2016年のベスト・ワースト パフォーマンスIPOは?

2016年のベスト・ワースト パフォーマンスIPOは?

panda
最近IPOについて、強気な個人投資家が増えています。
今回は2016年の初値のベスト・ワーストパフォーマンスを記録した銘柄をピックアップしました。
IPOへの投資には、リスクとリターンがあることをキチンと認識して申し込みましょう。
今回ピックアップした銘柄は、あくまで初値で売却した場合のパフォーマンスです。

グローバルウェイ(3936)


2016年のベストパフォーマンスは、グローバルウェイ(3936)です。
グローバルウェイ(3936)は、企業のクチコミ情報サイトの『キャリコネ』や業界人のための人材紹介サービスの『転職エージェント』を運営している企業です。
2016年4月19日(火)の上場でした。
初値は14,000円で公募価格が2,960円なので、初値パフォーマンスは+373%です。
100株配分があれば、110万円儲かっていたことになります。
主幹事は大和証券、市場が東証マザーズ、吸収金額は4.4億円のIPO案件でした。

002390
グローバルウェイ(3936)の初値は、2016年度で最高の初値パフォーマンスでした。
しかし、上場後は決算が赤字に転落したこともあり、株価も下落しました。

ユー・エム・シー・エレクトロニクス(6615)


2016年のワーストパフォーマンスは、ユー・エム・シー・エレクトロニクス(6615)です。
ユー・エム・シー・エレクトロニクス(6615)はEMS(電子機器受託製造サービス)の企業です。
電子回路基板等を開発・製造しています。
2016年3月15日(火)の上場でした。
初値は2,480円で公募価格が3,000円なので、初値パフォーマンスは-17.3%です。
100株配分があれば、5万2,000円損したことになります。
主幹事はみずほ証券、市場が東証1部、吸収金額は71.1億円のIPO案件でした。

002391
ユー・エム・シー・エレクトロニクス(6615)の初値は、2016年のワースト・パフォーマンスでした。
初値は下落しましたが、発表する決算の内容も良いので株価はどんどん上昇しています。
特に車載機器の売上が伸びており、今後の業績も期待できそうです。

まとめ

2016年のベストパフォーマンスはグローバルウェイ(3936)で、ワーストパフォーマンスはユー・エム・シー・エレクトロニクス(6615)でした。
上場後の株価の推移は、対照的な動きをしていますね。
上場時の初値がマイナスでも、業績の拡大が予想できるものは保有しても良いかもしれませんね。