3分チェック!米国株ニュース 6月18日版

直近の株価指数

panda
・ダウ平均
25,090.48ドル -84.83ドル(-0.34%)
・S&P500
2,779.66ドル -2.83ドル(-0.10%)
・ナスダック
7,746.38ドル -14.66ドル(-0.19%)
・日経平均
22,851.75円 +113.14円(+0.50%)

今回の米中貿易戦争のニュースをみると、実際の経済活動には影響が小さいとコメントするアナリストも多いですね。
ちなみに、私はボディーブローのように実体経済へのダメージがあると考えています。
今回の500億ドル規模の制裁関税で終わるなら、株の調整は大きくないと思います。
今後の米中貿易戦争の動きには要注目ですね。

今日の経済イベント

時間 イベント内容
08:50 5月貿易統計 日本
21:35 NY連銀のダドリー総裁発言 米国
23:00 6月NAHB住宅市場指数 米国

ピックアップ・ニュース

メキシコ大統領選、左派系候補がダントツ

7月1日にメキシコでは大統領選挙があります
地元紙の世論調査をみると、左派野党のロペスオブラドール候補が50%の支持でトップに立っています。
2位の右派系の候補が24%なので、ダントツですね。
ロペスオブラドール氏は対米強硬派のため、トランプ大統領とのバトルが予想されます。

アップル、独自コンテンツでネットフリックスを追撃

アップルは、米国の人気タレントのオプラ・ウィンフリー氏と複数年のコンテンツ契約を結んだと発表しました。
ウィンフリー氏は「The Oprah Winfrey Show」で有名なタレントです。
大統領選挙に出馬する噂も絶えない名司会者ですね。
アップルは独自コンテンツをそろえて、ネットフリックスやアマゾンを追撃していく構えです。

トランプ大統領「フェイクニュースを一掃しよう」

トランプ大統領は、G7首脳との不仲説に反論しています。
G7サミットでは、トランプ大統領に対してメルケル首相が身を乗り出している写真が話題になりました。
この写真も「フェイクニュースだ」とコメントしています。
ツイッター上で「メルケルとの関係はすばらしい」と投稿しています。
トランプ大統領が他国の首脳との関係を悪くさせたくないと考えていることはプラス材料です。

米国、対中制裁関税を7月6日発動へ

トランプ政権は、中国の知的財産侵害に対する制裁関税の最終リストを発表しました。
米国側は、500億ドルに相当する中国からの輸入品に25%の関税を課します。
このうち340億ドルに相当する818品目への関税を7月6日に発動します。
中国側はすぐに同じ規模の報復関税を発表しています。
米中貿易戦争の様相となっていますね。

注目・経済イベント

panda hyouka
米国 注目決算!6月18日(月)~6月22日(金)
panda
注目の経済イベント3選! 6月18日(月)~6月22日(金)
panda
IPOのおすすめランキング
panda
おすすめ 株!10選

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

関連ページ

panda
3分チェック!日本株ニュース 6月18日版