米国株

ナイキの株価が急落!広告キャンペーンが原因!?

ナイキの株価が-3.16%の急落!

3033
(直近5日間の株価チャート)

昨晩、ナイキの株価が-3.16%と急落しました。
ダウ平均が-0.04%、S&P500が-0.17%、ナスダックが-0.23%だったので、大きなアンダーパフォーマンスでした。

ナイキの株価が急落した理由は、『30周年の広告キャンペーンにコリン・キャパニック氏を起用する』と発表したからです。
キャパニック氏は、NFLサンフランシスコの元クォーターバック選手です。
2016年のシーズンに、人種差別に抗議するため国歌斉唱時に起立を拒否する抗議をしたことで知られています。

一般的に企業は、政治的論争になりそうなタレントを広告に起用しません。
キャパニック氏の広告キャンペーンを受けて、トランプ支持者が不買運動をする可能性もあります。
そういった意味では、株価が下落したのも当然ですね。

なぜ抗議したのか?これからどうなる?


ナイキがキャパニック氏を広告塔に起用したことで、再びキャパニック氏の抗議行動に注目が集まっています。
2016年、キャパニック氏は人種差別に抗議するため、国歌斉唱時に起立を拒否しました。

2016年当時、警察官の黒人に対する暴力が問題となっていました。
警察官が武器をもたない黒人市民を殺害するという事件まで起きていました。
キャパニック氏は、事件と警察の暴力に対して起立を拒否することで、抗議の意思を示しました。
この抗議行動は一部の人から称賛されましたが、一部の人からは激しい批判を招きました。

キャパニック氏はNFLのスター選手でしたが、激しい批判の声もあり、どのチームとも契約してもらえませんでした。
そのため、キャパニック氏は抗議活動を理由に自分をリーグから排除したとして、NFLを訴えています。
ちなみに現在でもキャパニック氏は、プレーすることができていません。

キャパニック氏の抗議行動を受けて、トランプ大統領はキャパニック氏のことを罵倒しました。
NFLも抗議行動を受けて、「選手たちは国家斉唱時は全員起立すること」という新しいルールを策定しました。

ナイキは、キャンペーンにコリン・キャパニック氏を起用したことで、NFLとトランプ政権に反対の立場をとったことになります。
ナイキにとって、NFLは10億ドル近くのユニホーム契約を結んでいるお得意様です。
今回の広告キャンペーンは、NFLとの関係が悪化する可能性があり、後々まで関係が悪化するかもしれません。

ツイッターをみると、キャパニック氏を広告塔に起用したことに対するアンチ・キャンペーンも活発になっています。
下のようなツイートを結構見かけます。

今回のナイキの広告キャンペーンはリスクが高いと思います。
しかし、現時点ではメディアが大きく取り上げており、広告効果は高そうです。
NFLが広告キャンペーンを理由に、ナイキにマイナスになるようなことをする可能性も低いため、株価の下落はそんなに気にすることはなさそうです。

ナイキ(Nike)
【ナイキ(NKE)】の株価・決算情報・銘柄紹介ナイキ(NKE)の紹介記事です。ナイキ(Nike)の株価やチャート、決算、配当について記事にしました。ナイキブランドだけでなく、コンバースも展開しています。米国株(アメリカ株)の銘柄紹介の記事です。...

注意事項

・当サイトに掲載されている事項は、投資に関する情報の提供を目的に作成したものであり、特定の金融商品の勧誘を目的としたものではありません
・当サイトは特定の商品の勧誘や売買の推奨等を目的としたものではありません
・最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようにお願いします
・当サイトでは、投資セミナー・投資キャンペーン・日本株・米国株・IPO(新規公開株)・投資信託・株主優待・債券についての情報を提供しています。


ブログランキングに参加しています。
他の株ブログが気になる人はこちらもチェックしてください。
にほんブログ村 株ブログへにほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へにほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ