米国株

インテュイティブサージカル(ISRG)をおすすめする理由

インテュイティブサージカルをおすすめする理由

インテュイティブサージカルインテュイティブサージカル
私はこのサイトを開始して以来、一貫してインテュイティブサージカル(Intuitive Surgical)をオススメしてきました。
インテュイティブサージカルは、世界で最も普及している手術用ロボット『ダヴィンチ』を提供している企業です。
手術用ロボット市場は、実質的にインテュイティブサージカルが、ほぼ独占しているような状態です。
そのため、世界的に手術用ロボットの利用が広がっていけば『ダヴィンチ』を提供しているインテュイティブサージカルの業績が良くなっていくと考えています。

これから手術用ロボットのような医療機器の世界市場は、どんどん拡大していくことが予想できます。
下の図の通り、今後の医療機器市場は高い成長が見込まれています。
インテュイティブサージカル
フィデリティ投信「フィデリティ世界医療機器関連株ファンド」

インテュイティブサージカル(Intuitive Surgical)の銘柄解説は、こちらの記事でおこなっています。

あわせて読みたい
インテュイティブ・サージカル(Intuitive Surgical) 決算
【インテュイティブサージカル(ISRG)】の株価・決算情報・銘柄紹介インテュイティブ・サージカル(Intuitive Surgical)は、手術用ロボット「ダヴィンチ」を展開しています。インテューイティブ・サージカルの手術用ロボット「ダヴィンチ」のブランド力は圧倒的で、ライバルは見当たりません。...

インテュイティブサージカル(ISRG)とは


インテュイティブサージカルは、世界で最も普及している手術用ロボット『ダヴィンチ』を提供している企業です。
今後、世界的に手術用ロボットの普及が予想されるので、インテュイティブサージカルは大きく成長する可能性のある企業です。

インテュイティブサージカル
『ダヴィンチ』は、全世界で最もシェアの高い手術用ロボット機器です。
全世界で4,666台も導入されています(2018年6月末)。

インテュイティブ・サージカル(Intuitive Surgical)インテュイティブ・サージカル(Intuitive Surgical)インテュイティブ・サージカル(Intuitive Surgical)
ダヴィンチは上の写真のように…
①執刀医が操作するコクピット装置
②メスや鉗子の付いたアーム部分
③他の医師が確認する内視鏡のモニター装置
の3つの装置で構成されています。

現在の手術用ロボットは、自動的に手術をしてくれるわけではありません。
手術用ロボットは、あくまでも執刀医のサポートをするだけです。
決して『ダヴィンチ』が自動的に手術をしてくれるわけではありません。
よく誤解されやすい点です…。
そのため、執刀医が『ダヴィンチ』の操作を間違えれば、手術をミスすることになります。


『ダヴィンチ』には、手ぶれ防止機能モーションスケール機能が付いています。
手ぶれ防止機能を付けることで、細かな手の震えなどを抑えることができます。
手の震えによる血管や神経を傷つけてしまうリスクを排除できますね。
モーションスケール機能は、手の動きに対して、ロボットアームの動きの比率を小さくできます。
上の動画でも、『ダヴィンチ』はぶどうの皮をむき、それを元通りにすることができます。
『ダヴィンチ』を使うことで、細かい作業が必要とされる難しい手術をすることができますね。

おすすめポイント

優れたビジネスモデル

インテュイティブ・サージカルは、優れたビジネスモデルを構築しています。
実は、インテュイティブ・サージカルは『ダヴィンチ』の販売で収益をあげているわけではありません。
下の図の通り、売上の71%『ダヴィンチ』で使われる消耗品とメンテナンスサービスであげています。
そのため、インテュイティブ・サージカルは販売した『ダヴィンチ』で使われる専門のメスや鉗子で継続的に収益をあげることができます。
インテュイティブサージカル

下の図の通り、機器(Systems)の売上は3割程度しか占めておらず、サービス(Service)と消耗品(Inst&Accy)で売上の7割程度を占めています。
インテュイティブサージカル

『ダヴィンチ』を導入した病院は、必ずインテュイティブ・サージカルから専門のメスや鉗子を発注しなければなりません。
一般的に1台の『ダヴィンチ』を納入すると、年間で約2,000万円程度の維持費がかかります。
そのため、インテュイティブ・サージカルは、景気に左右されずに安定して事業を展開できますね。

世界的にダヴィンチ手術は広がっている

下の図の通り、ダヴィンチの手術件数は右肩上がりです。
泌尿器科(Urology)婦人科(Gynecology)の割合が大きいですが、一般的な手術(General Surgery)にも広がってきています。
世界的に「ダヴィンチ」を利用して、様々な手術をするようになっています。
インテュイティブサージカル

世界的に『ダヴィンチ』のような手術用ロボットを使って手術をおこなうことに理解がすすんできました。
日本でも、2012年から前立腺ガン、2016年から腎臓ガンの手術に対して、健康保険の適用が認められています。
さらに2018年4月から肺ガン胃ガン食道ガン直腸ガン膀胱ガン子宮ガンなどにも保険が適用されることになりました。
今まで自由診療では『ダヴィンチ』が使われなかった手術でも、これからは『ダヴィンチ』の利用がすすむことになりそうです。

ダヴィンチのメリット・デメリット

『ダヴィンチ』は、万能な医療機器ではありません。
当然、メリットとデメリットの両方があります。
神戸市立医療センター中央市民病院がHP上で、メリットとデメリットについて下の図を載せていました。
インテュイティブサージカル
神戸市立医療センター中央市民病院「ロボット手術センター」

メリット

患者の負担が軽い

手術ロボット『ダヴィンチ』を用いた手術は、患者の身体への負担が少ないです。
一般的な手術では、メスで身体を切開するので、大きな手術痕が残ります。
『ダヴィンチ』では、患者の身体に数個の穴を開けるだけで手術をおこなうことができます。
一般的な手術とくらべ、『ダヴィンチ』を利用した手術では身体の傷口が小さいため、患者への負担が軽くてすみます。
さらに、『ダヴィンチ』を用いた手術は時間も短縮するため、麻酔の使用も少なくて済みます。
入院日数も少ないので、医療費の負担も少ないですね。

執刀医の負担が軽い

手術ロボット『ダヴィンチ』を用いた手術は、執刀医への負担が少ないです。
『ダヴィンチ』には、手ぶれ防止機能やモーションスケール機能が搭載されています。

手ぶれ防止機能では、手の震えを抑えることができます。
『ダヴィンチ』が自動的にブレを補正してくれます。
執刀医としては、手ぶれ防止機能によって手が震えることで血管や神経を傷つけてしまうリスクを排除できますね。

モーションスケール機能では、執刀医の手の動きに対して、ロボットアームの動きの比率を調整することができます。
このモーションスケール機能のおかげで、難しい手術をすることが可能です。インテュイティブサージカル

デメリット

コストが高い

『ダヴィンチ』の最大のネックは、“とにかくコストがかかる”ことです。
実は『ダヴィンチ』の1台の価格は、大体2億円近くかかります。
さらに1度納入したら終わりというわけではなく、購入後もダヴィンチ専用のメスや鉗子を継続的に購入しなくてはいけません。
そのため、年間の維持費が約2,000万円近くかかる例もあります。
『ダヴィンチ』が圧倒的なシェアを握り続けている限り、コストは高いままでしょうね。
インテュイティブサージカル

触覚がない

『ダヴィンチ』のデメリットであげられるのは“触覚がない”ことです。
下の写真のように、『ダヴィンチ』の操作はモニターを見ながらおこないます。
そのため、モニターで見えていないところで器具が身体の一部分にぶつかっていても、ぶつかった感じがしません。
操作に不慣れな医師の場合、『ダヴィンチ』のアームが身体にぶつかって、身体を傷つけることがあってもおかしくないです。
直接自分の目で見るのと、モニター上で見るのでは、大きな違いがあるのかもしれませんね。
ダヴィンチ 操作

ダヴィンチのライバル

現在、手術用ロボット業界では『ダヴィンチ』の独壇場です。
実質的に『ダヴィンチ』のライバルは存在しません。
しかし、様々な企業が手術用ロボットの開発をすすめています。

Verb Surgical


最大のライバルは、グーグルの親会社アルファベットの子会社「Verily」と、ジョンソンエンドジョンソンの子会社「Ethicon」の合弁会社「Verb Surgical」です。
「Verb Surgical」は、まだ1台も手術用ロボットを販売していません。
2020年のリリースを目標としています。
複数のメディアのインタビュー記事をみると、医療用ロボットにAIを組み合わせるようです。
『ダヴィンチ』と異なる切り口の手術用ロボットになりそうです。
おそらく、強力なライバルになると思います。

CMRサージカル


現在、『ダヴィンチ』の次に世界的な実績があるのが『Versius』です。
『Versius』は、英国ケンブリッジに本社を構えるCMRサージカルが提供している手術用ロボットです。
『Versius』はポータブルで持ち運びが可能となっており、『ダヴィンチ』にくらべて小型サイズとなっています。
スクリーンを見ながら、スティック型のコントローラーを操作して手術をおこなうようです。
『Versius』はすでに英国の70以上の病院で利用されるなどの実績もあります。

日本の医師不足問題

日本の医療現場で長年問題になっているのは“医師不足”です。
下の図は、医師数と人口10万人対医師数が載っています。
現在の医学部定員数が維持された場合、2025年まではOECDの加重平均まで到達しません。
日本の医師数
厚生労働省医政局「医師偏在対策について」

日本は医師の数が少ないですが、さらに専門医も偏っています。
仕事が不規則で、さらに医療事故のリスクがある外科や産科・産婦人科は人気がないようですね。
診療科別の医師数
厚生労働省医政局「医師偏在対策について」

『ダヴィンチ』は外科手術のサポートをするロボットなので、日本の外科医には心強い味方になりそうです。
今後、日本では『ダヴィンチ』の出番が増えていくことが予想できます。

ダヴィンチの特許切れ


現在、『ダヴィンチ』は手術用ロボット市場で独占的な立ち位置を築いています。
『ダヴィンチ』の大部分の特許は、2019年に切れる予定です。
恐らく『ダヴィンチ』の特許が切れたタイミングで参入してくる企業は、かなりいると思います。
手術用ロボットのような体内に挿入する医療機器は、大手の企業でも一朝一夕で許認可が取れるほど甘くはありません。
医療機器の認可は複雑で長期間の審査が必要となるため、『ダヴィンチ』の特許切れを狙って参入してきた企業でも、収益をあげるまでに高いハードルがあります。

今回のまとめ

うきうきパンダ
現在、手術ロボット業界は『ダヴィンチ』の1人勝ち状態です。
『ダヴィンチ』の1人勝ち状態は、今後数年続いていくと思います。
1人勝ち状態が続いている間は、『ダヴィンチ』の価格を下げる理由がないので、今後もインテュイティブサージカルは安定的に事業を展開していく可能性が高そうです。
しかし、アルファベット(Googleの親会社)とジョンソンエンドジョンソンの合弁会社が手術用ロボットをリリースする際には、注意が必要ですね。

ハフポストによると、ペンシルベニア大学では『ダヴィンチ』を使って『脊索腫除去手術』というかなり難しい手術に成功しました。
手術内容は患者の背骨と頭蓋骨の間にできた腫瘍を取り除くというかなり困難な手術内容でした。
ダヴィンチを使ってどんどん難しい手術ができるようになっています。
難易度の高い手術は、一部のスター医師に頼っているのが現状です。
しかし、これからは『ダヴィンチ』を使うことで、一般的な医師でも難手術をすることができる世の中になっていくのかもしれませんね。

インテュイティブ・サージカルに関連した記事

あわせて読みたい
インテュイティブ・サージカル(Intuitive Surgical) 決算
【インテュイティブサージカル(ISRG)】の株価・決算情報・銘柄紹介インテュイティブ・サージカル(Intuitive Surgical)は、手術用ロボット「ダヴィンチ」を展開しています。インテューイティブ・サージカルの手術用ロボット「ダヴィンチ」のブランド力は圧倒的で、ライバルは見当たりません。...
あわせて読みたい
インテュイティブ・サージカル(Intuitive Surgical) 決算
ロボット手術の時代が到来!主役はダ・ヴィンチ!私は、これから爆発的に日本でもロボット手術が広がっていくと考えています。ロボット手術には保険が適用となります。現在は、胃や肺、心臓、食道、直腸、子宮、膀胱などの12種類のガン手術に適用されます。...

他のおすすめ米国株

あわせて読みたい
セールスフォース
セールスフォース(CRM)をおすすめする理由セールスフォース(Salesforce)のおすすめする理由を記事にしました。セールス・フォース(CRM)の株価、決算、おすすめする理由、ポイントなどを解説しています。今後は米国以外に大きな成長のポテンシャルがある企業です。...
あわせて読みたい
フェイスブック(Facebook)
フェイスブック株(FB)をおすすめする理由フェイスブック株(FB)をおすすめする理由を記事にしました。株価や決算、銘柄の紹介については、解説の記事をチェックしてください。フェイスブック(Facebook)は、インスタグラム(Instagram)やワッツアップ、オキュラスを展開するSNS企業です。...

関連資料

インテュイティブ・サージカル「有価証券報告書」
インテュイティブ・サージカル「Annual Report」
神戸市立医療センター中央市民病院「ロボット手術センター」
フィデリティ投信「フィデリティ世界医療機器関連株ファンド」
厚生労働省医政局「医師偏在対策について」
ハフポスト「ペンシルバニア大学神経外科医、世界初のロボット支援による脊索腫(せきさくしゅ)除去手術に成功」

注意事項

・当サイトに掲載されている事項は、投資に関する情報の提供を目的に作成したものであり、特定の金融商品の勧誘を目的としたものではありません
・当サイトは特定の商品の勧誘や売買の推奨等を目的としたものではありません
・最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようにお願いします
・当サイトでは、投資セミナー・投資キャンペーン・日本株・米国株・IPO(新規公開株)・投資信託・株主優待・債券についての情報を提供しています。


ブログランキングに参加しています。
他の株ブログが気になる人はこちらもチェックしてください。
にほんブログ村 株ブログへにほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へにほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ