特集

安倍内閣は大丈夫か?【7月】

安倍内閣は大丈夫か?

002856
NHKが安倍政権の内閣支持率を発表しました。
支持 44%不支持 39となりました。
4か月ぶりに『支持する』が『支持しない』を上回りました。

支持する理由は…
「他の内閣より良さそうだから」48%
「実行力があるから」19%
「支持する政党の内閣だから」15%

支持しない理由は…
「人柄が信頼できないから」51%
「政策に期待が持てないから」23%
「他の内閣の方が良さそうだから」8%

4か月ぶりに「支持する」が「支持しない」を上回りました。
このままの景気でいけば、安倍政権は安定です。
前月と同じく『安倍さん個人は好きじゃないけど、他の人に任せるより良さそう』という感じですね。

各政党の支持率はこちらです。

政党名 支持率
自民党 38.1%
立憲民主党 7.5%
国民民主党 0.7%
公明党 2.7%
共産党 3.1%
日本維新の会 0.8%
自由党 0.3%
希望の党 0.1%
社民党 0.4%
支持なし 39.1%
わからない 7.0%

野田内閣・倒閣直前のNHK世論調査(2012年12月)


野田内閣は『最後の民主党政権』でした。
閣僚のメンバーをみると、現在の立憲民主党所属の議員が多いですね。
野田内閣では支持率も下がり、民主党の支持率も自民党に逆転しています。

「野田内閣を支持しますか?」
「支持する」20%
「支持しない」64%

「どの政党を支持しますか?」
自民党 26.6%
民主党 16.1%
支持政党なし33.5%
※維新の会4.7%、公明党4.1%、共産党2.7%、みんなの党2.1%

菅内閣・倒閣直前の世論調査(2011年8月)


鳩山内閣の次に誕生したのが菅内閣でした。
菅内閣が誕生してすぐに参院選に敗れたので、全体的に苦しい政権運営でした。
原発事故の対応のことで、現在でも何かと批判されることが多いですね。
「脱小沢」がひとつのテーマでもありました。
倒閣直前の菅内閣の支持率と政党支持率です。

「菅内閣を支持しますか?」
「支持する」 18%
「支持しない」 65%

「どの政党を支持しますか?」
自民党 25.0%
民主党 16.4%
支持政党なし 42.8%
※公明党3.0%、共産党2.7%、みんなの党2.7%

鳩山内閣・倒閣直前の世論調査(2010年5月)


鳩山内閣は、初の民主党政権でした。
2009年8月の衆院選で、民主党が3分の2の議席をとったことで誕生しました。
発足当初の支持率は70%超えていましたが、どんどん支持率は下がっていきました。
倒閣直前の鳩山内閣の支持率と政党支持率です。

「鳩山内閣を支持しますか?」
「支持する」 21%
「支持しない」 68%

「どの政党を支持しますか?」
自民党 17.9%
民主党 20.8%
支持政党なし 44.4%
※公明党 3.0%、共産党 2.2%

麻生内閣・倒閣直前の世論調査(2009年9月)

00005
麻生内閣は、結局1年しか続きませんでした。
リーマンショックの影響もあり支持率は一貫して低かったですね。
倒閣直前の麻生内閣の支持率と政党支持率です。

「麻生内閣を支持しますか?」
「支持する」 15%
「支持しない」 74%

「どの政党を支持しますか?」
自民党 23.0%
民主党 34.6%
支持政党なし 24.0%
※公明党 3.5%、共産党 4.0%

福田内閣・倒閣直前の世論調査(2008年9月)

00006
福田内閣は、安倍さんが体調不良で首相の職を辞めたので急につくられた政権でした。
「政治とカネ」の問題で、ズルズル支持率が下がっていきました。
参議院では民主党が過半数を占めている「ねじれ国会」で、政権運営は大変そうでした。
倒閣直前の福田内閣の支持率と政党支持率です。

「福田内閣を支持しますか?」
「支持する」 20%
「支持しない」 74%

「どの政党を支持しますか?」
自民党 33.8%
民主党 18.4%
支持政党なし 33.9%
※共産党 3.6%、公明党 3.1%

安倍内閣のデッドラインは?

panda
6月のNHK世論調査の結果をみると、支持率が44%あります。
過去の倒閣内閣と比較すると、かなり高い水準だと思います。
倒閣直前の歴代内閣支持率のNHK世論調査は、野田政権20%(2012年12月)、菅政権18%(2011年8月)、鳩山政権21%(2010年5月)、麻生政権15%(2009年9月)、福田政権20%(2008年9月)となっています。
過去の水準をみると支持率”20%”が倒閣するデッドラインですね。

現在の支持率をみる限り、安倍首相が3選する可能性は高そうですね。
安倍内閣の支持率が20%下回ったり野党の支持率が上昇してきたら要注意ですね。

注意事項

・当サイトに掲載されている事項は、投資に関する情報の提供を目的に作成したものであり、特定の金融商品の勧誘を目的としたものではありません
・当サイトは特定の商品の勧誘や売買の推奨等を目的としたものではありません
・最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようにお願いします
・当サイトでは、投資セミナー・投資キャンペーン・日本株・米国株・IPO(新規公開株)・投資信託・株主優待・債券についての情報を提供しています。


ブログランキングに参加しています。
他の株ブログが気になる人はこちらもチェックしてください。
にほんブログ村 株ブログへ