日本株

ファーストリテイリング(9983)の株価・見通し・株主優待・決算情報

ファーストリテイリング(9983)とは

ユニクロ
ファーストリテイリング(9983)は『ユニクロ』などのブランドを運営しており、『ZARA』や『H&M』に続く世界第3位のアパレルメーカーです。
もともと山口県の小さなアパレルショップでしたが、高い品質のカジュアルウェアを提供したことで大きく成長しました。
ファーストリテイリングはユニクロのイメージが強いですが、『ジェイブランド』や『セオリー』、『プリンセスタムタム』などのブランドも展開しています。


ユニクロの最大の特徴は、”新しい素材”と”服”を組み合わせた新商品を作ってきたことです。
フリースやヒートテック、エアリズムなどのユニクロの大ヒット商品は、”新しい素材”と”カジュアルウェア”を組み合わせた商品です。
いずれも新素材は、東レとの共同開発してきたものが多いですね。
これまでのユニクロの躍進には、東レの開発してきた新素材が欠かせません。

ファーストリテイリング
ファーストリテイリングの中で、ユニクロの存在感は圧倒的です。
国内と海外のユニクロ事業の売上高は1兆5,189億円です(2017年8月期)。
ファーストリテイリングのユニクロ以外の事業(ジーユーやセオリー、プリンセスタムタム等)の売上高は3,401億43百万円にとどまっています(2017年8月期)。
現在のファーストリテイリングは、ユニクロの1本足打法状態です。
ZARAのように、主力ブランドの分散が課題ですね。


ユニクロは、企画からデザイン、生産、販売までを一貫しておこなっています。
こうした企画から販売まで自社で一貫しておこなうビジネスのことを『SAP(製造小売業)』といいます。
SAPはもともとGAPが発明したビジネスモデルですが、ユニクロはSAPをギャップよりも上手に活用しています。
下の図の通り、ファーストリテイリングは既にギャップを抜いています。
ファーストリテイリング

ファーストリテイリングは、サプライチェーンを大幅に変えています。
実は今まで服をつくるのに、『企画・計画』から『販売』まで1年以上の時間がかかっていました。
世界中のユニクロに服を置かないといけないので、時間がかかるのは仕方のない気がします…。
ファーストリテイリング
ユニクロは『企画・計画』から『販売』まで大きな改革をすすめています。
“無駄なものをつくらない・運ばない・売らない”を徹底させていますね。
面白いのは、上手に外部企業の力を借りて改革をすすめていることです。
ユニクロ サプライチェーン


上の動画は、ユニクロの有明工場です。
有明工場では無人で検品をおこなうことができるので、最短15分で出荷することができるそうです。
柳井会長は「3年以内にすべての倉庫を自動化したい」とコメントしています。
これからルーティンワークは、すべてAIとロボットに置き換えるようですね。

ユニクロの注目点としては、海外事業がうまくいっていることです。
2018年度は、海外ユニクロ事業の売上が国内ユニクロ事業を超えると予想されています。
特に中国や東南アジア、オセアニアの店舗の業績が大きく伸びていますね。
ユニクロ 売上高

株主優待

ファーストリテイリングには、株主優待がありません。

直近の株価(2018/10/11 更新)

直近6カ月間の株価チャートです。
株価の比較チャート
(直近6カ月間の株価チャート)
青色:ファーストリテイリングの株価赤色:日経平均株価

直近1年間の株価チャートです。
株価の比較チャート
(直近1年間の株価チャート)
青色:ファーストリテイリングの株価赤色:日経平均株価

配当

配当利回りは0.70%です(2018/10/11 終値)。
1株配当金額(会社予想)は400.00円です。

いくらで買えるの?

1単位買うのに、535万4,000円必要です(2018/10/15 終値)。
株価 53,540円(2018/10/15終値)。
単位株数 100株

事業の内容

事業別の売上高をみると…
・国内ユニクロ事業 8,647億円(前期比6.7%増)
・海外ユニクロ事業 8,963億円(前期比26.6%増)
・ジーユー事業 2,118億円(前期比6.4%増)
・グローバル事業 1,544億円(前期比9.5%増)

事業別の売上高

国内ユニクロ事業

国内ユニクロ事業では、ユニクロの国内店舗での業績が計上されています。

海外ユニクロ事業


海外ユニクロ事業では、ユニクロの海外店舗での業績が計上されています。
ユニクロの海外事業をみると、中国などのアジアは好調で米国などの北米地域では苦戦している印象です。

ジーユー事業


ジーユー事業では、低価格なアパレルを展開しています。
イメージとしては、ユニクロよりも低価格の商品ラインナップとなっています。
ジーユーの商品の価格帯は990円~3,000円程度です。
ユニクロがベーシックなデザインが主流となっていますが、ジーユーはよりトレンドを重視している印象があります。
初めてジーユーの990円のジーパンを見た時は、衝撃でしたね。

グローバルブランド事業

グローバル事業では…
・COMPTOIR DES COTONNIERS(コントワー・デ・コトニエ)
・PRINCESSE TAM.TAM(プリンセス タム タム)
・J Brand(ジェイブランド)
などのブランドを運営しています。

決算

直近の決算をみると…
・売上高 2兆1,300億60百万円(前期比14.4%増)
・営業利益 2,362億12百万円(前期比33.9%増)
・経常利益 2,426億78百万円(前期比25.5%増)
・当期利益 1,548億11百万円(前期比29.8%増)

ファーストリテイリング 決算

大株主

大株主

従業員の状況

グループ全体で、従業員は44,424名在籍しています。
()内は臨時雇用者数です。
ファーストリテイリング単体でみると、従業員1,166名、平均年齢37歳5ヶ月、平均勤続年数4年5ヶ月、平均年間給与791万5千円となっています。
001744
001745

関連資料

株式会社 ファーストリテイリング「第56期 有価証券報告書」より引用
株式会社 ファーストリテイリング「公式HP」より引用
株式会社 ファーストリテイリング「サプライチェーン改革について」より引用

注意事項

・当サイトに掲載されている事項は、投資に関する情報の提供を目的に作成したものであり、特定の金融商品の勧誘を目的としたものではありません
・当サイトは特定の商品の勧誘や売買の推奨等を目的としたものではありません
・最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようにお願いします
・当サイトでは、投資セミナー・投資キャンペーン・日本株・米国株・IPO(新規公開株)・投資信託・株主優待・債券についての情報を提供しています。


ブログランキングに参加しています。
他の株ブログが気になる人はこちらもチェックしてください。
にほんブログ村 株ブログへにほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へにほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ