日本株

カブドットコム証券(8703)の株価・見通し・株主優待・決算情報

カブドットコム証券(8703)とは


カブドットコム証券は、三菱UFJフィナンシャル・グループ系のネットの証券会社です。
2001年に旧三和銀行系のイー・ウイング証券と日本オンライン証券が合併し、誕生した会社です。
2007年に三菱東京UFJ銀行の子会社になりました。
仮想通貨相場が1月に総崩れになったので、個人投資家が株やFXに戻ってきているようですね。
全体的に、ネット証券会社の業績が良くなっているようです。

カブドットコム証券の内容をみると、証券口座は104万8,720口座(前期末100万2,268口座)、信用口座数13万8,146口座(前期末12万7,290口座)、預り資産2兆1,204億円(前期末1兆9,206億円)となっています。

株主優待は何?

権利確定は、随時となっています。

特典:手数料の割引

優待内容は、保有株式数と保有期間に応じた手数料割引になります。
k 05

配当はどうなっているの?

配当利回り-%
1株配当金額(会社予想)-円。

いくらで買えるの?

1単位買うのに、3万9,900円必要です(2018/04/27 終値)。
株価 399円(2018/04/27 終値)。
単位株数 100株

会社の事業は?

営業収益をみると、受入手数料 98億42百万円、トレーディング損益 11億8百万円、金融収益 101億76百万円、その他の売上高27億円となっています。

k 04

受入手数料の内訳

【委託手数料】

直近の決算をみると、委託手数料は80億32百万円(前期比19.5%減)となっています。
そのうち株式等委託手数料69億17百万円(前期比15.0%減)、先物等のオプション取引の委託手数料は9億30百万円(前期比36.4%減)となっています。

【募集・売出し等の手数料】

直近の決算をみると、募集・売り出し等の手数料は2億24百万円(前期比36.8%減)となっています。
そのうち株式の募集等の取り扱い手数料80百万円(前期比12.0%増)、投資信託の募集の取り扱い手数料1億44百万円(前期比49.2%減)となっています。

【その他の手数料】

直近の決算をみると、その他手数料は15億85百万円(前期比15.5%減)となっています。
そのうち店頭FXにかかる手数料収入3億97百万円(前期比32.7%減)、投資信託の代行手数料6億16百万円(前期比6.8%減)、有料情報サービスによる手数料収入16百万円(前期比2.3%減)となりました。

会社の業績は大丈夫?

業績の推移

1株あたりの利益

有価証券報告書(第18期)

k 01

大株主は?

k 03

従業員の状況

従業員の状況をみると、従業員136人、平均年齢39.7歳、平均勤続年数6.0年、平均年間給与746万1,841円となっています。
k 02

会社の資料

カブドットコム証券「第18期 有価証券報告書」より引用
カブドットコム証券「公式HP」より引用

注意事項

・当サイトに掲載されている事項は、投資に関する情報の提供を目的に作成したものであり、特定の金融商品の勧誘を目的としたものではありません
・当サイトは特定の商品の勧誘や売買の推奨等を目的としたものではありません
・最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようにお願いします
・当サイトでは、投資セミナー・投資キャンペーン・日本株・米国株・IPO(新規公開株)・投資信託・株主優待・債券についての情報を提供しています。


ブログランキングに参加しています。
他の株ブログが気になる人はこちらもチェックしてください。
にほんブログ村 株ブログへにほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へにほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ