41%)
・S&P500
2,773.75ドル -5.91ドル(-0.21%)
・ナスダック
7,747.02ドル +0.65ドル(+0.008%)
・日経平均
22,680.33円 -171.42円(-0.75%)

昨晩の米国株は全体的に軟調でした。
米中貿易戦争の激化が嫌気されていて、海外で稼いでいる企業の株価が売られています。
最近の市場は楽観的すぎたので、ちょうどいい調整ですね。
メルケル政権が正念場を迎えており、下手したら総選挙かもしれませんね。

昨晩の個別株ランキング

S&P500 値上がり率 上位5社

順位 企業名(ティッカー) 上昇率
1 シマレックス・エナジー(XEC) +5.71%
2 アドバンスト・マイクロ・デバイセズ(AMD) +4.71%
3 ノーブル・エナジー(NBL) +3.37%
4 ニューフィールド・エクスプロレーション(NFX) +3.12%
5 CFインダストリーズ・ホールディングス(CF) +3.07%

S&P500 値下がり率 上位5社

順位 企業名(ティッカー) 下落率
1 バイオジェン(BIIB) -5.22%
2 コムキャスト(CMCSA) -3.84%
3 アメリソースバーゲン(ABC) -3.46%
4 インテル(INTC) -3.43%
5 CVSヘルス(CVS) -3.35%

今日の経済イベント

時間 イベント内容
10:30 豪準備銀行(中央銀行)、金融政策決定会合議事要旨公表
17:00 4月経常収支発表 欧州
21:30 5月住宅着工件数 米国

ピックアップ・ニュース

インテル株、急落!

002561
昨晩、インテルの株価が急落しました。
株価が急落した理由は、ノースランド・キャピタル・マーケッツが目標株価を引き下げたからです。
目標株価を53ドルから45ドルに引き下げました。
インテルのメイン商品のCPUの先行きに不安があることを指摘しています。

002195
インテル(INTC)の銘柄紹介

バリアント株、急落!

002562
カナダのバリアント・ファーマシューティカルズ・インターナショナルの株価が急落しました。
急落した理由は、米FDAが皮膚疾患の新型治療薬を承認しないと決めたためです。
バリアントは、FDAと話し合いの時間を持つとしています。

グーグル、JDドットコムに出資

グーグルは、中国のJDドットコムに5億5,000万ドルを出資すると発表しました。
JDドットコムは、EC市場でアリババに次ぐ第2位の企業です。
グーグルは中国のネット通販で足がかりをつくることができ、JDドットコムは中国以外の消費者の利用の足がかりをつくることができます。
グーグルの検索エンジンは、検閲を拒否しているため中国では使用できなくなっています。
本業の検索エンジン以外の事業から展開していくことを考えているのかもしれませんね。

alphabet 01
アルファベット(GOOGL)の銘柄紹介

メルケル政権は正念場

メルケル政権が移民政策をめぐって“政権崩壊”の危機に直面しています。
連立パートナーのキリスト教社会同盟党首のゼーホーファー内相は、難民対策をすすめなければ、内相の権限で対策を強行する意向を示しています。
メルケル首相としては、ゼーホーファー内相の案を認めるわけにはいかないので、難航する可能性が高そうです。

アウディ会長が逮捕

独ミュンヘンの検察は、独アウディのシュタートラー会長を逮捕しました。
シュタートラー会長には、詐欺と偽装の疑いがかかっています。
フォルクスワーゲンの排ガス不正問題は、現役社長の逮捕まで発展しました。
シュタートラー会長は、今まで不正への関与を一貫して否定してきました。
VWにとって、関与が認められればダメージが大きいですね。

注目・記事

panda hyouka
米国 注目決算!6月18日(月)~6月22日(金)
panda
おすすめ 株!10選
panda
注目の経済イベント3選! 6月18日(月)~6月22日(金)
panda
IPOのおすすめランキング

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

関連ページ