IPO

ロジザード(4391)のIPOの初値予想!仮条件、公募価格、決算を紹介

投資パンダの初値評価

pandaA
ロジザード(4391)IPO(新規上場)が承認されました。
上場日は7月4日(水)で、東証マザーズでの上場となります。
想定時価総額は23.5億円、吸収金額は7.34億円です。

想定価格770円、仮条件800~900円、公募価格が900円で決定しました。
吸収金額も7.3億円と小さく、クラウド関係となれば大幅上昇が期待できますね。
初値は2,000~2,400円を予想しています。

3569
初値予想!ロジザード(4391)の公募価格、決定!ロジザード(4391)が、公募価格を発表しました。想定価格770円、仮条件800~900円に対して、公募価格が900円で決定しました。公募価格が仮条件の上限と一致しているので、需要はしっかりあったようです。...

7月5日、ロジザードは上場しました。
初値は2,500円(公募価格比+177.8%)でした。

ロジザード(4391)の基本情報

会社名 ロジザード株式会社
主幹事証券 野村證券
幹事証券 SBI証券、SMBC日興証券、みずほ証券、岡三証券

IPO日程

仮条件決定日 2018/06/14(木)
BB期間 2018/06/18(月)~2018/06/22(金)
公募価格決定日 2018/06/25(月)
上場予定日 2018/07/04(水)

IPO情報

公募株式数 400,000株
売出株数 430,000株
O.A. 124,500株
想定価格 770円
仮条件価格 800~900円
公募価格 900円
想定時価総額 23.5億円
吸収金額 7.34億円

ロジザード(4391)ってどんな会社?


ロジゲートは、クラウドでの在庫管理システムと物流による顧客サポートを提供している企業です。
主力サービスの「ロジゲートZERO」は、倉庫の在庫管理の一連の業務を支援するサービスです。

ロジゲートでは365日サポートチームが対応しています。
そのため、機器の不具合やシステムに強いスタッフがいなくても問題ありません。
導入実績も1,000現場超えているのは心強いですね。
002346

ロジゲートのシステムは、すべてバーコードで読み取ります。
商品を間違えてもブザーと振動で教えてくれるので、ミスすることがありません。
商品の場所や在庫状況をシステムが特定するので、作業の効率と品質が上がります。
002333

とにかく物流に関することを展開しており、倉庫紹介サービス「ロジザード・マッチン」や物流コンサルティング、さらに物流に関するメディア「ロジザード」を運営しています。
徹底していますね…。
002351

主なプロダクト

ロジザードZERO


ロジザードの17年間の物流ノウハウを詰め込んだサービスが『ロジザードZERO』です。
『ロジザードZERO』は、倉庫の在庫管理システム(WMS:Warehouse management system)のツールです。
あらゆる在庫の管理がおこなえるため、『賞味期限の管理』や『(製品や商品)番号での管理』などの機能があります。
365日対応のサポート体制をとっており、1日の出荷が数件~10,000件以上の様々な物流現場で利用されています。
002334

POSぴたRBM

002348
POSぴたRBMは、店舗用の在庫管理システムです。
スマホやタブレットで、店舗の正確な売上や在庫情報をリアルタイムに把握できます。
店舗側には、スキャナを使うことができるため売上登録作業の時間を短縮できるメリットがあります。
本部側には、売上と在庫状況をリアルタイムで把握できるようになります。
002347

ロジザードOCC

002349
ロジザードOCCは、在庫管理情報の一元管理をすることができるオムニチャネルエンジンです。
オムニチャネルとは、あらゆる場所で顧客と接点をもとうとする考え方のことです。
一元管理をすることで、物流の効率化を実現することができます。
002350

事業

事業別の売上高をみると、クラウドサービス 7億5,185万1千円(前期比13.9%)、開発・導入サービス 2億5,531万1千円(前期比7.3%減)、機器販売サービス 6,351万9千円(前期比12.1%減)です。

002342

クラウドサービス

クラウドサービスでは、「ロジザードZERO」や「ロジザードPLUS」、「POSぴたRBM」、「ロジザードOCE」等のサービスを提供しています。

開発・導入サービス

開発・導入サービスでは、クラウドサービスの顧客に対して、ニーズに合わせた機能カスタマイズの開発サービスおよびクラウドサービスの設定作業や教育サービスをおこなっています。

機器販売サービス

機器販売サービスでは、倉庫などで利用されるプリンター等の機器やプリンターラベル等のサプライ品を販売しています。

調達資金の使い道

下記の手取概算額2億7,836万円と第三者割当増資の手取概算額8,819万円を合わせて、設備資金と運転資金、借入資金の返済に充当する予定です。
内訳をみると、「ロジザード」のソフトウェア開発に7,616万3千円、クラウド監視機能の強化および作業委託費用として7,527万3千円、人材の採用費に6,105万9千円、社内システムに1,157万3千円、海外市場調査にかかる資金として450万円を充当する予定です。
借入金の返済資金として2,230万円を充当する予定です。
002331

従業員の状況

従業員の状況をみると、平均年齢39.9歳、平均勤続年数5.5年、平均年間給与661万3千円となっています。
ちなみに労働組合は結成されていません。
002340
002341

直近の決算

平成29年6月期の決算は、売上高10億7,368万1千円(前期比6.3%増)、営業利益8,960万3千円(前期比17.4%増)、経常利益8,787万5千円(前期比18.6%増)、当期純利益5,671万3千円(前期比21.6%増)となりました。
002332
002337
002338
002339
002335
002336

役員の状況

002343
002344

大株主の状況

002345

資料

ロジザード株式会社「有価証券報告書」より引用
ロジザード株式会社「公式HP」より引用

IPO関連の記事

現在募集しているIPO案件の一覧です。

現在募集しているIPO株の一覧
IPOの株の一覧IPO株の一覧(現在募集中)を記事にしました。IPO(新規上場)株に当選するにはできる限り多くの証券会社から申し込むことが必要です。資金を確認して、割り当ての証券会社を確認してIPOに申込みましょう。...

これから上場予定のIPOをおすすめ順にしています。

panda 007
IPOの初値予想!これから上場予定のIPO銘柄をおすすめ順に一覧にしました。『S級IPO銘柄』と『A級IPO銘柄』、『B級IPO銘柄』はある程度目をつぶって申し込んでも良いと思います。『C級IPO銘柄』はよく考えて申し込んでください。...
panda 005
IPOスケジュールをチェックIPOのスケジュールは常にチェックするようにしましょう。これから上場するIPO銘柄の一覧です。初値が割れる可能性があると考えている銘柄は、総合評価で「D」としています。総合評価「C」の銘柄は、初値は割れないと予想しています。...

注意事項

・当サイトに掲載されている事項は、投資に関する情報の提供を目的に作成したものであり、特定の金融商品の勧誘を目的としたものではありません
・当サイトは特定の商品の勧誘や売買の推奨等を目的としたものではありません
・最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようにお願いします
・当サイトでは、投資セミナー・投資キャンペーン・日本株・米国株・IPO(新規公開株)・投資信託・株主優待・債券についての情報を提供しています。


ブログランキングに参加しています。
他の株ブログが気になる人はこちらもチェックしてください。
にほんブログ村 株ブログへにほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へにほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ