日本株

日本マクドナルド(2702)の株価・見通し・株主優待・決算情報

日本マクドナルド(2702)とは

日本マクドナルド 株価 見通し
日本マクドナルド(2702)は、日本国内で『マクドナルド』ブランドのハンバーガーチェーンを展開している企業です。
1971年に米国マクドナルドよりフランチャイズ権を買った藤田田氏により設立されました。
2004年から原田泳幸氏が会社を率いていましたが、業績不振を受けてサラ・カサノバ氏がトップに就任しています。

日本マクドナルドでは、様々なキャンペーンを毎年のように打ち出しています。
特にハッピーセットのキャンペーンには力を入れていますね。

日本マクドナルドの決算をみると、2014年と2015年の決算が悪いです。
2014年と2015年に決算が悪くなっているのは、チキンナゲットを作っている上海工場が期限切れ鶏肉を使っていたスキャンダルが発覚したためです。
カサノバCEOの記者会見での対応も批判を浴びました。
チキンナゲットのスキャンダルが発覚して以降、公式HPで調理工程を公開しています。


日本マクドナルドは、米国のマクドナルドの下記の通り、フランチャイズ契約を締結しています。
売上高の3%がロイヤルティーなので、決して軽い負担ではないです。
日本マクドナルドは、マクドナルド本社の都合に振り回される可能性が高いことは注意する必要があります。
MCD 05

店舗数の状況をみると、フランチャイズ店舗の方が2倍近く展開しています。
・直営店舗926店
・フランチャイズ店舗1,972店

MCD 03

直近の決算(2018/11/10 更新)

日本マクドナルドが第3四半期の決算を発表しました。
キャンペーンを毎月のようにおこなって内容もヒットしているので、利益が大きく伸びています。

・売上高 2,027億7百万円(前年同期比8.3%増)
・営業利益 217億76百万円(前年同期比44.4%増)
・経常利益 224億98百万円(前年同期比42.7%増)
・純利益 205億48百万円(前年同期比33.2%増)
・既存店売上高 +7.6%
・既存店客数 +3.3%
・既存店客単価 +4.2%
日本マクドナルド

決算を受けて、業績見通しを上方修正しています。
日本マクドナルド 業駅見通し

株主優待

日本マクドナルド 株主優待
株主優待は、バーガー類やサイドメニュー、ドリンクの商品引換券が6枚ずつで1冊になった優待食事券です。

100株以上300株未満

優待食事券 1冊

300株以上500株未満

優待食事券 3冊

500株以上

優待食事券 5冊

優待の権利確定日

権利確定日は、6月末12月末です。
次の権利付き最終日は、2018年12月25日(火)になります。
2018年12月25日(火)の15時までに株を買付すれば、優待がもらえます。

配当

配当利回りは0.60%です(2018/11/09 終値)。
1株配当金額(会社予想)は30.00円です。

いくらで購入できるの?

1単元買うのに、497,000円必要です(2018/11/09 終値)。
株価 4,970円(2018/11/09 終値)。
単位株数 100株

事業


事業別売上高(平成29年12月末)をみると…

・直営店売上高 1,805億24百万円
・フランチャイズ収入 725億72百万円
・店舗運営事業の売却益 5億43百万円
※フランチャイズ収入の売上は、ロイヤルティーや賃貸料、広告宣伝費負担金収入等になります。

MCD 04

会社の決算

業績の推移

有価証券報告書(第47期)

MCD 01

大株主

MCD 06

従業員の状況

従業員は2,194人在籍しています。
()内は臨時雇用者数です。
MCD 02

会社の資料

日本マクドナルド:「第47期有価証券報告書」
日本マクドナルド:「公式HP」

注意事項

・当サイトに掲載されている事項は、投資に関する情報の提供を目的に作成したものであり、特定の金融商品の勧誘を目的としたものではありません
・当サイトは特定の商品の勧誘や売買の推奨等を目的としたものではありません
・最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようにお願いします
・当サイトでは、投資セミナー・投資キャンペーン・日本株・米国株・IPO(新規公開株)・投資信託・株主優待・債券についての情報を提供しています。


ブログランキングに参加しています。
他の株ブログが気になる人はこちらもチェックしてください。
にほんブログ村 株ブログへにほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へにほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ