IPO

アイペット損害保険(7323)のIPOの初値予想!仮条件、公募価格、決算を紹介

投資パンダの初値評価

pandaA
アイペット損害保険は、ペット保険を事業展開している会社です。
東証マザーズ上場で、想定時価総額は133億円吸収金額は20.4億円です。

乃木坂46がCMに起用されており話題性もあるため、人気化する可能性もあると思います。
大株主に秋元康氏(47,000株)の名前があるので、その辺りの事情もあるんですかね。
筆頭株主は、投資ファンドのドリームインキュベータとなっていることが気になりますね。
業績が好調とは言いづらい水準ですが、特に問題視されるようなレベルではないと思います。
強気に構えて問題ないと考えています。

あわせて読みたい
3734
アイペット損害保険(7323)の公募価格、決定!アイペット損害保険(7323)が、公募価格を決定しました。想定価格が2,600円、仮条件が2,600円~2,850円に対して、公募価格が2,850円で決定しました。公募価格が仮条件の上限で決定したので、需要は強いですね。...

基本情報

会社名 アイペット損害保険株式会社
主幹事証券 大和証券
幹事証券 SMBC日興証券、マネックス証券、SBI証券、いちよし証券、岡三証券

IPO日程

仮条件決定日 2018/04/06(金)
BB期間 2018/04/10(火)~2018/04/16(月)
公募価格決定日 2018/04/17(火)
購入申込期間 2018/04/18(水)~2018/04/23(月)
上場予定日 2018/04/25(水)

IPO情報

公募株式数 450,000株
売出株数 234,700株
O.A. 102,700株
想定価格 2,600円
仮条件価格 2,600円~2,850円
公募価格 2,850円
初値 4,500円(公募価格比 +57.9%)
想定時価総額 約133億円
吸収金額 約20.4億円

アイペット損害保険(7323)ってどんな会社?


アイペット損害保険は、ペット保険を事業展開している会社です。
犬や猫向けに通院から入院まで幅広く適用できる様々な医療保険をタイプ別に提供しています。
ペット保険の認知度が高まっていることもあり、ペット損害保険の契約数は35万件を突破しています(平成30年2月時点)。
人と違い動物の場合は、保険に入らないと100%自己負担になるため、かなり医療費の負担が重いです(経験談)。
ペット保険市場が右肩上がりの環境(ここ数年は大丈夫)では、業績の拡大が期待できますね。
00012
ペット保険の商品自体は、他社と比較してもなかなか差別化しにくい印象を受けました。
数年後はどうなっていくかわかりませんが、しばらくは問題ないと思っています。

主な商品ラインアップ


アイペット損害保険では、平成16年よりペット保険事業をおこなっています。
ペット保険への認知が高まり、平成30年2月末では保有件数が[marker]35万件[/marker]を突破することができました。

「ペット保険 うちの子」

00014
ペットの通院や入院、手術の費用を補償プラン(70%・50%)に応じて補償している医療保険です。
ペットショップ代理店でもインターネットを通じたダイレクトチャネルでも申し込むことができます。
犬や猫の病気やケガをカバーしています。

「ペット保険 うちの子 プラス」

ペットの体調が不安定になりやすい”ペット購入後1ヶ月間”は診療費を100%補償する医療保険です。
2ヶ月目以降は顧客が選択した補償プラン(70%・50%)に応じて補償します。
インターネット等のダイレクトチャネルからは申し込むことができません。

「ペット保険 うちの子 Light」

00015
高額になりがちな手術費用の補償に特化して、保険料を抑えた医療保険です。
手術と手術を含む入院の費用を最大90%補償します。
ペットショップ代理店でもインターネットを通じたダイレクトチャネルでも申し込むことができます。

「ペット保険 うちの子 キュート」

鳥やうさぎ、フェレットの通院や入院、手術の費用をペット購入の当日から補償する医療保険です。
インターネット等のダイレクトチャネルからは申し込むことができません。

ペット保険市場は伸びていくの?

00013
日本においては、ペット保険市場が成長していくことは間違いないと思います。
現在の日本のペット保険加入率は4~5%程度と低く、今後の成長が期待できます。
アイペット損害保険では、ペット保険市場に今後7倍程度の成長ポテンシャルを見込んでいるようです。

ただ、ペット保険業界をみると、「アニコム損害保険」「アクサ損害保険」「au損害保険」、「アイペット損害保険」、「PS保険」、「日本アニマル倶楽部」、「日本ペットプラス」など様々な会社が乱立しています。
ペット保険業界自体が成長している間は良いですが、市場が飽和状態になった時に会社の選別がおこなわれる可能性が高いと思います。
00016
アイペット損害保険「公式HP」より引用

自社メディア

アイペット損害保険では、自社メディアを3つ運営しています。

「ワンペディア・にゃんペディア」

0001700018
「ワンペディア・にゃんペディア」とは、獣医師等のペットの専門家が監修した犬や猫の情報サイトです。
正確な情報の載っているペット界のWikipediaのイメージで良いと思います。
「ワンペディア」の公式HPはこちら
「にゃんペディア」の公式HPはこちら

「PEDGE(ペッジ)」

00019
「PEDGE(ペッジ)」は、ペット業界で「半歩先を行く」企業や団体を紹介している情報サイトです。
様々なインタビューや業界分析のレポートが載っています。
あんまり更新されていないことが気になりますが、ペット関連の銘柄を保有している人は、チェックしてみてもいいですね。
「PEDGE」の公式HPはこちら

保険募集チャネル

アイペット損害保険は、ペットショップ等の代理店チャネルと、インターネット等を通じた募集をおこなうダイレクトチャネルの2つに分類しています。

①代理店チャネル

ペットショップは当社代理店チャネルの中核代理店であり、688社と代理店契約を締結し、1,640店舗で当社商品を販売しています(平成30年2月末時点)。
来店型保険ショップや保険比較サイト等と代理店契約を締結しており、187社・816店舗で保険商品を販売しています(平成30年2月末時点)。

②ダイレクトチャネル

ダイレクトチャネルでは、上記のような代理店を経由せずに保険を加入することができます。
非対面による手続きは、コンタクトセンターから商品の説明を受ける、または当社が提供する資料やウェブサイト等の内容を確認の上、契約の申込みと保険料の支払手続きをおこなうことで完了となります。

調達資金の使い道

下記の手取概算額11億5,900万円と第三者割当増資の手取概算額2億6,608万5千円は、設備投資に充当する予定です。

内訳は以下の通りです。
基幹システム開発にかかる設備投資費用として、平成29年10月から平成31年11月までに5億3,500万円を充当予定。
業務支援システム開発にかかる設備投資費用として、平成30年4月から平成32年3月までに4億4,000万円を充当予定。
商品対応システムにかかる設備投資費用として、平成31年11月から平成32年3月までに7,000万円を充当予定。
・事業拡大と人員増加に伴う札幌支店の移転にかかる投資として800万円、本社増床にかかる設備資金として1億5,400万円、青森事業所の移転にかかる設備資金として1億9,800万円を充当する予定です。
00004

従業員の状況

従業員の状況をみると、従業員数は356人、平均年齢33.8歳、平均勤続年数3.2年、平均年間給与365万2千円になります。
労働組合は結成されていません。
00011

決算

00005
保険引受収益100億67百万円と資産運用収益4百万円を合計した経常収益は、100億71百万円(前事業年度比23.9%増)となりました。
一方、保険引受費用58億51百万円、営業費および一般管理費39億21百万円等を合計した経常費用は97億73百万円(前事業年度比25.0%減)となりました。
合計すると経常利益は2億97百万円(前事業年度比3.2%減)、当期純利益は1億96百万円(前事業年度比85.4%増)となりました。
00007
00008
00009
00010

役員の状況

山村 鉄平(代表取締役・42歳)
【平成09年04月】
安田生命保険相互会社(現 明治安田生命保険相互会社)入社
【平成25年05月】
当社入社
【平成26年10月】
当社取締役営業企画管理本部長
【平成28年06月】
当社代表取締役社長執行役員(現任)
田中 聡(取締役・43歳)
【平成12年04月】
株式会社ベンチャーリンク入社
【平成23年10月】
当社入社
【平成28年06月】
当社取締役常務執行役員(現任)
工藤 雄太(取締役・40歳)
【平成16年12月】
新日本監査法人(現 新日本有限責任監査法人)入所
【平成23年08月】
当社入社
【平成28年06月】
当社取締役常務執行役員財務経理部長(現任)
青山 正明(取締役・38歳)
【平成16年04月】
株式会社ドリームインキュベータ入社
【平成24年06月】
当社社外取締役
【平成29年04月】
当社取締役常務執行役員(現任)
有岡 正裕(取締役・65歳)
【昭和52年04月】
日本生命保険相互会社入社
【平成28年04月】
当社社外監査役
【平成29年01月】
当社取締役(現任)
原田 哲郎(取締役・52歳)
【昭和56年04月】
海上自衛隊入隊
【平成29年11月】
当社取締役(現任)
比護 正史(取締役・67歳)
【昭和48年04月】
大蔵省入省
【平成19年06月】
株式会社損害保険ジャパン(現 損保ジャパン日本興亜株式会社)顧問
【平成25年09月】
一般社団法人第二地方銀行協会参与(現任)
【平成27年06月】
株式会社岡三証券グループ社外取締役(現任)
【平成28年01月】
ブレークモア法律事務所パートナー(現任)
【平成28年04月】
当社社外取締役(現任)
【平成29年04月】
白鷗大学法学部教授(現任)
星田 繁和(常勤監査役・64歳)
【昭和52年04月】
三井生命保険相互会社(現 三井生命保険株式会社)入社
【平成29年01月】
当社常勤監査役(現任)
野崎 晃(監査役・60歳)
【昭和63年01月】
弁護士登録
【平成15年04月】
野崎法律事務所開設(現任)
【平成18年04月】
当社社外監査役(現任)
【平成23年06月】
株式会社丸井グループ補欠監査役(現任)
【平成26年04月】
慶應義塾大学大学院法務研究科講師(現任)
【平成27年06月】
イチカワ株式会社社外取締役(現任)
【平成29年06月】
株式会社Jオイルミルズ社外取締役(現任)

大株主情報

氏名 株数(比率)・備考
株式会社ドリームインキュベータ 3,034,002株(61.43%)・ロックアップ(90日・1.5倍)
みずほ証券プリンシパルインベストメント 234,700株(4.75%)・ロックアップ(90日・1.5倍)
YCP Holdings Limited 234,000株(4.74%)・ロックアップ(90日・1.5倍)
株式会社 フォーカス 234,000株(4.74%)・ロックアップ(90日・1.5倍)
双日 株式会社 234,000株(4.74%)・ロックアップ(90日・1.5倍)
株式会社 ソウ・ツー 210,000株(4.25%)・ロックアップ(90日・1.5倍)
アイペット損害保険従業員持株会 157,040株(3.18%)・ロックアップ(90日・1.5倍)
山村 鉄平 51,500株(1.04%)・ロックアップ(90日・1.5倍)
工藤 雄太 51,500株(1.04%)・ロックアップ(90日・1.5倍)
田中 聡 51,500株(1.04%)・ロックアップ(90日・1.5倍)

注意事項

・当サイトに掲載されている事項は、投資に関する情報の提供を目的に作成したものであり、特定の金融商品の勧誘を目的としたものではありません
・当サイトは特定の商品の勧誘や売買の推奨等を目的としたものではありません
・最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようにお願いします
・当サイトでは、投資セミナー・投資キャンペーン・日本株・米国株・IPO(新規公開株)・投資信託・株主優待・債券についての情報を提供しています。


ブログランキングに参加しています。
他の株ブログが気になる人はこちらもチェックしてください。
にほんブログ村 株ブログへにほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ