2017年のベスト・ワースト パフォーマンスIPOは?

2017年のベスト・ワースト パフォーマンスIPOは?

panda
最近IPOについて、強気な個人投資家が増えています。
今回は2017年の初値のベスト・ワーストパフォーマンスを記録した銘柄をピックアップしました。
IPOへの投資には、リスクとリターンがあることをキチンと認識して申し込みましょう。

今回ピックアップした銘柄は、あくまで初値で売却した場合のパフォーマンスです。

トレードワークス(3997)

002388
2017年のベストパフォーマンスは、トレードワークス(3997)です。
トレードワークス(3997)は、証券システムやFXシステムの開発やセキュリティ診断事業を展開している企業です。
2017年11月29日(水)の上場でした。
初値は13,600円で公募価格が2,200円なので、初値パフォーマンスは+518.18%です。
100株配分があれば、114万円儲かっていたことになります。
主幹事は岡三証券、市場がJASDAQスタンダード、吸収金額は5.3億円のIPO案件でした。

002387
トレードワークス(3997)は初値で大きく上昇しましたが、その反動で大きく下落しています。
初値が付いた翌日には、もう下落しています。
業績もしっかりしている企業なので、上場のゴタゴタの後は安定して株価は推移しています。
今年の3月には1対3の株主分割を実施しています。

西本Wismettac(9260)


2017年のワーストパフォーマンスは、西本Wismettac(9260)です。
西本Wismettac(9260)は、海外における日本食やアジア食品の輸入・卸売販売をおこなっている企業です。
2017年9月29日(金)の上場でした。
初値は4,465円で公募価格が4,750.円なので、初値パフォーマンスは-6.0%です。
100株購入した場合、28,500円の損になります。
主幹事は野村證券、市場が東証1部、吸収金額202.1億円のIPO案件でした。

002389
西本Wismettacは、初値はマイナスでした。
テーマがIPO向きでなかったこともあり、初値は弱かったです。
しかし初値こそマイナスでしたが、最近株価は上昇しています。

まとめ

2017年のワーストパフォーマンスは「西本Wismettac」でした。
「西本Wismettac」がワーストパフォーマンスだったことは、IPOの初値パフォーマンスには会社自体の善し悪しはそんなに重要じゃないことがわかります。
2017年はワースト・パフォーマンスといっても-6.0%でした。