米国株

JPモルガンが株式手数料を無料に!

JPモルガンが株式手数料を無料へ


JPモルガン・チェースは、来週から無料株式取引ができるアプリの提供を始めると発表しました。
CNBCの報道によると、このアプリでは最初の1年間に100回の取引を無料でおこなえます。
JPモルガンへの預入資産が1万5,000ドルを超えると、2年目以降も取引100が無料になります。
さらに預入資産が10万ドルを超える顧客は、無制限で手数料が無料になります。
今後、株の取引は「無料で取引できるのが当然」という時代になりそうですね。

実は、米国では株取引の手数料無料化をおこなっている証券会社は他にもあります。
例えば『Robinhood』は、株の取引を手数料なしでできるアプリです。
『Robinhood』は数年前にサービスを開始したばかりですが、500万人近いユーザーがいます。
しかし、JPモルガンとは会社の規模が違いすぎます。
JPモルガンには約6,000万人の米国人の顧客がおり、そのうち4,700万人がオンラインサービスを利用しています。
そのため、無料で株式取引ができる新アプリは、来週からいきなり4,700万人に提供されることになります。

今後のJPモルガンは


JPモルガンは、デジタル関連サービスに力を入れている銀行のひとつです。

例えば、JPモルガンは、『フィン・バイ・チェース』というサービスを全米で展開しています。
『フィン・バイ・チェース』では、スマホで口座開設ができ、預金や小切手を発行することができます。
そのため、わざわざ支店に行かないでスマホで取引が完結します。
一定額を貯蓄に回す機能も搭載されています。
どちらかというと、なかなか金融機関に足を運ばない若者向けサービスとして人気となっています。

日本の金融機関といえば、お年寄り向けサービスを強化している印象があります。
日米で金融機関の戦略がまったく逆なのは、面白いですね。
当然、米国の金融機関の方が将来性はあると思います。

JPモルガン(JP Morgan Chase)
JPモルガンチェース(JPM)の株価・見通し・決算情報JPモルガン(JPM)の紹介記事です。JPモルガン・チェース(JP Morgan Chase)の株価や見通し、決算、配当について記事にしました。CEOはジェイミー・ダイモンです。米国株(アメリカ株)の銘柄紹介の記事です。...

注意事項

・当サイトに掲載されている事項は、投資に関する情報の提供を目的に作成したものであり、特定の金融商品の勧誘を目的としたものではありません
・当サイトは特定の商品の勧誘や売買の推奨等を目的としたものではありません
・最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようにお願いします
・当サイトでは、日本株・米国株・IPO(新規公開株)・投資信託・株主優待・債券についての情報を提供しています。


ブログランキングに参加しています。
他の米国株ブログが気になる人はこちらもチェックしてください。
にほんブログ村 株ブログへにほんブログ村 株ブログ 米国株へ