特集

【2018年度版】総裁選前の鍵を握る派閥の動き

総裁選前に政界の動きをチェックしよう!


今年の日本政治最大のイベントは9月末におこなわれる自民党総裁選です。

今回の総裁選は、石破さんが総裁選の意欲を示しているので盛り上がると思います(去年は無投票)。

総裁選は、自民党の国会議員による投票と地方の自民党員の投票で決まります。
国民の投票で決まるのではなく、自民党の投票で決まるということがポイントです。
そのため、世論調査とは違う結果になることもあることを把握しておく必要があります。

個人的な印象では、どの派閥がどの候補者を立てたり応援するかで、結果が半分以上決まってしまうイメージがあります。


特に大事になってくるのは、自民党の伝統のある三大派閥の岸田派(宏池会)と竹下派(平成研究会)と細田派(清和政策研究会)の動きですね。
この3派閥は、かつての三大派閥の流れをくむピカピカの名門派閥です。

おそらく総裁選が近くなってくると、議員の切り崩し工作が活発化してくると思うので、派閥に所属する議員の数字は参考程度にしておいた方が良いと思います。

一応何かあってもいいように、頭の中でまとめておくことは必要ですね。

細田派(清和政策研究会)


まず1番規模が大きいのは細田派(清和政策研究会)です。
国会議員は94人います。
安倍首相が所属しているので、細田派は全力で安倍首相の続投をすすめてくると思います。
有名な議員としては、世耕弘成経済産業大臣や中川雅治環境大臣、吉野正芳復興大臣がいます。
最近、経済産業省の力が強い印象があります。
安倍首相は、経済産業相のポストを自分の派閥でしっかりおさえていますね。

麻生派(志公会)

00040005
次に規模が大きいのは麻生派(志公会)です。
国会議員は59人います。
有名な議員としては、麻生財務大臣や川野太郎外務大臣、鈴木俊一五輪担当大臣がいます。
徹底して安倍総理を支えている派閥なので、今度の総裁選も安倍総理を応援すると思います。

竹下派(平成研究会)

00070008
(額賀 福志郎・左 茂木 敏充・右)

次に規模が大きいのは竹下派(平成研究会)です。
国会議員は55人います。
もともと竹下派は、田中角栄元総理の流れをくむ名門派閥です。
有名な議員としては、茂木敏充経済再生担当大臣や加藤勝信厚生労働大臣がいます。
今回の総裁選のキャスティングボードを握っているのは、この竹下派だと思います。
安倍首相を応援する可能性はあると思いますが、場合によっては岸田さんを応援する可能性もあるのかなと考えています。

岸田派(宏池会)

0009001000012
(岸田 文雄・左 小野寺 五典・中 林 芳正・右)

次に規模が大きいのは岸田派(宏池会)です。
国会議員は47人います。
もともと岸田派は、大平正芳元総理の流れをくむ名門派閥です。
有名な議員としては、岸田文雄政調会長、林芳正文部科学大臣、小野寺五典防衛大臣がいます。
岸田さんが総裁選にでるかでないかによって総裁選の状況が一変するため、竹下派と同じくキャスティングボードを握っていますね。

二階派(志師会)

0011
(二階 俊博)
次に規模が大きいのは二階派(志師会)です。
国会議員は44人います。
有名な議員としては、二階俊博幹事長がいます。
去年はもう少し多かったですが、選挙で落ちた人が結構いたので規模が小さくなりましたね。

石破派(水月会)


次に規模が大きいのは石破派(水月会)です。
国会議員は20人います。
有名な議員としては、石破茂さんくらいですね。
総裁選に出馬するのに必要な推薦人は20人なので、石破さんを除くと1人足りない状況です。
石破さんが「総裁選に出る」と様々なメディアで発言しているので、総裁選には出ると思います。
しっかりとした派閥の支持がないのは、石破さんのウィークポイントですね。

石破さんは、自身の「イシバチャンネル」という公式チャンネルをYou Tubeでもっており、動画をみると人柄がよくわかります。

石原派(近未来政治研究会)

石原派(近未来政治研究会)
国会議員は12人います。
有名な議員としては、石原伸晃さんくらいですね。

まとめ

総裁選で大事になってくるのは、自分の派閥から”候補者を出すのか”、”支持に回るのか”ということです。
竹下派と岸田派の動きで総裁選の状況が一気にかわることもあるので、注意して見ていく必要がありますね。

今回の総裁選で、野田さんが出馬する可能性は十分あると思います。
ただ、現実的に野田さんが総裁選に出ても勝つ見込みはほぼないと考えています。

国民から人気の高い小泉進次郎さんが、総裁選に出る可能性も少ないと思いますね。
国のトップに立つのは、政治家としてもう少し色々なことを経験してからになりそうですね。

今回の総裁選は、おそらく安倍首相と岸田さんと石破さんの中から総理大臣が決まっていくと考えています。

注意事項

・当サイトに掲載されている事項は、投資に関する情報の提供を目的に作成したものであり、特定の金融商品の勧誘を目的としたものではありません
・当サイトは特定の商品の勧誘や売買の推奨等を目的としたものではありません
・最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようにお願いします
・当サイトでは、投資セミナー・投資キャンペーン・日本株・米国株・IPO(新規公開株)・投資信託・株主優待・債券についての情報を提供しています。


ブログランキングに参加しています。
他の株ブログが気になる人はこちらもチェックしてください。
にほんブログ村 株ブログへにほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へにほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ