今年のカー・オブ・ザ・イヤーはどの車?

今年のカー・オブ・ザ・イヤーはどの車?

panda
ワールド・カーオブザイヤー団体は、ニューヨーク自動車ショーで、「2018ワールド・カー・オブ・ザ・イヤー」をボルボ社のXC60に授与すると発表しました。

ワールド・カーオブザイヤーは、様々な国の自動車ジャーナリストが、価格や安全性、コンセプト、環境等の基準から最高の1台を選出する世界的にも価値の高い自動車賞です。

今回の受賞はボルボ社の「XC60」となりました。
最終選考には、マツダの「CX-5」とランドローバーの「レンジローバー・ヴェラール」も残っていました。

カーオブザイヤーは、車の売れ行きにも影響力が強いです。
歴代の受賞車をみると、2017年はジャガーの「F-PACE」、2016年はマツダの「ロードスター」、2015年はメルセデスベンツの「Cクラス」、2014年はアウディの「A3」が受賞しています。
どれも人気の車で、カー・オブ・ザ・イヤーの影響力もあったと思います。

私は車のデザインに詳しくないので、どの車も良いと単純に思いました(違いがよくわからない)。

まずは、「2018年カーオブザイヤー」を受賞したボルボ「XC60」です。

最終選考まで残っていたマツダ「CX-5」です。

こちらも最終選考まで残っていたランドローバー「レンジローバー・ヴェラール」です。

今回のニューヨーク国際自動車ショーで1番話題になったのはトヨタの新型「RAV4」です。
動画はこちらです。
今回の5代目「RAV4」は、SUVらしさを残しながら洗練されたデザインが魅力的ですね。

新型RAV4は、米国では2018年頃発売予定で、日本では2019年春頃の発売を予定しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です