日本株

萩原工業(7856)の株価・株主優待・決算情報・銘柄紹介

萩原工業(7856)とは


萩原工業は、次世代フラットヤーン技術とスリッター等の関連機械で成長してきた会社です。
フラットヤーンとは、ポリエチレン等のフィルムを短冊状にカットして延伸することで強度をもたせた糸です。
お花見やピクニックなど行楽シーズンに活躍するレジャーシートや建設現場で使われている土のうにも利用されています。
萩原工業は1962年に設立され、独自技術で成長してきました。

株主優待は何?

特典:カタログギフト

保有株数による金額の範囲内で商品を複数選択することも可能です。
例:3,000円相当商品が選択可能な場合、1,000円相当商品×3個も選択可能です。

1,000円相当(商品例)

hagihara 05

2,000円相当(商品例)

hagihara 06

3,000円相当(商品例)

hagihara 07

6,000円相当(商品例)

hagihara 07

【継続保有3年未満】

100株以上500株未満
カタログギフト 1,000円相当

500株以上
カタログギフト 3,000円相当

【継続保有3年以上】

100株以上500株未満
カタログギフト 2,000円相当

500株以上
カタログギフト 6,000円相当

優待の権利はいつ?

権利確定日は、10月末です。
次の権利付き最終日は、2018年10月26日(金)になります。
2018年10月26日(金)の15時までに株を買付すれば、優待がもらえます。

配当はどうなっているの?

配当利回りは1.66%です(2018/04/16 終値)。
1株配当金額(会社予想)は32.00円です。

いくらで買えるの?

1単位買うのに、19万2,600円必要です(2018/04/16 終値)。
株価 1,926円(2018/04/16 終値)。
単位株数 100株

会社の事業は?

事業別売上高をみると、合成樹脂加工製品事業177億47百万円、機械製品事業54億92百万円となっています。

hagihara 04

合成樹脂加工製品事業

hagihara 09
合成樹脂加工製品事業は、売上高177億46百万円(前期比2.2%増)、営業利益21億39百万円(前期比4.8%増)となりました。
合成樹脂加工製品関連の原糸、クロス、ラミクロスの製造・販売や二次加工をおこなっています。
レジャーや建築現場で使われるビニールシート等をつくっています。

機械製品事業


機械製品事業は、売上高54億92百万円(前期比7.3%増)、営業利益5億81百万円(前期比14.8%増)となりました。
萩原工業にてスリッター機の自動機器製品の製造・販売をおこなっています。
スリッターとはシートを規定の幅にカットして巻き取る機械のことです。

会社の業績は大丈夫?

売上高232億38百万円(前期比3.4%増)、営業利益27億21百万円(前期比6.8%増)、経常利益27億53百万円(前期比9.1%増)、当期純利益19億64百万円(前期比5.8%増)となりました。

業績の推移

1株あたりの利益

有価証券報告書(第55期)

hagihara 01

大株主は?

hagihara 08

従業員の状況

連結グループの従業員数は1,383人在籍しています。
hagihara 02
従業員の状況をみると、従業員438人、平均年齢40.8歳、平均勤続年数17.7年、平均年間給与619万円となっています。
hagihara 03

会社の資料

萩原工業「平成29年10月期 決算短信」より引用
萩原工業「公式HP」より引用

注意事項

・当サイトに掲載されている事項は、投資に関する情報の提供を目的に作成したものであり、特定の金融商品の勧誘を目的としたものではありません
・当サイトは特定の商品の勧誘や売買の推奨等を目的としたものではありません
・最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようにお願いします
・当サイトでは、投資セミナー・投資キャンペーン・日本株・米国株・IPO(新規公開株)・投資信託・株主優待・債券についての情報を提供しています。


ブログランキングに参加しています。
他の株ブログが気になる人はこちらもチェックしてください。
にほんブログ村 株ブログへ