IPO

CREロジスティクスファンド(3487)のIPOの初値予想!仮条件、公募価格、決算を紹介

投資パンダの初値評価

pandaC
CREロジスティクスファンド(3487)は、スポンサーがCRE物流系リートになります。
想定時価総額約250億円、吸収金額230億円です。

吸収金額230億円は、比較的中規模になるため、初値は大きくは上がらないと思います。

2月7日、CREロジスティクスファンドは上場しました。
初値は104,500円(公募価格比-5.0%)でした。

CREロジスティクスファンド(3487)の基本情報

会社名 CREロジスティクスファンド
主幹事証券 SMBC日興証券
幹事証券 野村證券、大和証券、みずほ証券、三菱UFJモルガン・スタンレー証券

CREロジスティクスファンド(3487)のIPO日程

仮条件決定日 2018/01/23(火)
ブック・ビルディング期間 2018/01/24(水)~2018/01/29(月)
公募価格決定日 2018/01/30(火)
購入申込期間 2018/01/31(水)~2018/02/05(月)
上場予定日 2018/02/07(水)

CREロジスティクスファンド(3487)のIPO情報

公募株式数 161,150口
売出株数(OA込) 52,053口
想定価格 108,000円
仮条件価格 108,000円~110,000円
公募価格 110,000円
初値 104,500円(公募価格比-5,500円 -5.0%)
想定時価総額 約250億円
吸収金額 約230億円

CREロジスティクスファンド(3487)ってどんな会社?

スポンサーは株式会社シーアールイー(3458)です。シーアールイーは、物流施設の賃貸や管理や開発などを一貫して手掛けており、「不動産管理事業」や「物流投資事業」や「アセットマネジメント事業」を展開している会社です。
CREロジスティクスファンドの仕組みはこちらです。

CREリート 01

CREロジスティクスファンドの良いところ

CREグループとのコラボ

CREロジスティクスファンド投資法人は、「保有・運用」に特化しており、主にCREが施設を取得します。
CREは、前身の企業を含めると、50年以上物流不動産の管理・運営を手掛けているので、50年以上のノウハウを蓄積している会社です。

CREリート 02

ポートフォリオ

長期安定的な資産運用を目指す方針をとっています。NOIとは、純収益という意味で収入(賃料)-経費(管理費・固定資産税)の計算式になります。

CREリート 03

他の物流施設系リートと比べて築年数が浅い(建物が新しい)施設が多いです。

CREリート 05

エリアは首都圏に集中しています。成田空港や羽田空港から近いのは、物流系リートには必須要素になってきていますね。

CRE 04 CREリート 06

大株主情報

株式会社シーアールイーが100%保有しています。

注意事項

・当サイトに掲載されている事項は、投資に関する情報の提供を目的に作成したものであり、特定の金融商品の勧誘を目的としたものではありません
・当サイトは特定の商品の勧誘や売買の推奨等を目的としたものではありません
・最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようにお願いします
・当サイトでは、投資セミナー・投資キャンペーン・日本株・米国株・IPO(新規公開株)・投資信託・株主優待・債券についての情報を提供しています。


ブログランキングに参加しています。
他の株ブログが気になる人はこちらもチェックしてください。
にほんブログ村 株ブログへにほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へにほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ