IPO

みずほ証券のIPO当選のポイント!攻略法!

みずほ証券のIPOを攻略しよう

4026
みずほ証券は、みずほフィナンシャルグループ傘下の証券会社です。
みずほ銀行と関係の深い企業のIPOの主幹事をつとめることが多いです。

対面証券会社なので、IPO株の9割はお得意様に回ります。
そのため、ネット顧客は残りの1割を取り合う形になりますね。
ただ、年間で十数件は主幹事をつとめるので淡々と申込の手続きをおこないましょう。

当選方法

みずほ証券は、配分全体の90%店頭配分、残りの10%ネット顧客に抽選配分しています。

配分の90%は店頭での配分となります。
店頭配分とは、営業店で取引している顧客のために裁量配分する方法です。
裁量配分なので、お得意様に優先的に配られていきます。

一方、10%はネット顧客に抽選配分しています。
ネット顧客には1人1票の無作為に抽選がおこなわれる完全平等抽選となっています。
そのため、取引のある人もない人も1人1票として、公平に抽選がおこなわれています。

資金はいつ必要なの?

みずほ証券では、IPOを申し込むブックビルディング(需要申告)時に資金が必要です。
そのため、口座にお金がないとIPOに申し込むことはできません。
(需要申告⇒抽選⇒購入申込)

資金拘束は?

みずほ証券の資金拘束は厳しくないです。
IPOに申し込んで、当選して、購入申し込む際に資金拘束されます。
そのため、同じ資金で複数のIPOに申し込むことができます。

資金拘束とは、IPOに申し込んだ分のお金が差し引かれるということです。
例えばみずほ証券の場合、A社(30万円)とB社(40万円)の2つのIPOに申し込む際、合計40万円のお金があれば両方とも需要申告することができます。
(需要申告⇒抽選⇒購入申込)

ペナルティは?

みずほ証券では、IPOの当選後にキャンセルすることができます。
さらにペナルティもありません

複数株の当選はあるのか?(ネット)

みずほ証券では、IPOを申し込む際に100株が上限となっていることが多いです。
100株が上限となっている場合は、当然複数株の当選はありません。

NISA口座からIPOに投資できるの?

みずほ証券では、NISA口座からIPOの申込ができます
値上がりが期待できるIPOは、NISAを積極的に活用しましょう。

未成年口座からIPO投資ができるの?

みずほ証券では、ネットで未成年口座の口座開設も取引もできません。
口座開設も営業店での判断になるので、何とも言えません。

ジュニアNISAからIPO投資ができるの?

三菱UFJモルガンスタンレー証券では、ネットでジュニアNISA口座の口座開設も取引もできません。
口座開設も営業店での判断になるので、何とも言えません。

2017年の主幹事パフォーマンス

みずほ証券は、毎年キチンと主幹事案件を獲得しています。
2017年は15社(リートを含まない)の主幹事を引き受けました。
みずほ証券が主幹事をつとめる企業のパフォーマンスがこちらです。
※パフォーマンスは、初値で売却した場合です。

上場日 企業名 初値で売却した損益
2017/12/18 すららネット +230,500円
2017/12/15 HANATOUR JAPAN +20,000円
2017/12/13 ヴィスコ・テクノロジーズ +1,008,000円
2017/11/15 シー・エス・ランバー +124,400円
2017/10/30 カナディアン・ソーラー・インフラ投資法人 -5,000円
2017/10/25 シルバーライフ +213,000円
2017/10/05 ウェルビー +72,500円
2017/09/29 テックポイント・インク +42,200円
2017/09/28 ロードスターキャピタル +68,100円
2017/09/20 ニーズウェル +218,000円
2017/07/20 クロスフォー +32,000円
2017/04/10 ウェーブロックHD -2,900円
2017/03/24 ソレイジア・ファーマ +4,900円
2017/03/22 エスキュービズム 上場中止
2017/03/21 インターネットインフィニティー +372,000円
2017/03/16 ほぼ日 +301,000円

2017年の幹事パフォーマンス

みずほ証券は、IPOで幹事をつとめることは多いです。
2017年は48社(リート含まない)の幹事を引き受けました。
みずほ証券が幹事をつとめる企業のパフォーマンスがこちらです。
※パフォーマンスは、初値で売却した場合です。

上場日 企業名 初値で売却した損益
2017/12/26 オプティマスグループ +20,100円
2017/12/25 要興業 +20,000円
2017/12/21 プレミアグループ -10,000円
2017/12/20 森六HD +27,500円
2017/12/20 オプトラン +97,600円
2017/12/19 みらいワークス +424,000円
2017/12/18 ナレッジスイート +301,000円
2017/12/15 イオレ +321,000円
2017/12/14 アルヒ -3,000円
2017/12/13 マツオカコーポレーション +120,000円
2017/12/13 グローバル・リンク・マネジメント +351,000円
2017/12/13 SG HD +28,000円
2017/12/12 カチタス +2,500円
2017/11/29 トレードワークス +1,140,000円
2017/11/28 幸和製作所 +446,000円
2017/11/28 ポエック +253,000円
2017/09/29 マネーフォワード +145,000円
2017/09/29 西本Wismettac HD -28,500円
2017/09/26 壽屋 +65,000円
2017/09/22 PKSHA Technology +308,000円
2017/09/14 三菱地所物流リート投資法人 +14,000円
2017/08/30 UUUM +465,000円
2017/08/09 トランザス +221,000円
2017/08/03 シェアリングテクノロジー +139,000円
2017/07/19 ユニフォームネクスト +384,000円
2017/06/30 GameWith +257,000円
2017/06/27 Fringe 81 +346,000円
2017/06/20 ディーエムソリューションズ +460,000円
2017/06/15 ビーブレイクシステムズ +603,000円
2017/04/25 アセンテック +395,000円
2017/04/12 LIXILビバ -10,300円
2017/04/06 テモナ +550,000円
2017/03/30 ユーザーローカル +956,000円
2017/03/30 スシローグローバルHD -17,000円
2017/03/29 オークネット +20,000円
2017/03/28 ズーム +75,800円
2017/03/27 ティーケーピー +450,000円
2017/03/23 グリーンズ +10,000円
2017/03/22 フルテック +63,000円
2017/03/22 マクロミル -83,000円
2017/03/17 ジャパンエレベーターサービス +34,000円
2017/03/16 うるる +33,000円
2017/03/15 ファイズ +276,000円
2017/03/07 ロコンド +77,500円
2017/02/23 レノバ +37,500円
2017/02/10 安江工務店 +5,000円
2017/02/07 森トラスト・ホテルリート投資法人 +2,000円
2017/01/27 シャノン +481,000円

みずほ証券とは


みずほ証券は、みずほフィナンシャルグループ傘下の証券会社です。
2009年に新光証券とみずほ証券が合併して総合証券会社となりました。
証券口座数は174万件にものぼります(2018年3月末)。
4024
4025

みずほ証券は、直近銀行連携講座に力を入れていますね。
銀行の顧客を証券に紹介することで、顧客を囲い込んでいく戦略のようです。
SMBC日興証券や三菱UFJモルガンスタンレー証券などの銀行系の証券会社はどこも同じ戦略をとっていますね。
4022

業績はこちらです(2018年3月期)。
純利益が前年同期比81.0%減になっているのは、前期にグループ再編の関係会社の株式売却益があったからです。
急に業績が悪くなったわけではありません。
4023

みずほ証券は口座開設費、維持費ともに無料となっているので、口座を開くことに費用はかかりません。

他の証券会社の攻略方法!

SBI証券のIPO当選のポイント!攻略法!

SBI証券のIPOルールは、かなり独特です。
IPO投資で差がつきやすいのは、SBI証券です。
出来る限り抽選のチャンスを高めて当選を狙いましょう。

あわせて読みたい
3678
SBI証券のIPO当選のポイント!攻略法!SBI証券は、SBIホールディングスの中核証券会社です。IPOの申込では、SBI証券は外すことはできない証券会社です。SBI証券には独自ルールのチャレンジポイント制度があります。SBI証券のIPO投資のメリット・デメリットをまとめました。...

野村證券のIPO当選のポイント!攻略法!

野村證券は、国内最大手の証券会社です。
日本トップの証券会社らしく、口座数・預り資産総額・IPOの主幹事件数もトップです。
とにかく主幹事案件が多いので、その分チャンスも多いです。

あわせて読みたい
3676
野村證券のIPO当選のポイント!攻略法!野村證券は、国内最大手の証券会社です。日本トップの証券会社らしく、口座数・預り資産総額・IPOの主幹事件数もトップです。野村證券のIPO投資のメリット・デメリット・注意事項についてまとめました。...

大和証券のIPO当選のポイント!攻略法!

大和証券は、IPOの主幹事件数で毎年トップ3に入る証券会社です。
他の証券会社と比較すると、ネット抽選の割合が高いです(20%)。
大和証券には、チャンス抽選という独自のルールがあります。

あわせて読みたい
3542
大和証券のIPO当選のポイント!攻略法!大和証券のIPO投資の解説記事です。メリット・デメリットについてまとめました。配分をみると、営業店で8割、オンラインで2割となっており、他の対面証券会社と比べるとネット申込みシェアが高いです。 ...

SMBC日興証券のIPO当選のポイント!攻略法!

SMBC日興証券は、毎年安定して主幹事案件を獲得しています。
当選後にキャンセルするとペナルティが課されるので、IPOの申込には細心の注意をはらって手続きしましょう。

あわせて読みたい
SMBC日興証券
SMBC日興証券のIPO当選のポイント!攻略法!SMBC日興証券のIPO投資についてのメリット・デメリット・注意事項についてまとめました。SMBC日興証券のIPO株は、営業店舗に90%程度、オンラインに10%程度配分されます。 ...

マネックス証券のIPO当選のポイント!攻略法!

マネックス証券は、IPOの取扱件数の多い証券会社として有名です。
100%の完全抽選方式で配分しているため、“どれだけ数多く申し込むことができるか”が当選ポイントとなります。

あわせて読みたい
3972
マネックス証券のIPO当選のポイント!攻略法!マネックス証券のIPOを攻略しよう マネックス証券は、IPOの取扱件数の多い証券会社として有名です。 100%の完全抽選方式で配...

岡三証券のIPO当選のポイント!攻略法!

岡三証券は、三重県に本社のある中型の証券会社です。
普段から岡三証券で取引していない人は、IPO株をもらうのは難しいと思います。
IPOのルールがハッキリと載っていないため、電話で問い合わせをして記事にしました。

あわせて読みたい
3683
岡三証券のIPO当選のポイント!攻略法!岡三証券は、三重県に本社のある中型の証券会社です。岡三証券のIPO投資のポイントやメリット、デメリットについて記事にしました。普段から岡三証券で取引していないと配分をもらうのは難しいかもしれませんね。...

松井証券のIPO当選のポイント!攻略法!

松井証券は、ネット専業の証券会社です。
需要申告に参加した人から優先的に抽選・配分をおこないます。
そのため、需要申告と購入申込を両方とも必ずおこないましょう。

あわせて読みたい
4053
松井証券のIPO当選のポイント!攻略法!松井証券のIPOは、ネット専業の証券会なのですべてオンラインでの申込となります。松井証券のIPOでは、需要申告は必須ではありませんが、需要申告に参加した人から優先的に抽選・配分をおこないます。 ...

カブドットコム証券のIPO当選のポイント!攻略法!

カブドットコム証券は、三菱UFJフィナンシャルグループ傘下のネット専業の証券会社です。
同グループの三菱UFJモルガン・スタンレー証券が主幹事の場合、委託幹事に指名されることがあります。
三菱UFJモルガン・スタンレー証券が主幹事の際は必ず申し込みをおこないましょう。

あわせて読みたい
4054
カブドットコム証券のIPO当選のポイント!攻略法!カブドットコム証券は、三菱UFJフィナンシャルグループ傘下のネット専業の証券会社です。委託幹事をつとめることが多いので、IPO投資では穴場の証券会社となっています。...

岡三オンライン証券のIPO当選のポイント!攻略法!

岡三オンライン証券は、岡三証券グループのネット証券です。
同じグループの岡三証券が主幹事の場合、委託幹事に指名されることがあります。
岡三証券が主幹事の際は必ず申し込みをおこないましょう。

あわせて読みたい
3682
岡三オンライン証券のIPO当選のポイント!攻略法!岡三オンライン証券のIPO投資は、岡三証券の主幹事案件のIPO株をもらえることがあります。IPOのポイントやメリット・デメリットについて記事にしました。...

ライブスター証券のIPO当選のポイント!攻略法!

ライブスター証券は、インターネット専業の証券会社です。
完全に公平な抽選となっており、まだ口座数も少ないので穴場となっている証券会社です。
手数料が低い証券会社としても有名なので、普段の取引に利用しても良いと思います。

あわせて読みたい
4044
ライブスター証券のIPO当選のポイント!攻略法!ライブスター証券は、インターネット専業の証券会社です。IPOの取扱実績もまだまだ少ない証券会社ですが、IPO狙いで口座を作っている人も少ないので、穴場となっている証券会社です。...

楽天証券のIPO当選のポイント!攻略法!

楽天証券は、名前の通り楽天グループの証券会社です。
昔のIPO配分方法はカテゴリー制度でしたが、現在では完全平等抽選に変更しています。
完全平等抽選なので、楽天証券で取引している人は必ずIPOはチェックしましょう。

あわせて読みたい
4115
楽天証券のIPO当選のポイント!攻略法!楽天証券は、名前の通り楽天グループの証券会社です。昔のIPO配分方法はカテゴリー制度でしたが、現在では完全平等抽選に変更となっています。...

三菱UFJモルガン・スタンレー証券のIPO当選のポイント!攻略法!

三菱UFJモルガンスタンレー証券は、三菱UFJフィナンシャルグループ傘下の証券会社です。
超大型の案件で主幹事をつとめることが多いですが、案件の数は多くありません。
キチンと案件をチェックして申し込むようにしましょう。

あわせて読みたい
4027
三菱UFJモルガン・スタンレー証券のIPO当選のポイント!攻略法!三菱UFJモルガンスタンレー証券のIPOは、銀行関係の幹事案件が多いです。三菱UFJモルガンスタンレー証券が主幹事の際は、カブドットコム証券で取扱いがあるので、必ず両方から申し込むようにしましょう。...

岩井コスモ証券のIPO当選のポイント!攻略法!

岩井コスモ証券は、大阪に本社がある証券会社です。
IPOの主幹事をつとめることはありませんが、幹事証券としては多数の案件を獲得しています。
口座数が少ない割に取扱実績が多いので、IPO投資では穴場の証券会社ですね。

あわせて読みたい
4064
岩井コスモ証券のIPO当選のポイント!攻略法!岩井コスモ証券は、IPOの主幹事をつとめることはありませんが、幹事証券としては多数の案件を獲得しています。口座数が少ない割に取扱実績が多いので、IPO投資では穴場の証券会社ですね。...

GMOクリック証券のIPO当選のポイント!攻略法!

GMOクリック証券は、GMOグループの証券会社です。
IPOの幹事を受ける回数は多くありませんが、GMOのグループ企業が上場する際には幹事に指名される証券会社です。

あわせて読みたい
4149
GMOクリック証券のIPO当選のポイント!攻略法!GMOクリック証券はIPOの取扱い件数は少ないですが、IPO投資の穴場となる証券会社です。GMOのグループ企業が上場する際には幹事に指名される可能性が高いので、IPOの当選には欠かせない証券会社です。...

注意事項

・当サイトに掲載されている事項は、投資に関する情報の提供を目的に作成したものであり、特定の金融商品の勧誘を目的としたものではありません
・当サイトは特定の商品の勧誘や売買の推奨等を目的としたものではありません
・最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようにお願いします
・当サイトでは、投資セミナー・投資キャンペーン・日本株・米国株・IPO(新規公開株)・投資信託・株主優待・債券についての情報を提供しています。


ブログランキングに参加しています。
他の株ブログが気になる人はこちらもチェックしてください。
にほんブログ村 株ブログへにほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へにほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ