未分類

公文書の改ざんって前もあったよね?

公文書の改ざんって前もあったよね?

31
森友学園の国有地売却の決済文書書き換え問題で、野党の追及が続いています。
文書の改ざんは、14文書、約300ヶ所に及んでいます。
当時の理財局長だった佐川氏の答弁に合わせるように、一部の職員によっておこなわれたそうです。
本日、立憲民主党や民進党、共産党などは、政府に抗議するため参院予算委員会を欠席しました。

今回の森友問題で、批判の先頭に立っているのが立憲民主党の長妻氏で、その映像をみていたら前にも同じことがあったことを思い出しました。
2010年、民主党の菅政権時に、厚生労働省の文書改ざんが発覚しました。
その時の厚生労働大臣だったのが、長妻氏です。
ちなみに発覚は2010年の民主党政権時ですが、出来事は2007年なので自民党政権時に発生したことです。

その当時の厚生労働省の調査では、1人の職員以外の関与が認められなかったため、その職員1人が減給1か月の処分を受けて幕引きになっています。
長妻氏も会見で謝罪しましたが、辞任はしませんでした。
37
今回の森友の公文書書き換え問題をみても、その時の反省が活かされていないなぁと感じました。

2010年に問題が発覚して、その時に公文書の対策を講じてこなかった旧民主党の人たちが、矢面にたって批判しているのをみると多少違和感を感じます。

今回の1番大きな問題は、”文書を書き換えようと思えば、自由に書き換えることができた環境がある”ことだと思います。
個人的には、”官僚が改ざんをしたのは事実だが、安倍首相や麻生大臣の関与(指示)があったというのは無理筋”だと感じていますね。
与党・野党ともに、感情的にならずにしっかりとした再発防止のルールをしっかり作っていただきたいですね。

注意事項

・当サイトに掲載されている事項は、投資に関する情報の提供を目的に作成したものであり、特定の金融商品の勧誘を目的としたものではありません
・当サイトは特定の商品の勧誘や売買の推奨等を目的としたものではありません
・最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようにお願いします
・当サイトでは、投資セミナー・投資キャンペーン・日本株・米国株・IPO(新規公開株)・投資信託・株主優待・債券についての情報を提供しています。


ブログランキングに参加しています。
他の株ブログが気になる人はこちらもチェックしてください。
にほんブログ村 株ブログへにほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へにほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ