特集

ワンタップバイの日本株30銘柄

ワンタップバイ(One Tap BUY)で購入できる日本株

3537
ワンタップバイ(One Tap BUY)は「3タップで株の売買ができる」証券取引アプリです。
1,000円から株取引ができることもあり、若い世代を中心に人気となっています。
ワンタップバイの解説は、下の記事にまとめました。
投資パンダ:『ワンタップバイの解説!メリット・デメリットをまとめました』


ワンタップバイ(One Tap BUY)で購入できる日本株は、全部で30銘柄です。
今回は、ワンタップバイで購入できる日本株を一覧にしました。
『ワンタップバイで日本株を買おう』と考えている人向けに、この記事を書きました。

米国株は、こちらの記事でまとめました。
投資パンダ:『ワンタップバイ米国株の銘柄30』

積水ハウス(1928)

積水ハウス
積水ハウス(1928)は戸建て住宅やマンションなどの賃貸住宅などを展開している住宅メーカーです。
もともと積水化学の住宅部門でしたが、積水ハウスとして分離・独立しました。

住宅においては国内最大手の企業ですが、国際事業もすすめています。
国際事業は売上高の14%を占めており、国際事業の成否が今後の成長を決めると思います。

株主優待は、魚沼産コシヒカリ(新米)です。
1,000株以上購入すると、魚沼産コシヒカリ(新米)を5kgもらえます。

明治ホールディングス(2269)

3758
明治ホールディングス(2269)は、明治乳業と明治製菓の経営統合により誕生したお菓子メーカーです。
『明治おいしい牛乳』や『きのこの山・たけのこの里』、『明治ミルクチョコレート』などの様々な定番製品を提供しています。

株主優待は、自社製品の詰め合わせです。
保有株数によって、もらえる優待内容が変更になります。
明治ホールディングス 株主優待
明治ホールディングス(2269)は過去に記事でまとめました。
投資パンダ:『明治ホールディングス(2269)の株価・株主優待・決算情報・銘柄紹介』

キリンホールディングス(2503)

キリンホールディングス
キリンホールディングス(2503)は、アサヒホールディングに次ぐビール系飲料大手の企業です。
ビールは『1番搾り』や『ラガー』、『端麗』、缶チューハイは『氷結』、ノンアル飲料は『生茶』、『午後の紅茶』などの定番商品を提供しています。

飲料事業が有名ですが、業績をみると医薬・バイオケミカル事業が売上の19%を占めています。
飲料以外の多角化も順調にすすめています。

株主優待は、様々な飲料詰め合わせセット等を選ぶことができます。
特にオリジナルビールの詰め合わせが人気ですね。
キリンホールディングス

セブン&アイ ホールディングス(3382)

セブン&アイ
セブン&ホールディングス(3382)は、コンビニやスーパー、百貨店、レストラン、銀行などの幅広い事業を展開しています。
『セブンイレブン』や『イトーヨーカドー』、『そごう』、『西武』、『ロフト』、食品スーパー『ヨークマート』、専門店『アカチャンホンポ』、通販『ニッセン』などの小売り企業を運営しています。
2006年にそごうと西武を子会社化して、2014年にニッセンを子会社化しています。
セブン&アイホールディングスには、株主優待はありません。

花王(4452)

花王
花王(4452)は、家庭用品で国内最大手の企業です。
『ソフィーナ』や『メンズビオレ』、『メリット』、『サクセス』などのビューティケア系商品や『クリアクリーン』や『メリーズ』などのヘルスケア系商品、『アタック』や『リセッシュ』などのホームケア系商品を提供しています。

1887年に創業された伝統のある企業で、洗剤などの家庭用品を中心に成長してきました。
2006年にカネボウ化粧品を子会社化したことで、化粧品でも国内2位のシェアを占めるようになりました。
花王には株主優待がありません。

武田薬品工業(4502)

武田薬品(4502)は、国内最大手の製薬会社です。
ガンや消化器系、中枢神経系を重点領域としており、開発も重点領域に集中させています。

2018年5月、武田薬品はアイルランドの製薬大手シャイアーを総額6兆8,000億円で完全子会社化することで合意しました。
武田薬品は3兆円を超える資金を借り入れなければならないので、大きなリスクをとって勝負を賭けたことになりますね。
武田薬品には株主優待がありません。

オリエンタルランド(4661)


オリエンタルランド(4661)は、東京ディズニーリゾートを運営している企業です。
1983年に『東京ディズニーランド』を開業し、2001年に『東京ディズニー・シー』を開業しました。
テーマパーク事業が売上の83%を占めていますが、ホテル事業も売上の14%を占めています(2018年3月期)。

オリエンタルランドは、2,500億円をかけて東京ディズニーシーを2割拡張する計画を発表しています。
東京ディズニーリゾートはとにかく混雑しているので、拡張すれば混雑も緩和するかもしれませんね。

オリエンタルランドの株主優待は、『東京ディズニーランド』や『東京ディズニーシー』で利用可能な1デーパスポートです。

オリエンタルランド(4661)は過去に記事でまとめました。
投資パンダ:『オリエンタルランド(4661)の株価・株主優待・決算情報・銘柄紹介』

ヤフー(4689)

ヤフー
ヤフー(4689)は、『Yahoo! JAPAN』を運営しているネットサービスの大手企業です。
『Yahoo! JAPAN』だけでなく、『Yahoo!ショッピング』や『ヤフオク』、『アスクル』、『LOHACO』、『Yahoo!プレミアム』などのサービスを提供しています。

米国のヤフーは、グーグルとの競争に敗れて米ベライゾンに買収されてしまいました。
現在では、アルタバと社名変更しています。
ヤフーに株主優待はありません。

ヤフー(4689)は過去に記事でまとめました。
投資パンダ:『ヤフー(4689)の株価・株主優待・決算情報・銘柄紹介』

楽天(4755)

3704
楽天(4755)は、ネットショッピングの『楽天市場』を運営しているネットサービスの大手企業です。
『楽天市場』だけでなく、『楽天トラベル』や『楽天証券』、『楽天銀行』、『楽天カード』などの様々なサービスを提供しています。

楽天が金融系サービスに強いのは、三木谷社長が元銀行マンだったことと関係しているかもしれませんね。
楽天の株主優待は様々なサービスがあります。

楽天(4755)は過去に記事でまとめました。
投資パンダ:『楽天(4755)の株価・株主優待・決算情報・銘柄紹介』

資生堂(4911)

資生堂
資生堂(4911)は、化粧品業界の国内最大手の企業です。
『NARS(ナーズ)』や『イプサ』、『マキアージュ』、『TSUBAKI』などの有力ブランドをもっています。

売上の地域別構成をみると、日本は43%しか占めておらず、海外進出がすすんでいます(2017年12月期)。
資生堂は、中国に積極的に事業展開をすすめていますね。

株主優待は自社製品になります。
保有期間が1年を超えていないと優待がもらえないので、注意してください。
資生堂 株主優待

資生堂(4911)は過去に記事でまとめました。
投資パンダ:『資生堂(4911)の株価・株主優待・決算情報・銘柄紹介』

ブリヂストン(5108)

ブリヂストン
ブリヂストン(5108)は、国内最大手のタイヤメーカーです。
世界3大タイヤメーカー(仏・ミシュラン、米・グッドイヤー)の一角を占めています。

売上高の8割をタイヤ事業が占めています。
『ブリヂストン』と『ファイアストン』という主力ブランドを展開しています。

ブリヂストンには株主優待がありません。

TOTO(5332)

3826
TOTO(5332)は、衛生陶器業界の最大手の企業です。
温水洗浄便座の代名詞のようになっている「ウォシュレット」は、TOTOが販売する商品名です。
ちなみにINAXブランドでは、シャワートイレと呼びます。

最近は海外でも「ウォシュレット」が販売を伸ばしており、今後の成長が期待できますね。

TOTOの株主優待は、自社商品です。
株主限定カタログから選ぶことができます。

リクルートホールディングス(6098)

リクルート
リクルート(6098)は、「リクナビ」などの情報サイトを運営している企業です。
運営している情報サイトは、求人サイトの『リクナビ』や住宅サイトの『SUUMO』、結婚サイトの『ゼクシィ』、旅行サイトの『じゃらん』などがあります。

地域別の売上高をみると、日本は56%となっており、積極的に海外進出もすすめています(2018年3月期)。

リクルートに株主優待はありません。

パナソニック(6752)

パナソニック
パナソニック(6752)は、日本を代表する総合エレクトロニクス企業です。
生活家電だけでなく、住宅機器、電子部品、音響機器など様々な事業を展開しています。

最近は、車載機器が業績を大きく伸ばしています。
特にテスラに販売している電気自動車の車載電池は、これからの成長が期待できますね。
パナソニックに株主優待はありません。

パナソニック(6752)は過去に記事でまとめました。
投資パンダ:『パナソニック(6752)の株価・株主優待・決算情報・銘柄紹介』

ソニー(6758)

ソニー
ソニー(6758)は、日本を代表するAV機器の大手企業です。
イメージセンサーや半導体、ゲーム、音楽、映画など様々な事業を展開しています。

地域別売上高をみると、日本は31%しか占めていません(2018年3月期)。
海外進出がすすんでいます。
『SONY』ブランドは、海外でもブランド力が絶大ですね。

ソニー(6758)は過去に記事でまとめました。
投資パンダ:『ソニー(6758)の株価・株主優待・決算情報・銘柄紹介』

キーエンス(6861)

キーエンス(6861)は、FA(ファクトリーオートメーション)用センサーや測定器、画像処理機器、制御機器などを開発・提供している企業です。
FA用センサーとは、製造業の生産工程の自動化を図るシステムのことをいいます。

世界的に工場の自動化需要が高まっているので、キーエンスの業績は順調に伸びています。
工場をもたずに外部に生産を委託するファブレス企業です。
キーエンスは株主優待がありません。

ファナック(6954)

ファナック
ファナック(6954)は、工作機械に搭載されているCNC装置で世界トップの企業です。
CNC装置とは、機械の動作を制御する装置です。

地域別の売上高をみると、日本は19%しか占めていません(2018年3月期)。
業績の大半を海外で稼いでいるため、世界景気の動向を注視する必要がある銘柄です。
今後、世界的にIoTの需要が強まってくることが予測されるため、ファナックの成長に期待ができますね。
ファナックには株主優待がありません。

ファナック(6954)は過去に記事でまとめました。
投資パンダ:『ファナック(6954)の株価・株主優待・決算情報・銘柄紹介』

村田製作所(6981)

村田製作所
村田製作所(6981)は、セラミックコンデンサーで世界シェアトップの企業です。
セラミックコンデンサー以外でも様々な世界シェアトップの電子部品をもっています。

なかなか事業をイメージしにくい企業ですね。
しかし、取扱っている電子部品は、どれもハイエンドなスマートフォンには不可欠な部品ばかりです。
世界のスマートフォン需要によって、株価が上下する可能性があるので注意が必要です。
村田製作所には、株主優待はありません。

村田製作所(6981)は過去に記事でまとめました。
投資パンダ:『村田製作所(6981)の株価・株主優待・決算情報・銘柄紹介』

日産自動車(7201)

日産自動車(7201)は、トヨタに次ぐ国内2位の自動車メーカーです。
仏ルノー傘下に入っており、三菱自動車も含め世界第2位の自動車グループを形成しています。

日産自動車は、電気自動車の『リーフ』や軽自動車『デイズ』、コンパクトカー『マーチ』、ミニバン『セレナ』、SUV『エクストレイル』などの様々なブランドのクルマを提供しています。

地域別の売上高をみると、海外の売上比率は85%です(2018年3月期)。
日本以外で稼ぐ体制がしっかりと整っているのは日産の魅力ですね。

日産自動車の株主優待は、一定の条件の上でもらえるギフトカードやカタログギフトです。

トヨタ自動車(7203)

トヨタ自動車
トヨタ自動車(7203)は、国内最大手の自動車企業です。
1998年にダイハツを子会社化、2001年には日野自動車を子会社化しています。

トヨタ自動車は、ハイブリッドの『プリウス』、高級車の『レクサス』や『クラウン』、コンパクトカーの『アクア』や『ヴィッツ』、ミニバンの『アルファード』、『エスティマ』、SUVの『C-HR』や『ハリアー』などのブランドのクルマを提供しています。
トヨタ自動車には株主優待がありません。

トヨタ自動車(7203)は過去に記事でまとめました。
投資パンダ:『トヨタ自動車(7203)の株価・株主優待・決算情報・銘柄紹介』

本田技研工業(7267)

ホンダ(7267)は、トヨタ、日産自動車に次ぐ国内第3位の自動車メーカーです。
二輪車事業では世界最大手です。
最近では、小型ジェット機「ホンダジェット」の製造・販売もおこなっています。
「ホンダジェット」は、最大7人乗りの富裕層向けのプライベート機です。

ホンダは、軽自動車の「N-BOX」、ハイブリッドの「アコード」や「フィット」、セダンの「アコード」や「シビックセダン」、ミニバンの「オデッセイ」や「ステップワゴン」などのクルマを提供しています。

ホンダの株主優待は、カレンダーやサーキットの招待券などです。
ホンダ 株主優待

良品計画(7453)

良品計画
良品計画(7453)は、「無印良品」のブランドで家庭用品や食品、日用品などを提供している企業です。
もともとは、1980年に西友のプライベートブランド「無印良品」として誕生しました。

現在では日本(419店舗)と海外(457店舗)で、合計876店舗を展開しています(2018年2月期)。
中期経営計画では、世界1,200店舗を目指しています。
良品計画には、株主優待はありません。

キャノン(7751)

キャノン(7751)は、デジタルカメラや複写機、レーザープリンターなどを提供している企業です。
1934年に国産初のフォーカルプレーンシャッターカメラ「KWANON(カンノン)」をつくったことは有名ですね。
創業以来カメラを中心に事業を展開してきました。
現在でも一眼レフカメラのシェアは5割を超えています。
キャノンには、株主優待はありません。

任天堂(7974)

任天堂
任天堂(7974)は、『Nintendo Switch』などの家庭用ゲームなどを提供しているゲーム企業です。
ゲームのハード機だけでなく、『マリオ・シリーズ』や『星のカービィ』、『スマッシュブラザーズ』、『ポケットモンスター』、『ゼルダの伝説』、『ファイアーエンブレム』、『スプラトゥーン』、『どうぶつの森』などのソフトも開発してきました。

「Nintendo Switch」や「ニンテンドー3DS」などのハード機だけでなく、スマホ向けゲームも提供しています。
ハード機の販売が伸びている際は業績が好調ですが、ハード機の販売が落ちると業績が一気に悪くなります。
「Wii U」が売れなかったときは業績が悪かったですね。
2014年には赤字を計上するくらい追い込まれました。
ゲーム機の販売によって大きく業績が振れることには注意しなければならない銘柄です。

任天堂(7974)は過去に記事でまとめました。
投資パンダ:『任天堂(7974)の株価・株主優待・決算情報・銘柄紹介』

ユニ・チャーム(8113)

ユニ・チャーム(8113)は、生理用品や紙おむつで国内トップの企業です。
紙おむつの『ムーニー』や『マミーポコ』、生理用品の『ソフィ』などを提供しています。

あまりイメージがないと思いますが、『銀のスプーン』や『愛犬元気』などのペットケア事業も展開しています。
ユニ・チャームには、株主優待はありません。

みずほフィナンシャルグループ(8411)

みずほフィナンシャルグループ(8411)は、三菱UFJフィナンシャルグループと三井住友フィナンシャルグループとともに三大メガバンクを形成している金融機関です。
みずほ銀行は、日本興業銀行と富士銀行、第一勧業銀行が合併して誕生しました。

『みずほ銀行』や『みずほ信託銀行』、『みずほ証券』、『アセットマネジメントone』などを傘下にもっています。
みずほフィナンシャルグループには、株主優待がありません。

ヤマトホールディングス(9061)

ヤマトホールディングス(9061)は、宅配便で国内トップの企業です。
1919年に創業され、1929年に初めて定期便事業をスタートさせました。

ネット通販が急拡大しており、直近で値上げをおこなっています。
このまま単価が上昇していけば、業績に期待できそうです。
ヤマトホールディングスには、株主優待がありません。

セコム(9735)

セコム(9735)は、警備サービス業の国内最大手の企業です。
警備サービスは、企業向けと家庭向けの2種類があります。
セコムの警備サービスは、不審者の侵入を感知したら25分以内に現場に駆け付けてくれます。

警備事業だけでなく、防災事業やメディカルサービス事業、保険事業、不動産事業なども展開しています。

株主優待は、サービスに利用可能な優待券です。
セコム 株主優待

ニトリホールディングス(9843)

ニトリホールディングス(9843)は、家具やインテリアをチェーン展開している企業です。
全世界で523店舗(台湾27店、米国5店舗、中国24店舗)展開しています(2018年2月20日)。

ニトリの業績は好調で、31期連続で増収増益を達成しています。
輸入品が8割を占めているので、為替が円高に進んだ方が業績にはプラスです。
ニトリの株主優待は優待券です。

ファーストリテイリング(9983)

ファーストリテイリング(9983)は、『ユニクロ』を運営するアパレル小売企業です。
『ユニクロ』のイメージが強いですが、『ジェイブランド』、『セオリー』、『プリンセス タムタム』などのブランドも展開しています。
もともとは山口県の小さなアパレルショップでしたが、「フリース」などの大ヒットで世界的な企業へと成長しました。

ファーストリテイリングには株主優待がありません。

ファーストリテイリング(9983)は過去に記事でまとめました。
投資パンダ:『ファーストリテイリング(9983)の株価・株主優待・決算情報・銘柄紹介』

今回のまとめ

ワンタップバイの取扱銘柄は、上記の30銘柄です。
30銘柄を一覧にしました。

銘柄名 銘柄コード 業種
積水ハウス 1928 住宅製造販売
明治ホールディングス 2269 食品製造
キリンホールディングス 2503 酒類製造
セブン&アイホールディングス 3382 コンビニやスーパー等
花王 4452 ヘルスケア商品製造
武田薬品工業 4661 テーマパーク運営
ヤフー 4689 ポータルサイト運営等
楽天 4755 ECサイト運営
資生堂 4911 化粧品製造
ブリヂストン 5108 自動車タイヤ製造
TOTO 5332 住宅設備機器製造
リクルートホールディングス 6098 情報提供・情報誌発行
パナソニック 6752 家電製造
ソニー 6758 家電製造
キーエンス 6861 精密機器製造
ファナック 6954 産業用ロボット製造
村田製作所 6981 精密機器製造
日産自動車 7201 自動車製造
トヨタ自動車 7203 自動車製造
本田技研工業 7267 自動車・オートバイ製造
良品計画 7453 生活必需品製造販売
キャノン 7751 カメラ・光学機器製造
任天堂 7974 ゲーム機・ゲームソフト製造販売
ユニ・チャーム 8113 衛生用品製造
みずほフィナンシャルグループ 8411 銀行業
ヤマトホールディングス 9064 運送業
セコム 9735 警備
ニトリホールディングス 9843 ホームセンター運営
ファーストリテイリング 9983 衣料品製造販売

ワンタップバイは、とにかく使いやすいアプリなのでサクサク取引ができます。
ただ、メリットもデメリットもあるアプリなので、気になる人は下の記事もチェックしてみてください。

ワンタップバイ メリット デメリット
ワンタップバイの解説!メリット・デメリット、手数料や配当金は?ワンタップバイ(OneTapBUY)のメリットやデメリット、配当金、手数料、安全性、銘柄、口座開設についての解説記事です。ワンタップバイ日本株やワンタップバイ米国株、ワンタップバイCFD、ワンタップバイ積み株を提供しています。...

投資アプリの記事

finbee 12
フィンビー(finbee)の解説!無料で使える貯金アプリ!フィンビー(finbee)の紹介記事です。フィンビーは、ネストエッグが提供している自動貯金ができるアプリです。Zaimと連携でき、つみたて貯金やおつり貯金ができます。マネフォワードの提供しているしらたまのライバルです。...
ウェルスナビ
ウェルスナビ(Wealth Navi)の解説!実績や手数料、注意事項は?ウェルスナビ(WealthNavi)は、日本で最も預かり資産の大きいロボアドバイザーです。ウェルスナビの実績、手数料、キャンペーン、評価、アプリについて記事にしました。これから取引する人は、注意事項をよくチェックしてください。...
マイトレード(my Trade)
マイトレード(my Trade)の解説!機能は?注意点は?マイトレードは、株の取引記録や資産状況の把握などを支援してくれる資産管理アプリです。証券会社の取引記録を自動で取得してくれるので、ひと目で資産の状況が把握できるようになります。...

注意事項

・当サイトに掲載されている事項は、投資に関する情報の提供を目的に作成したものであり、特定の金融商品の勧誘を目的としたものではありません
・当サイトは特定の商品の勧誘や売買の推奨等を目的としたものではありません
・最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようにお願いします
・当サイトでは、投資セミナー・投資キャンペーン・日本株・米国株・IPO(新規公開株)・投資信託・株主優待・債券についての情報を提供しています。


ブログランキングに参加しています。
他の株ブログが気になる人はこちらもチェックしてください。
にほんブログ村 株ブログへにほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へにほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ