GEが急騰!復活するのか?

GEが急騰!復活するのか?

002763
(直近5日間のGE株価チャート)

昨晩、GEの株価が+7.76%上昇しました。
ダウ平均が−0.12%、S&P500が+0.22%、ナスダックが+0.39%だったので、かなり大きなプラスパフォーマンスでした。

GEの株価が急騰のは、『ヘルスケア事業の分離・独立』『ベーカー・ヒューズの株を売却』することを発表したためです。
今後は、航空エンジンと電力、再生可能エネルギーに注力する方針です。
株価も大きく急騰しているので、今回のリストラ策をかなり好感しているようです。

現在のGEのジョン・フラナリーCEOは、もともとヘルスケア事業の出身なので、自分がもともと在籍していた事業をスピンオフさせることになります。
フラナリーCEOの「何としてもGEを復活させるんだ」という固い意志を感じます

今回のリストラ策の内容

GEは、医療機器事業を手がけるGEヘルスケア株の8割を既存株主に割り当て、残り2割を売却する方針です。
そしてスピンオフして誕生した新会社は、キーラン・マーフィー氏が引き続き代表をつとめるようです。
今後、1年半以内にはスピンオフ手続きを完了する予定です。

さらにGEは、保有しているベーカー・ヒューズ株も売却する予定です。
ちなみに、GEとベーカー・ヒューズの統合手続きは、2017年7月に完了したばかりです。
ベーカー・ヒューズの社員はたまりませんね…。
現在、ベーカー・ヒューズ株の価値は約230億ドルとなっています。

今回のリストラ策で、GEの財務内容がだいぶ改善するのは間違いないですね。

今後のGEは?

私は、GEが主力のヘルスケア事業をスピンオフさせるとは考えていませんでした。
むしろ、これからのGEの収益の柱だと思っていたので、かなり意外です。
フラナリーCEOは「これからのGEは、航空・電力・再生可能エネルギーの企業として事業をすすめる」とコメントしています。

航空エンジン事業は参入障壁が高いため、この事業を中核に据えるのは正解だと思います。
ただ、GEの再生可能エネルギー事業が、ヘルスケア事業のかわりに主力事業に育つとは考えづらいです
前回の決算(第1四半期決算)をみると…
ヘルスケア事業は、売上高47億2百万ドル、セグメント利益77百万ドルでした。
一方、再生可能エネルギー事業売上高16億46百万ドル、セグメント利益 77百万ドルでした。
今後の成長には期待していますが、今後の事業展開には不安を感じます。
GE 01

さらに今後のGEは減配するリスクもあります。
フラナリーCEOにとっては、イバラの道になりそうですね。

注意事項

・当サイトに掲載されている事項は、投資に関する情報の提供を目的に作成したものであり、特定の金融商品の勧誘を目的としたものではありません
・当サイトは特定の商品の勧誘や売買の推奨等を目的としたものではありません
・最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようにお願いします
・当サイトでは、日本株・米国株・IPO(新規公開株)・投資信託・株主優待・債券についての情報を提供しています。


ブログランキングに参加しています。
他の米国株ブログが気になる人はこちらもチェックしてください。
にほんブログ村 株ブログへにほんブログ村 株ブログ 米国株へ