特集

欧州の政治危機が勃発か!①

欧州の政治危機が勃発か!①

3月に入ると、ヨーロッパの政治が大きく荒れてくる可能性があります。
まず、最大のリスクが3月4日に開催されるイタリア議会の総選挙です。

今回のイタリアの選挙は「勝者のいない選挙」になる可能性が高いです。
与党の「民主党」と「中道右派連合」と「五つ星運動」が、三つ巴で争う形になっていますが、いずれも過半数を取る勢いはありません。
こちらが世論調査です。
100628
みずほ総合研究所「みずほインサイト」より引用

世論調査の内容は、多少は流動的に動いていますが基本的にはどの政党も単独では過半数を取れません。
やはりどの世論調査をみてもおなじような結果ですね。
100629
第一生命経済研究所「イタリア総選挙カウントダウン」より引用

どの政党も過半数をとれなければ連立政権を樹立させなければならないため、組閣するには時間がかかるかもしれませんね。
連立交渉が不調に終わった場合は、政治リスクが一気に高まる可能性があります。

中道左派連合、右派連合、五つ星運動の公約をみると、全部バラマキ型の公約です。
現在、ヨーロッパ全体の景気はかなり良いのですが、イタリアの景気はずっと悪い状態が続いています。
100627
ニッセイ基礎研究所「イタリアの選挙戦が映すもの失業と格差に追い打ちをかける難民と財政の制約」より引用

イタリアの債務比率はGDP132%で、ユーロ圏でギリシャに次いで2番目に高い水準ですが、バラマキ政策をするとますます財政内容は悪くなりそうですね。
ユーロ系の商品を保有している人は、3月に入ったら要注意です。

3672
欧州の政治危機が勃発か!② ベルルスコーニ復活!!3月4日、イタリアで総選挙があります。今回のイタリア総選挙の主役は、間違いなく過去に9年間首相をつとめた81歳のベルルスコーニです。今回の選挙ではどこも過半数を取れないと思うので、ベルルスコーニの過去の首相時代経験が生きてくると思います。...

注意事項

・当サイトに掲載されている事項は、投資に関する情報の提供を目的に作成したものであり、特定の金融商品の勧誘を目的としたものではありません
・当サイトは特定の商品の勧誘や売買の推奨等を目的としたものではありません
・最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようにお願いします
・当サイトでは、投資セミナー・投資キャンペーン・日本株・米国株・IPO(新規公開株)・投資信託・株主優待・債券についての情報を提供しています。


ブログランキングに参加しています。
他の株ブログが気になる人はこちらもチェックしてください。
にほんブログ村 株ブログへにほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へにほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ