日本株

コシダカホールディングス(2157)の株価・見通し・株主優待・決算情報

コシダカホールディングス(2157)とは

14
コシダカホールディングス(2157)は、カラオケ「カラオケ本舗まねきねこ」や女性用フィットネスクラブ「カーブス」や温浴施設を展開している会社です。
新しく進出する際は、居抜き出店が基本戦略のため、コストを抑えた運用が可能となっています。
コシダカは、高校生限定でカラオケルーム代が無料になる「ZEROカラ」や昼12時まで室料30分10円ですむ「朝うた」など、様々な新しいサービスを提供しています。
※居抜き出店とは、建物の外装や内装をそのまま利用して出店することです。普通に出店するよりもコストがかかりません。

7

株主優待

株主優待の内容は、優待券とカタログギフトになります。

特典1:株主優待券

株主優待券は、「カラオケまねきねこ」や「ひとりカラオケ専門店ワンカラ」、温浴施設で利用することができます。

継続保有期間が3年未満

100株以上400株未満
株主優待券 2,000円相当
400株以上4,000株未満
株主優待券 5,000円相当
4,000株以上
株主優待券 5,000円相当

継続保有期間が3年以上

100株以上400株未満
株主優待券 4,000円相当
400株以上4,000株未満
株主優待券 10,000円相当
4,000株以上
株主優待券 10,000円相当
11

特典2:カタログギフト

継続保有期間が3年未満

400株以上4,000株未満
カタログギフト 3,000円相当
4,000株以上
カタログギフト 5,000円相当
12

継続保有期間が3年以上

400株以上4,000株未満
カタログギフト 3,000円相当
4,000株以上
カタログギフト 5,000円相当
13

優待の権利

権利確定日は、8月末です。
次の権利付き最終日は、2018年8月28日(火)になります。
2018年8月28日(火)の15時までに株を買付すれば、優待がもらえます。

配当

配当利回りは0.56%です(2018/04/10 終値)。
1株配当金額(会社予想)は40.00円です。

いくらで買えるの?

1単位買うのに、70万9,000円必要です(2018/04/10 終値)。
株価 7,090円(2018/04/10 終値)。
単位株数 100株

会社の事業

事業別の売上高をみると…
・カラオケ事業296億14百万円(前年同期比7.1%増)
・カーブス事業237億20百万円(前年同期比9.5%増)
・温浴事業16億37百万円(前年同期比5.5%増)
・不動産管理3億12百万円(前年同期比1.7%増)
…となりました(2017年8月末)。

4

「カラオケ事業」

8
カラオケセグメントの売上高は296億14百万円(前年同期比7.1%増)、セグメント利益は20億50百万円(前年同期比75.1%増)となりました。
コシダカは、「カラオケまねきねこ」やひとりカラオケ専門店「ワンカラ」ブランドで、カラオケボックスの店舗を運営しています。
高校生にフォーカスした「ZEROカラ」や、シニアを対象とした「朝うた」など、様々な年齢層に合った戦略を打ち出しています。
海外進出にも力を入れており、海外店舗数は24店舗(シンガポール10店舗、韓国14店舗)となっています。

「カーブス事業」

9
カーブスセグメントの売上高は237億20百万円(前年同期比9.5%増)、セグメント利益は46億72百万円(前年同期比10.3%増)となりました。
コシダカは、「カーブス」ブランドの日本国内における独占事業権を取得しています。
女性専用30分フィットネス「カーブス」を直営とフランチャイズ方式で、店舗展開しています。
国内カーブスの店舗数は1,823店舗(直営58店舗)となっており、会員数は82万1千人となっています。

「温浴事業」

10
温浴セグメントの売上高は16億37百万円(前年同期比5.5%増)、セグメント利益は1億22百万円(前年同期比58.2%増)となりました。
「まねきの湯」および「らんぷの湯」ブランドで、国内5施設の運営をおこなっています。

「不動産管理事業」

不動産管理セグメントの売上高は3億12百万円(前年同期比1.7%増)、セグメント利益は1億26百万円(前年同期比27.8%増)となりました。
コシダカは、神奈川県と愛知県に不動産賃貸ビルを所有して運営をおこなっています。

会社の決算

業績は右肩上がりで順調に推移しています。
直近の決算は…
・売上高552億83百万円(前年同期比8.0%増)
・営業利益61億46百万円(前年同期比27.8%増)
・経常利益63億54百万円(前年同期比35.2%増)
…となりました(2017年8月期)。

決算の推移

カーブス事業は大部分フランチャイズですが、しっかりと利益を上げており会社の業績にも貢献しています。

1株あたりの利益

新規の店舗出店等にお金がかかっていますが、事業は順調に推移しているので問題はないと思います。

有価証券報告書(第48期)

6

大株主

大株主の第2位は、創業者の腰高氏になります。
社名は、創業者の名字そのままなんですね。
5

従業員の状況

グループの従業員をみると、カラオケ事業666人、カーブス事業438人、温浴事業25人、本社13人となっています。
()内は臨時雇用者になります。
労働組合は結成されていません。
2
3

会社の資料

コシダカホールディングス「第48期 有価証券報告書」より引用

注意事項

・当サイトに掲載されている事項は、投資に関する情報の提供を目的に作成したものであり、特定の金融商品の勧誘を目的としたものではありません
・当サイトは特定の商品の勧誘や売買の推奨等を目的としたものではありません
・最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようにお願いします
・当サイトでは、投資セミナー・投資キャンペーン・日本株・米国株・IPO(新規公開株)・投資信託・株主優待・債券についての情報を提供しています。


ブログランキングに参加しています。
他の株ブログが気になる人はこちらもチェックしてください。
にほんブログ村 株ブログへにほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へにほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ