3分チェック!米国株ニュース 6月5日版

直近の株価指数

panda
ダウ平均 24,813.69ドル +178.48ドル(+0.72%)
S&P500 2,746.87ドル +12.25ドル(+0.45%)
ナスダック 7,606.46ドル +52.13ドル(+0.69%)
日経平均 22,475.94円 +304.59円(+1.37%)

昨晩の米国株市場は3指数ともに上昇して引けています。
ナスダックとラッセル2000が史上最高値を更新するなど、米国株は絶好調です。
貿易戦争も楽観的な意見が多くなってきました。

ピックアップ・ニュース

マイクロソフト、ギットハブを75億ドルで買収

マクロソフトがギットハブ(GitHub)を75億ドルで買収すると発表しました。
ギットハブは、ソフト開発者がソースコードを公開したり共有したりすることのできるサイトを運営しています。
人気のソフトウェアを提供していますが、利益が出ていないことが課題でした。
全世界で3,000万人近いユーザーのいるギットハブを買収することは、マイクロソフトにもプラスが大きいですね。

アップル、スマホ依存の新機能を発表

アップルは、スマートフォン依存対策ツールを発表しました。
個別のアプリの利用時間を制限したり、制限時間に近づくとやめるように通知する機能も備えます。
今年の1月に、アップルの株主の『JENAパートナーズ』や『カリフォルニア教職員退職年金基金』からスマホ依存対策が不十分だと指摘を受けていました。
グーグルも同じようなツールを発表しており、世の中全体の流れのようですね。

中国、米マイクロン等を調査へ

中国当局は、独占禁止法違反の疑いで『マイクロン・テクノロジー』や『サムソン電子』、『SKハイニックス』に対して調査を開始しました。
中国は国の政策として半導体産業を伸ばしていく方針なので、今回の調査は国の意向が強いです。
2015年、中国当局はクアルコムに独占禁止法違反として60億元(約1,000億円)の制裁金を支払わせています。
今回の調査でマイクロンにも制裁金を支払わせる可能性は高いと思います。

6月12日、午前9時(日本時間10時)から米朝会談スタート

トランプ政権のサンダース報道官は、12日に開催される米朝首脳会談は午前9時(日本時間10時)からスタートすると発表しました。
会談に先立ち、トランプ大統領が「最大限の圧力という言葉は使いたくない」とコメントするなど、制裁が緩む可能性が高いですね。

今週の米国 決算は?

panda hyouka
明日からの米国 注目決算! 6月4日(月)~6月8日(金)

注目・IPO

panda toushi
この週末にチェックすべきIPOランキング(6月2日)
131
要チェック!オススメIPO
152
要チェック!IPOスケジュール
001780
新規上場!IPO メルカリ(4385)の解説
001838
新規上場!IPO SIG(4386)の解説
001853
新規上場!IPO ログリー(6579)の解説
001891
新規上場!IPO ZUU(4387)の解説
001918
新規上場!IPO コーア商事ホールディングス(9273)の解説
001935
新規上場!IPO ライトアップ(6580)の解説
001995
新規上場!IPO 国際紙パルプ商事(9274)の解説
002051
新規上場!IPO プロパティデータバンク(4389)の解説
002030
新規上場!IPO エーアイ(4388)の解説
002120
新規上場!IPO アイ・ピー・エス(4390)の解説
002097
新規上場!IPO スプリックス(7030)の解説
002161
新規上場!IPO インバウンドテック(7031)の解説
002186
新規上場!IPO パデコ(7032)の解説
002253
新規上場!IPO MTG(7806)の解説
002352
新規上場!IPO ロジザード(4391)の解説
002386
新規上場!IPO キャンディル(1446)の解説