IPO

IPOの当選確率を上げよう

IPOの当選確率を上げよう

panda
IPO投資をしている人はご存知だと思いますが、IPOの抽選は激戦です。
小型IPOよりも大型IPOの方が当選確率は高いですが、それでも非常に低いです。
特に人気の高い銘柄では、配分がないことが普通となっています。
今回の記事では、どうすればIPOの当選確率を上げることができるかについてまとめました。

多くの証券会社からIPOに申し込もう


IPO投資の王道ですが『できる限り多くの証券会社からIPOを申し込みましょう』
当たり前の話ですが、抽選に1回だけ参加するよりも何回も参加した方が当選の確率を高めることができます。
IPOの引受証券会社は、直前まで分かりません。
そのため、あらかじめ多くの証券会社で口座を開設して、IPOに備えましょう。

主幹事証券は必ずIPOに申し込もう


IPO投資では、主幹事証券から申し込むことは必須です。
そもそもIPO株は、証券会社ごとに配分されます。
多くの場合、IPO株は証券会社に均等に分配されるわけではありません。
大半が主幹事証券の引き受けとなります

例えば、下の図は直近上場したばかりのシステムサポート(4396)の公募株数の引き受けの結果です。
※売出株数は考慮していません。
3393
上の図の通り、主幹事証券はIPO株の大半を引き受けています。
そのため、主幹事証券に申し込めなければ、そのIPO株の配分がもらえる可能性はとても低くなります。

家族口座・未成年口座も利用しよう

IPO投資では、家族口座を使って抽選のチャンスを増やしましょう
できる限り多くの抽選に参加することは、IPO投資の王道ですね。
家族みんなでIPOに申し込むことで、世帯単位での当選確率は上がります。
もし、家族でIPOに申し込んでいない人がいたら、誘ってみたらいかがですか?

口座数が少ない証券会社はチャンス

IPOの抽選の際、ライバルになるのは同じ証券会社からIPOを申し込んだ人たちです。
例えば、資金の問題で『2つの証券会社のうち、どっちかしか申込できない』場合を考えましょう。
その際は、まず割当数をチェックしてください。
もし割当数が同じなら、次は口座数をチェックしましょう。
例えば、マネックス証券は151万口座、岡三オンライン証券は17万口座です。
割当数が同じなら、岡三オンライン証券で申し込んだ方が当選に有利ですね。

抽選の時間差を利用しよう

通常IPOの抽選日は決まっているが、購入申込み後に抽選をするタイプの証券会社もあります
このような会社の場合、抽選後に購入申込をおこなう会社と比べて数日販売が遅くなることがあります。

後期抽選型のネット証券には、カブドットコム証券GMOクリック証券楽天証券松井証券などがあります。
時間差を利用して抽選回数を増やして、当選確率を上げましょう。

チャレンジポイントを貯めよう

チャレンジポイントは、SBI証券独自のルールです。
SBI証券の配分方式をみると、全体の70%は抽選方式です。
残りの30%は、抽選ではずれた人を対象にチャレンジポイントの多い人から順に割り当てる配分方式です。

チャレンジポイントは、IPOに落選すると1ポイントもらえます
人気のIPO株をもらうには、かなりのチャレンジポイントが必要です。
毎回申し込んでチャレンジポイントを貯めて、大きな利益を狙える銘柄を取りに行きましょう。
001801

委託幹事もチェックしよう

IPO株の申込は、主幹事証券幹事証券だけではありません。
幹事証券から販売委託を受けた委託幹事とよばれる証券会社からも申込が可能となっています。
委託幹事のことを裏幹事とよばれることがありますね。

例えば、三菱UFJモルガンスタンレー証券が幹事証券の場合、同じグループのカブドットコム証券が委託幹事となっている場合があります。
岡三証券が幹事証券の場合、同じグループの岡三オンライン証券が委託幹事となっている場合もありますね。

委託幹事は見逃されがちです。
さらに口座数も少ないため、IPOの穴場になります。

今回のまとめ

IPOは、当選すると大きな利益をとることができる可能性が高いです。
ただ、配分がある可能性は非常に低いですね。
そのため、IPO投資では忍耐が必要です。
当選のコツを把握した後は、とにかくコツコツと申込みをしましょう。

今回説明したのは、『ネットからIPOを申し込む場合』です。
もし、本格的にIPO投資で儲けたいという人は下の記事をチェックしてください。

あわせて読みたい
panda 20
IPOで儲かるのはどんな人?今回は『本気でIPO投資で儲けたい』と考えている人に向けて書いた記事です。『IPOで儲けるには、対面証券会社と上手に付き合う必要がある』と思います。言いなりにならずに上手に付き合うようにしましょう。...

注意事項

・当サイトに掲載されている事項は、投資に関する情報の提供を目的に作成したものであり、特定の金融商品の勧誘を目的としたものではありません
・当サイトは特定の商品の勧誘や売買の推奨等を目的としたものではありません
・最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようにお願いします
・当サイトでは、投資セミナー・投資キャンペーン・日本株・米国株・IPO(新規公開株)・投資信託・株主優待・債券についての情報を提供しています。


ブログランキングに参加しています。
他の株ブログが気になる人はこちらもチェックしてください。
にほんブログ村 株ブログへにほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ