未分類

ロシア大統領選挙の注目点!

ロシア大統領選挙、3月18日に開催!

00001
ロシアの大統領選挙が、3月18日に開催されます。
今回の大統領選挙では、プーチン大統領の再選がほぼ確実視されています。
全ロシア世論調査センターが発表した支持率は、プーチン大統領が73.2%、極右政党党首のジリノフスキー氏が6.1%、共産党の推薦を受けているグルジーニン氏が6.1%、政権に批判的なテレビ司会者サブチャーク氏が1.2%となっており、プーチンが暗殺でもされない限り大統領に再任されると思います。

プーチン政権は、低い投票率では政権の正統性が揺らいでしまうので、あらゆる方法で投票率を上げようとしています。
投票率を上げるために、投票所で自動車などの豪華賞品がもらえるコンテストやグルメ大会などを開催するそうです。
プーチン大統領も、年次教書演説で「ロシアとその同盟国に対する核兵器使用には報復する」とコメントしたり、新しい核兵器を発表したりして、愛国心を最大限まであおって投票率を上げようとしていますね。

功労者はメドベージェフ!

今までのプーチン政権の最大の功労者は、メドベージェフなのは間違いないですね。
プーチン大統領は、2000年から大統領や首相として国を率いていますが、憲法上では大統領の任期が2期8年になるため、一度大統領職を退いて首相に就任しました。
そのプーチンの後任に大統領職に就いたのがメドベージェフです。
2012年にプーチンが大統領に復帰できるようになり出馬を表明すると、メドベージェフは再選を目指さず首相に就任するなど、徹底してプーチンを支えました。


プーチンは国民の人気が高いですが、メドベージェフはロシア国民の嫌われ者です。
上の動画はロシアの野党指導者のアレクセイ・ナバリヌイ氏がYouTubeに投稿した動画ですが、メドベージェフが贅沢三昧をしていると批判しています。
メドベージェフ氏がモスクワやソチに豪邸を持っていて、高級ヨットやワイン畑を所有しているそうです。
この動画をロシア国民の多くが見ており、メドベージェフの評判は地に落ちました。

しかし、メドベージェフがロシア国民のサンドバックになってくれているおかげで、プーチンは長い間政権を担うことができました。
過去にはモスクワのアメリカ大使館が、プーチンとメドベージェフの関係を「プーチンがバットマンで、メドベージェフがロビン」と揶揄した外交文書流出させたことがありますが、まさにそんな感じですね。

直近のロシア経済

現在のロシア経済ですが、2年間続いたマイナス成長からやっとプラス成長に回復しています。
確かに完全に経済が回復したわけではないですが、大統領選挙に悪影響がでるほどではありませんね。
00002
経済産業省「通商白書2017」より引用

だんだん輸出額が回復しているので、経済も回復傾向にあることがわかります。
00003
経済産業省「通商白書2017」より引用

石油天然ガス関連の輸出は回復していませんね。
このあたりの数字が回復してくれば、ロシア経済に対してプラスの影響がでてきます。
2017年は伸びいるはずなので、もう少し下の図よりも回復傾向にあります。
00004
経済産業省「通商白書2017」より引用

プーチンの後継者は?

00002
今回の大統領選挙は、プーチン大統領が圧勝する可能性が非常に高いです。
そのため、選挙結果にはあまり意味がないと思います。

注目点は、プーチンが自分の後継者を誰にするかです。
プーチンとしてはできる限り長い間、大統領として政権を担おうと考えていると思いますが、2024年の任期の終わりにはもう70歳を超えてしまいます。
そのためプーチン大統領としては、国民の圧倒的な支持を得たまま後継者を指名して、影響力を残しつつ引退したいところですね。
プーチン大統領の側近には、クドリン元財務相やワイノ大統領府長官、キリエンコ副長官などの優秀な人間がいるので後継者候補には事欠かないです。
今度の選挙後の政権で、だれを重要なポストに置くかで後継者がわかるかもしれませんね。

注意事項

・当サイトに掲載されている事項は、投資に関する情報の提供を目的に作成したものであり、特定の金融商品の勧誘を目的としたものではありません
・当サイトは特定の商品の勧誘や売買の推奨等を目的としたものではありません
・最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようにお願いします
・当サイトでは、投資セミナー・投資キャンペーン・日本株・米国株・IPO(新規公開株)・投資信託・株主優待・債券についての情報を提供しています。


ブログランキングに参加しています。
他の株ブログが気になる人はこちらもチェックしてください。
にほんブログ村 株ブログへにほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へにほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ