米国株

コストコがネットショッピングに進出!

コストコが2019年にネットショッピングに進出か


ビジネス・インサイダー・ジャパンは、コストコが2019年からeコマース展開を始める準備をしていると報じました
コストコ・ジャパン社長のケン・テリオ氏がインタビューに答える形で記事がアップされています。
下の記事です。

コストコは、顧客の年会費で利益をだし、原価ギリギリの商品を顧客に提供するという独自のビジネスモデルで事業を成長させてきました。
1度入会すると『元を取りたい』と考えてしまう消費者心理をうまく利用していますね。

コストコは他社では味わえない独自性を活かして、顧客をうまく囲い込んできました。
私の周りでも“コストコ信者”は多いです。
確かにコストコに行くと、『あんまり必要でないもの』も余分に購入することは多いですね。
ドンキと同じく、“非日常”を消費者に感じさせることで、消費をうながす戦略はうまくいっていると感じます。

ただ、ECサイトだとコストコの1番の良さである“非日常体験”は効果がありませんね。
ネットショッピングは冷静に他社と比較されるので、コストコにとってそんなにおいしいビジネスではないような気がします
「店舗まで足を運ばなくてもコストコの商品が手に入るなら利用する」という人は一定割合いそうですが、成長に貢献するかというと微妙ですね。
低い利益率がより低くなるような気がして、今後の事業展開には不安を感じます。


上記のインタビューの中で、ケン・テリオ社長は、日本国内で50店舗を展開するとコメントしています。
現在、コストコは日本国内で26店舗を運営しています。
まだまだ出店余地は多いと思うので、ぜひ実店舗の方に力を入れてほしいです。
ちなみにコストコは、米国&プエルトリコ520店舗、カナダ98店舗、メキシコ38店舗、イギリス28店舗、韓国14店舗、台湾13店舗、オーストラリア9店舗を展開しています。

コストコ・ホールセール(Costco Wholesale)
【コストコホールセール(COST)】の株価・決算情報・銘柄紹介コストコ(COST)の紹介記事です。コストコ・ホールセール(Costco Wholesale)の株価やチャート、決算、配当について記事にしました。米国株(アメリカ株)の銘柄紹介の記事です。...

注意事項

・当サイトに掲載されている事項は、投資に関する情報の提供を目的に作成したものであり、特定の金融商品の勧誘を目的としたものではありません
・当サイトは特定の商品の勧誘や売買の推奨等を目的としたものではありません
・最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようにお願いします
・当サイトでは、投資セミナー・投資キャンペーン・日本株・米国株・IPO(新規公開株)・投資信託・株主優待・債券についての情報を提供しています。


ブログランキングに参加しています。
他の株ブログが気になる人はこちらもチェックしてください。
にほんブログ村 株ブログへにほんブログ村 株ブログ 米国株へ