IPO

未成年口座からIPOに申し込める証券会社は?

未成年口座からIPOに申し込める証券会社

panda 036
未成年口座でIPOに申し込むことができる証券会社は以下の通りです。
対面証券会社では、未成年口座の開設窓口が営業店舗となっています。
すべての証券会社の公式HPをチェック+直接電話して質問しました。
ちなみに「三菱UFJモルガン・スタンレー証券」と「みずほ証券」は、『営業店舗での判断となります』という曖昧な返答でした。
ハッキリと申し込めるor申込めないという返答がなかったため、下記には記載しませんでした。

未成年口座からIPOに申し込める証券会社

SBI証券、大和証券、SMBC日興証券、マネックス証券、岡三証券、松井証券、カブドットコム証券、岡三オンライン証券、ライブスター証券、楽天証券

未成年口座からIPOに申し込めない証券会社

野村證券、岩井コスモ証券

SBI証券

SBI証券では、未成年口座からIPOに申し込むことができます
未成年口座の開設は、ネットだけで完結することはできません。
必ず書類を請求して返送するという作業が必要となります。
未成年口座の開設にあたっては、親権者の口座開設が必須です。
ジュニアNISAからIPOに申し込むこともできます

あわせて読みたい
3678
SBI証券のIPO当選のポイント!攻略法!SBI証券は、SBIホールディングスの中核証券会社です。IPOの申込では、SBI証券は外すことはできない証券会社です。SBI証券には独自ルールのチャレンジポイント制度があります。SBI証券のIPO投資のメリット・デメリットをまとめました。...

野村證券

野村證券では、未成年口座からIPOに申し込むことはできません
未成年口座の開設にあたっては、営業店での対応となります。
当然ジュニアNISAからIPOに申し込むこともできません。

あわせて読みたい
3676
野村證券のIPO当選のポイント!攻略法!野村證券は、国内最大手の証券会社です。日本トップの証券会社らしく、口座数・預り資産総額・IPOの主幹事件数もトップです。野村證券のIPO投資のメリット・デメリット・注意事項についてまとめました。...

大和証券

大和証券では、未成年口座からIPOに申し込むことはできます
未成年口座の開設にあたっては、営業店での対応になります。
そのため、IPOは「コンサルティングコース」での裁量配分です。
未成年口座の開設には、親権者の口座開設が必須ではありません
ジュニアNISAからIPOに申し込むこともできます

あわせて読みたい
3542
大和証券のIPO当選のポイント!攻略法!大和証券のIPO投資の解説記事です。メリット・デメリットについてまとめました。配分をみると、営業店で8割、オンラインで2割となっており、他の対面証券会社と比べるとネット申込みシェアが高いです。 ...

SMBC日興証券

SMBC日興証券では、未成年口座からIPOに申し込むことができます
未成年口座の開設にあたっては、営業店での対応になります。
そのため、IPOの配分も「総合コース」での対応となります。
未成年口座の開設には、親権者の口座開設が必須ではありません。
ジュニアNISAからIPOに申し込むこともできます。

あわせて読みたい
SMBC日興証券
SMBC日興証券のIPO当選のポイント!攻略法!SMBC日興証券のIPO投資についてのメリット・デメリット・注意事項についてまとめました。SMBC日興証券のIPO株は、営業店舗に90%程度、オンラインに10%程度配分されます。 ...

マネックス証券

マネックス証券では、未成年口座からIPOに申し込むことができます
未成年口座の開設にあたっては、ネットだけで完結することはできません。
必ず書類を請求して返送するという作業が必要となります。
未成年口座の開設には、親権者の口座開設が必須です。
ジュニアNISAからIPOに申し込むこともできます。

あわせて読みたい
3972
マネックス証券のIPO当選のポイント!攻略法!マネックス証券のIPOを攻略しよう マネックス証券は、IPOの取扱件数の多い証券会社として有名です。 100%の完全抽選方式で配...

岡三証券

岡三証券では、未成年口座からIPOに申し込むことができます。
未成年口座の開設にあたっては、営業店での対応になります。
そのため、IPOも営業店での対応となります。
ただし未成年口座を開設した場合、ネットからIPOに申し込むことはできます。
未成年口座の開設には、親権者の口座開設は必須ではありません。
ジュニアNISAからIPOに申し込むこともできます。

あわせて読みたい
3683
岡三証券のIPO当選のポイント!攻略法!岡三証券は、三重県に本社のある中型の証券会社です。岡三証券のIPO投資のポイントやメリット、デメリットについて記事にしました。普段から岡三証券で取引していないと配分をもらうのは難しいかもしれませんね。...

松井証券

松井証券では、未成年口座からIPOに申し込むことができます。
未成年口座の開設にあたっては、ネットだけで完結することはできません。
必ず書類を請求して返送するという作業が必要となります。
未成年口座の開設には、親権者の口座開設が必須です。
ジュニアNISAからIPOに申し込むこともできます。

あわせて読みたい
4053
松井証券のIPO当選のポイント!攻略法!松井証券のIPOは、ネット専業の証券会なのですべてオンラインでの申込となります。松井証券のIPOでは、需要申告は必須ではありませんが、需要申告に参加した人から優先的に抽選・配分をおこないます。 ...

カブドットコム証券

カブドットコム証券では、未成年口座からIPOに申し込むことができます。
未成年口座の開設にあたっては、ネットだけで完結することはできません。
必ず書類を請求して返送するという作業が必要となります。
未成年口座の開設には、親権者の口座開設が必須です。
ジュニアNISAからIPOに申し込むこともできます。

あわせて読みたい
4054
カブドットコム証券のIPO当選のポイント!攻略法!カブドットコム証券は、三菱UFJフィナンシャルグループ傘下のネット専業の証券会社です。委託幹事をつとめることが多いので、IPO投資では穴場の証券会社となっています。...

岡三オンライン証券

岡三オンライン証券では、未成年口座からIPOに申し込むことができます。
未成年口座の開設にあたっては、ネットだけで完結することはできません。
必ず書類を請求して返送するという作業が必要となります。
未成年口座の開設には、親権者の口座開設は必須ではありません。
ジュニアNISAからIPOに申し込むこともできます。

あわせて読みたい
3682
岡三オンライン証券のIPO当選のポイント!攻略法!岡三オンライン証券のIPO投資は、岡三証券の主幹事案件のIPO株をもらえることがあります。IPOのポイントやメリット・デメリットについて記事にしました。...

ライブスター証券

ライブスター証券では、未成年口座からIPOに申し込むことができます。
未成年口座の開設にあたっては、ネットだけで完結することはできません。
必ず書類を請求して返送するという作業が必要となります。
未成年口座の開設には、親権者の口座開設は必須ではありません。
ジュニアNISAからIPOに申し込むこともできます。

あわせて読みたい
4044
ライブスター証券のIPO当選のポイント!攻略法!ライブスター証券は、インターネット専業の証券会社です。IPOの取扱実績もまだまだ少ない証券会社ですが、IPO狙いで口座を作っている人も少ないので、穴場となっている証券会社です。...

楽天証券

楽天証券では、未成年口座からIPOに申し込むことができます。
未成年口座の開設にあたっては、ネットだけで完結することはできません。
必ず書類を請求して返送するという作業が必要となります。
未成年口座の開設には、親権者の口座開設は必須です。
ジュニアNISAからIPOに申し込むこともできません。

あわせて読みたい
4115
楽天証券のIPO当選のポイント!攻略法!楽天証券は、名前の通り楽天グループの証券会社です。昔のIPO配分方法はカテゴリー制度でしたが、現在では完全平等抽選に変更となっています。...

岩井コスモ証券

岩井コスモ証券では、未成年口座からIPOに申し込むことができません。
当然ジュニアNISAからもIPOに申し込むことはできません。
ちなみに未成年口座の開設にあたっては、営業店での対応になります。

あわせて読みたい
4064
岩井コスモ証券のIPO当選のポイント!攻略法!岩井コスモ証券は、IPOの主幹事をつとめることはありませんが、幹事証券としては多数の案件を獲得しています。口座数が少ない割に取扱実績が多いので、IPO投資では穴場の証券会社ですね。...

未成年口座を開設するにあたって

未成年口座を開設するにあたって、「振込金融機関口座」や「印鑑(親権者)」、「本人(続柄)確認書類」などは必須です。

対面証券会社(大和証券やSMBC日興証券、岡三証券)では、未成年口座にIPO株を配分することはないと思います。
どちらかというと、公平な配分をおこなっている楽天証券やマネックス証券などのネット証券をうまく活用するようにしましょう。

家族のいる人は世帯全体でのIPO株の当選確率をあげることが重要です。

あわせて読みたい
panda 002
IPO初心者がIPOマスターになるまでの12step講座今回の記事では、IPOの初心者が「IPOのことを完全に理解」という段階まで到達できるように12stepに分けて、記事を案内します。「IPO株をもらうために、これをやっておいた方が良い」ということは、この記事にすべて詰まっていると思います。...

注意事項

・当サイトに掲載されている事項は、投資に関する情報の提供を目的に作成したものであり、特定の金融商品の勧誘を目的としたものではありません
・当サイトは特定の商品の勧誘や売買の推奨等を目的としたものではありません
・最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようにお願いします
・当サイトでは、投資セミナー・投資キャンペーン・日本株・米国株・IPO(新規公開株)・投資信託・株主優待・債券についての情報を提供しています。


ブログランキングに参加しています。
他の株ブログが気になる人はこちらもチェックしてください。
にほんブログ村 株ブログへにほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へにほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ