「投資パンダの今日はこれだけニュース!」3月29日号

昨日の株価指数

67
ダウ平均 23,848.42ドル -9.29ドル(-0.04%)
S&P500 2,605.00ドル -7.62ドル(-0.29%)
ナスダック 6,949.23ドル -59.58(-0.85%)
日経平均 21,031.31円 -286.01円(-1.34%)

米国株は、3指数とも下落しています。
米国GDPが予想を上回って、内容が良かったです。
GDPを悪いと予想する人が多かったので、市場にはサプライズとなりました。
アマゾンの株価が大きく下落したため、ナスダック市場が軟調でした。
テスラやアップルやSNS企業など、今まで市場を引っ張ってきた企業でマイナスなニュースが増えてきましたね。

注目・マーケットニュース

①テスラ株、大幅続落!

101090
昨晩、テスラの株価が-7.67%と大幅続落しました。
カリフォルニア州で起きた「モデルX」の衝突事故は、まだ原因が発表されていないため、様々なニュースが交錯しているような状況です。

テスラは公式ブログで、事故車のログがまだ回収できていないとしています。
今回の衝突事故について、事故前にオートパイロットを作動させていたかどうかがポイントだと思います。
テスラの”モデル3”の生産計画がうまくいっていなくても、テスラの時価総額が高かったのは、テスラの作るクルマが圧倒的に人気だったからです。
もし今回の事故で、テスラの人気が落ちるようなことがあれば、今まで投資家がテスラに期待していたシナリオを変更する必要があるので、注意が必要です。

テスラ(TSLA)の銘柄紹介

②アマゾン株、急落!

ネットメディア「アクシオス」は、トランプ大統領が反トラスト法を使ってアマゾンへの課税強化を検討していると報じました。
この報道を受けて、アマゾン株は-4.38%下落しました。
アクシオスは、アマゾンが既存の小売店等のビジネスを破壊していると指摘しています。
ホワイトハウスの報道官は、トランプ政権としてアマゾンを標的とした政策は何も検討していないと否定しました。
アマゾンのジェフ・ベゾスCEOが所有している「ワシントンポスト」がトランプ政権に批判的な報道をしているのも関係あると思いますね。

アマゾン(AMZN)の銘柄紹介

③米国GDP、上方修正

米商務省は、2017年10~12月期のGDP確定値を発表しました。
今回の10月~12月期の米GDPは、年換算で前期比+2.9%増となり、改定値から0.4ポイント上方修正されました。
これで2017年通年のGDPは前年比2.3%増となります。
悪い数字を予想するアナリストが多かったので、ちょっとサプライズでした。
特に個人消費が強かったですね。
この発表を受けて、大きくドル高に為替がすすみました。

④米国、対韓FTAでやりたい放題

トランプ大統領は、韓国の文大統領との自由貿易協定(FTA)の再交渉が妥結したと発表しました。
韓国は、「米国の安全基準の適合車の輸入枠を2倍にすること」や「為替をウォン安誘導を禁じる為替条項」等の条件をのまされました。
今回のFTA再交渉で、米国は「米軍撤収」や「北朝鮮情勢」などを最大限交渉に利用したのだと思います。
鉄鋼の輸入制限では、韓国を関税の適用除外としましたが、代わりに韓国の輸入量を2015年~2017年の平均の7割におさえるなど、とにかく韓国にとって割に合わないものですね。
やはり、米国との2国間の貿易交渉は、圧倒的に米国に有利な条件になりそうです。

⑤アップル、目標株価の引き下げ、相次ぐ

アップルが、iPhoneの販売の苦戦が予想され、複数の金融機関で目標株価を引き下げられました。
ゴールドマンサックスは目標株価を161ドルから159ドルに引き下げ、RBCキャピタル・マーケッツは目標株価を205ドルから203ドルに引き下げています。
よくみれば、そんなに目標株価自体は下がっていませんね。
iPhoneの人気がなくなってきているというよりは、iPhoneの買い替えサイクルが長くなってきているのが要因だと思います。

アップル(AAPL)の銘柄紹介

⑥武田、欧州製薬会社を大型買収か

武田薬品は、がんや希少疾患に強みをもつアイルランドの医薬品メーカーのシャイアーに対して買収を検討していると文書で発表しました。
買収提示額は500億ドル近くに達するため、武田薬品が過去におこなったM&Aでも最大級のものになります。
武田薬品の手元資金は約4,500億円ほどしかないため、買収資金をどうまかなうかに注目です。

⑥NY自動車ショー、開幕

自動車見本市のニューヨーク国際自動車ショーが開幕しました。
どの会社もSUVに力を入れており、新型モデルを発表しています。
今回、話題になっているのがトヨタのRAV4です。
RAV4は去年40万台販売されており、アメリカで最も売れているSUVです。

⑦ブラジルのルラ元大統領、有罪判決維持

ブラジルの裁判所は、1月に収賄で有罪判決を受けたルラ元大統領の異議申し立てを却下しました。
10月の大統領選へ出馬したいと考えているルラ氏は、前回の審理で使われた資料に誤りがあると主張しましたが、裁判所は前回の禁固12年1カ月の判決を妥当と判断しました。
ルラ氏は有罪判決を受けたため、大統領選への出馬資格がありません。
それどころか異議申し立てが却下されたので、服役する必要があります
ルラ元大統領は、今回の収賄容疑を政治ライバルによって仕掛けられたとして潔白を主張しています。
10月のブラジル大統領選は大荒れの予感がします。

注目・個別株ランキング

・S&P500値上がり率ランキング

銘柄名 騰落率
メーシーズ(M) +4.34%
エクイティ・レジデンシャル(EQR) +3.71%
サイモン・プロパティ(SPG) +3.62%
CVSヘルス(CVS) +3.48%
ナビエント(NAVI) +3.45%

・S&P500値下がり率ランキング

銘柄名 騰落率
コンチョ・リソーシズ(CXO) -8.76%
レッド・ハット(RHT) -5.32%
ネットフリックス(NFLX) -4.96%
ユナイテッド・レンタルズ(URI) -4.54%
アマゾン(AMZN) -4.38%

注目・記事

前回の貿易戦争って株価はどんな動きだったの?

エヌビディア、急落!それでも気にしない

GE、復活ののろしか、大幅上昇!

ツイッター急落、破滅へのカウントダウン開始か!?

注目・IPO

要チェック!IPOスケジュール

要チェック!IPOおすすめ順

新規上場! IPO エヌリンクス(6578) 徹底解説

新規上場! IPO ベストワンドットコム(6577) 徹底解説

新規上場! IPO アイペット損害保険(7323) 徹底解説

新規上場! IPO HEROZ(4382)徹底解説

新規上場!IPO ヒューマン・アソシエイツ・ホールディングス(6575) 徹底解説

新規上場!IPO コンヴァノ(6574) 徹底解説

新規上場!IPO ビープラッツ(4381) 徹底解説

新規上場!IPO ブティックス(9272) 徹底解説

新規上場!IPO 日本リビング保証(7320) 徹底解説

新規上場!IPO 和心(9271) 徹底解説

新規上場!IPO アズ企画設計(3490) 徹底解説

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です