米国株

コカ・コーラ(KO)は地域戦略へ!株価はどうなる?

コカ・コーラは地域戦略へ!


コカ・コーラと聞くと、世界中でコーラを販売しているイメージが強いと思います。
実は、コカ・コーラ社は売上10億ドル以上の飲料ブランドを21も展開しています。
コーラだけでなく、「FANTA(ファンタ))」や「スプライト(Sprite)」なども日本では人気ですね。

日本では健康志向が強く、低糖質のトクホ商品が人気です。
ただ、ノンシュガー(糖分なし)商品やローシュガー(低糖分)の商品が人気なのは、日本だけの状況ではありません。
実は、世界的に健康志向が強くなっています
そのため、2018年は過去最大の砂糖の供給過多の状態に陥っています。
詳しくは下の記事に書かれています

英国では2018年4月より、砂糖税が導入されました。
今後も世界的に消費者の健康志向は続くと思います。
コカ・コーラも戦略の転換を迫られていますね。

コカ・コーラは世界中で事業を展開していますが、地域によって戦略が大きくちがいます。
中南米では『AdeS』などの豆乳飲料、欧州では『innocent smoothies』などのスムージー飲料に力を入れています。
日本では缶チューハイ「檸檬堂」(九州限定)などのアルコール飲料を提供しています。
世界戦略でも、地域によってまったく異なる戦略で事業展開しています。

日本の戦略


コカ・コーラは、日本でも独自の戦略をとっています。
ノン・アルコール飲料を提供していることで有名なコカ・コーラですが、実は今年の5月から缶チューハイを提供しています。
『檸檬堂』のブランドでレモンサワーを提供しています。
九州限定商品なので、九州在住の人以外は知らないかもしれませんね。
coke 01
檸檬堂には3種類のレモンサワーがあります。

『檸檬堂 定番レモン』
普通のレモンサワー(レモン果汁10%、アルコール度数5%)
『檸檬堂 塩レモン』
塩で味を引き締めたレモンサワー(レモン果汁7%、アルコール度数7%)
『檸檬堂 はちみつレモン』
はちみつで甘く仕上げたレモンサワー(レモン果汁7%、アルコール度数3%)

コカ・コーラは、今までノン・アルコール飲料に注力してきた企業です。
これで、本格的にアルコール飲料に進出したことになります。
『檸檬堂』は九州限定商品ですが、軌道に乗ればすぐに全国展開すると思います。

私は、コカ・コーラが「日本限定でアルコール飲料を展開する」と聞いたとき、最初の商品は『コークハイ』だと勝手に思い込んでいました。
ちょっと拍子抜けしましたが、全国展開したら『檸檬堂』はぜひ飲んでみたいです。

あわせて読みたい
コカコーラ(Coca Cola)
米コカ・コーラが缶チューハイ進出!なんで?米コカ・コーラは、日本で缶チューハイ商品の投入をすると発表しました。2018年度中に缶チューハイを投入して、本格的に酒類事業に参入すると日本コカ・コーラのホルヘ・ガルドゥーニョ社長が明らかにしました。...

米国の戦略


米国では、ローシュガー(低糖質)商品やノーシュガー(糖質ゼロ)商品が人気です。
直近の決算でも、米国では『ダイエット・コーク』が販売を伸ばしています。
実は最近、『ダイエット・コーク』は、ブランドを刷新しました。
もともとのダイエット・コークに4種類のフレーバーを加えて、缶もスリムなデザインに変更しています。
coke 02
新フレーバーは…
ジンジャー・ライム(Ginger Lime)
フェスティ・チェリー(Feisty Cherry)
ゼスティ・ブラッドオレンジ(Zesty Blood Orange)
ツイステッド・マンゴー(Twisted Mango)
の4種類です。

明らかにボトルのデザインは、インスタ映えを狙ったものですね。
米国では、若者向きの商品に力を入れることで業績を伸ばそうと考えているようです。
ちなみにCNNの報道によると、トランプ大統領は「ダイエット・コーク」が大好物で、1日12本のペースで飲んでいるそうです。

今後のコカ・コーラは…


コカ・コーラは、近年ボトリング業務をスピンオフさせています。
※ボトリング業務とは、原液を容器に入れ製品にする業務のことです。
今後は、企画や商品開発に力を入れていくようです。
実際に、ただコーラを販売するだけではなく、販売の方法にも力を入れています。

上の動画は、「アークティック・コーク(Arctic Coke)」と名付けられた自販機です。
ドリンクをわずか数秒(2~3秒)で半分凍った状態にすることができます。
そのため、普通に飲むだけではなく、スラッシー(半分凍った)状態でドリンクを楽しむことができます。

その他にも26万台の自販機とつながるIoTアプリの『Coke ON』など面白そうな試みを色々と試しています。
中長期の目線でコカ・コーラ(米国)の株は保有しても良いかもしれませんね。

あわせて読みたい
コカコーラ(Coca Cola)
【コカコーラ(KO)】の株価・決算情報・銘柄紹介コカ・コーラ(KO)の紹介記事です。コカコーラ(Coca Cola)の株価やチャート、決算、配当について記事にしました。バフェット銘柄としても有名です。米国の方のコーラ社です。米国株(アメリカ株)の銘柄紹介の記事です。 ...

注意事項

・当サイトに掲載されている事項は、投資に関する情報の提供を目的に作成したものであり、特定の金融商品の勧誘を目的としたものではありません
・当サイトは特定の商品の勧誘や売買の推奨等を目的としたものではありません
・最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようにお願いします
・当サイトでは、投資セミナー・投資キャンペーン・日本株・米国株・IPO(新規公開株)・投資信託・株主優待・債券についての情報を提供しています。


ブログランキングに参加しています。
他の株ブログが気になる人はこちらもチェックしてください。
にほんブログ村 株ブログへにほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へにほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ