「投資パンダの今日はこれだけニュース!」3月28日号

昨日の株価指数

143
ダウ平均 23,857.71ドル -344.89ドル(-1.43%)
S&P500 2,612.62ドル -45.93ドル(-1.73%)
日経平均 21,317.32円 +551.22円(+2.65%)
昨晩の米国市場では3指数とも下落していますが、特にNasdaqが-2.93%と大きく下落しています。
前日上昇していたハイテク株が一斉にさげていますね。
午前中はプラス圏でしたが、午後にマイナス圏に沈みそのまま大きく下げているので、利益確定した人が多かったと思います。
今日の日本株も下落しそうですね。

注目・マーケットニュース

①テスラ株、急落!


テスラ社の株価が25ドル下落して-8.22%の急落となりました。
複数の米メディアによると、先週カリフォルニア州で起きた高速道路での事故について調査が入ると報じられています。
調査では、テスラ社の「オートパイロット機能」や「バッテリー」について調べるとしています。
事故の時に、テスラの「オートパイロット機能」が利用されていたかどうかは、現時点では不明です。

テスラ(TSLA)の銘柄紹介

②佐川氏、証言拒否50回超え

森友問題の決裁文書改ざん問題について、衆参両院の予算委員会で佐川前国税庁長官への証人喚問がありました。
証人喚問の中で「誰が、いつ、どのように改ざんしたか?」という問いかけには、「刑事訴追を受ける恐れがある」として証言を拒否しました。
「政治家の関与があったのか」という問いかけには、「理財局の中だけでやった」と証言し、「安倍首相・昭恵夫人の関与があったのか」とい問いかけには、「一切なかった」と証言しました。
とにかく今週最大のリスクイベントが、何の進展もなく通過したことは市場にとっては追い風です。
ただ、証言拒否が50回を超えており、この騒動は簡単には終わらなそうですね。

③アップル、新型iPad発表!


アップルが新型iPadの発売を発表しました。
今回のiPadでは、高級機種の「iPad Pro」にしか対応していなかった手書き機能「Apple Pencil」が329ドルの値ごろな新型iPadでも利用することができます。
現実の景色に架空の物体を映し出す「AR」に対応させるなど新機能も強化されています。
またiPadを活用した教育カリキュラムも発表しており、タブレット市場自体が苦戦しているので、アップルとしては教育向けにiPadを売り込みたい考えです。

アップル(AAPL)の銘柄紹介

④GM、韓国子会社倒産か

昨晩、米自動車のゼネラル・モーターズ(GM)の株価が3.11%下落しました。
理由は、GMの韓国法人である「韓国GM」に倒産の可能性があると報じられた
ためです。
ロイターは、韓国GMが労働組合が4月20日までに人件費削減に同意しない場合は
倒産を申請することになると報じています。
韓国GMは、業績が悪く赤字となっており、構造改革が必須となっています。

ゼネラルモーターズ(GM)の銘柄紹介

⑤GE株、急騰!

GEの株価が0.55ドル上昇して、+4.27%の急騰となりました。
理由は、ウォーレン・バフェット氏がGEの株式を購入するとの噂が広がったためです。
複数の米メディアによると、バフェット氏がGEの株価に関心があると報道機関に話したそうです。
本当かどうかわかりませんが、GEはダウ構成銘柄で年初来でマイナスの唯一の銘柄なので、反転の材料があれば上昇していく可能性はあると思います。

ゼネラルエレクトリック(GE)の銘柄紹介

なぜGEはこんなにダメなのか?

⑥鴻海が米ベルキン買収へ

世界最大のEMS(電子機器の受託製造事業)の鴻海精密工業は、傘下の企業を通じて米ベルキン・インターナショナルを買収すると発表しました。
鴻海は、Wifiのルーターやキーボードの製造で知られているベルキン社が高い技術力をもっており多くの特許を保有していることから、研究開発力をねらって買収したと考えられます。
鴻海は2016年にシャープを買収するなど、技術力に定評のある会社をどんどん買収しています。

⑦トランプ大統領、性的スキャンダル発生!

トランプ大統領と不倫関係にあったとされるポルノ女優ステファニー・クリフォード氏がCBSの「60ミニッツ」に出演しました。
番組の中でクリフォード氏は、トランプ大統領との関係を暴露しようとしたときに脅迫を受けたと語りました。
クリフォード氏によれば、トランプ大統領と不倫関係があったのは2006年~2007年の間になります。
当時、息子のバロン君が生まれたばかりになります。
この報道は中間選挙で逆風ですね。

⑧米国、消費者信頼感指数を発表

米コンファレンス・ボードが3月の消費者信頼感指数を発表しました。
3月の消費者信頼感指数は127.7で、前月から2.3ポイント低下しました。
消費者信頼感指数とは、1985年を100として消費者のマインドを指数化したものです。
5,000人の消費者に対して、現状と6ヶ月後の景況感についてアンケート調査をおこなったものです。
米国民の消費に関する意識を知ることができる指数です。

⑨マコーミック、決算発表

マコーミックは、寄り前に2018年第1四半期決算を発表しました。
売上高12億3,710万ドル(前年同期比18.5%増)、営業利益1億8,370万ドル(前年同期比36.9%増)、純利益4億2,260万ドル(前年同期比4.5倍)、特殊要因を除いたEPS 1.00(予想0.91)でした。
マコーミックの株価は、決算をうけて+0.36%で引けています。
特に動きはありませんでしたね。

マコーミック(MKC)の銘柄紹介

⑩アマゾン、仏食品市場参入

米ブルームバーグは、アマゾンがフランスの小売企業「カジノ・ギシャール・ペラション」と食品事業で提携したと報じました。
提携によって、カジノ社傘下のスーパーマーケットの食品が、アマゾンの「プライム・ナウ」を通じてパリや周辺地域の顧客に販売するとしています。
アマゾンは、もともとフランスの食品事業に参入するという話はニュースになっていました。
フランスには、小売り大手「カルフール」や「ルクレール」があるので、激しい競争が予想されます。

アマゾン(AMZN)の銘柄紹介

注目・個別株ランキング

・S&P500値上がり率ランキング

銘柄名 騰落率
GE(GE) +4.27%
PG&E(PCG) +2.50%
デューク・リアルティー(DRE) +2.40%
エクセル・エナジー(XEL) +2.20%
ウェルタワー +2.19%

・S&P500値下がり率ランキング

銘柄名 騰落率
エヌビディア(NVDA) -7.76%
アドビシステムズ(ADBE) -6.60%
ネットフリックス(NFLX) -6.14%
ラムリサーチ(LRCX) -5.74%
マイクロン・テクノロジー -5.69%

注目・記事

フェイスブックが恐れていたシナリオに突入か

インテル急騰、これからどうなる?

速報!マイクロソフトが急騰、時価総額で世界最大の会社へ!?

注目・IPO

要チェック!IPOスケジュール

要チェック!IPOおすすめ順

新規上場! IPO エヌリンクス(6578) 徹底解説

新規上場! IPO ベストワンドットコム(6577) 徹底解説

新規上場! IPO アイペット損害保険(7323) 徹底解説

新規上場! IPO HEROZ(4382)徹底解説

新規上場!IPO ヒューマン・アソシエイツ・ホールディングス(6575) 徹底解説

新規上場!IPO コンヴァノ(6574) 徹底解説

新規上場!IPO ビープラッツ(4381) 徹底解説

新規上場!IPO ブティックス(9272) 徹底解説

新規上場!IPO 日本リビング保証(7320) 徹底解説

新規上場!IPO 和心(9271) 徹底解説

新規上場!IPO アズ企画設計(3490) 徹底解説

新規上場!IPO アジャイルメディア・ネットワーク(6573) 徹底解説

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です