日本株

みちのく銀行(8350)の株価・見通し・株主優待・決算情報

みちのく銀行(8350)とは

michinoku 08
みちのく銀行(8350)は、青森県内を地盤としている地方銀行です。
1976年青和銀行と弘前相互銀行が合併して誕生した金融機関になります。
ロゴマークの2つの円は、青和銀行と弘前相互銀行が合併して誕生したことを表しています。
業務をみると、預金業務や貸出金業務、リース業務等の銀行の金融サービスを提供しています。
日銀のマイナス金利政策もあり、運用利回りの低下で苦しんでいる銀行の1つですね。

株主優待

権利確定日は、3月末です。
次の権利付き最終日は、2019年3月26日(火)になります。
2019年3月26日(火)の15時までに株を買付すれば、優待がもらえます。

特典:カタログギフト

青森県内の郷土名産品と、全国選りすぐりの約440品目から選ぶことができます。
michinoku 06

100株以上1,000株未満
カタログギフト 3,000円相当の商品

1,000株以上
カタログギフト 5,000円相当の商品

配当

配当利回りは2.20%です(2018/04/16 終値)。
1株配当金額(会社予想)は40.00円です。

いくらで買えるの?

1単位買うのに、18万2,100円必要です(2018/04/16 終値)。
株価 1,821円(2018/04/16 終値)。
単位株数 100株

会社の事業

事業別経常収益をみると、銀行業385億71百万円、リース業84億3百万円、その他9億53百万円となっています。

michinoku 02

「銀行業」

みちのく銀行の本店や支店で、預金業務や貸出金業務、為替業務、有価証券投資業務等をおこなっています。
国内では本支店や出張所を合わせると96店舗あり、海外には上海に拠点があります。

「リース業」

連結子会社の「みちのくリース株式会社」を通じて、リース業務等をおこなっています。

「その他」

連結子会社の「みちのく信用保証株式会社」で信用保証業務をおこなっており、「みちおくカード株式会社」ではクレジットカード業務をおこなっています。

会社の決算

経常収益は479億29百万円(27億10百万円減少)、経常利益は55億21百万円(15億83百万円減少)、当期純利益38億27百万円(11億5百万円減少)となりました。

業績の推移

1株あたりの利益

有価証券報告書(第45期)

michinoku 01

大株主

michinoku 05

従業員の状況

従業員の状況をみると、全体で1,300人以上在籍しています。
みちのく銀行単体では、従業員1,296人、平均年齢40.4歳、平均勤続年数16.2年、平均年間給与574万3千円となっています。
michinoku 03
michinoku 04

会社の資料

みちのく銀行「有価証券報告書(第45期)」より引用

注意事項

・当サイトに掲載されている事項は、投資に関する情報の提供を目的に作成したものであり、特定の金融商品の勧誘を目的としたものではありません
・当サイトは特定の商品の勧誘や売買の推奨等を目的としたものではありません
・最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようにお願いします
・当サイトでは、投資セミナー・投資キャンペーン・日本株・米国株・IPO(新規公開株)・投資信託・株主優待・債券についての情報を提供しています。


ブログランキングに参加しています。
他の株ブログが気になる人はこちらもチェックしてください。
にほんブログ村 株ブログへにほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へにほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ