カーニバル(CCL)が急落!何があったの?

カーニバルが急落!何があったの?


昨晩、カーニバル(CCL)の株価が4.34%下落しました。
ダウ平均が-0.05%、S&P500が+0.07%、ナスダックが+0.41%だったので、大きなアンダーパフォーマンスとなりました。

直近6カ月間のカーニバルとS&P500のチャートです。
S&P500は+4.5%、カーニバルの株価は-8.3%のパフォーマンスとなっています。
最近、カーニバルは絶不調ですね。
002414
(直近6カ月間の株価パフォーマンス)

カーニバルの株価が下落した理由


昨晩カーニバルの株価が下落した理由は、モルガンスタンレーが目標株価を引き下げたためです。
モルガンスタンレーは、燃料費の高騰ドル高を理由に、目標株価を70ドルから60ドルへと引き下げています
通常では、原油価格とドルは同じ方向には動きません。
※ドルと原油価格の動きが逆相関になるのは、原油が米ドル建てで取引されているため。

しかし、今回は原油価格が上昇しつつドルも上昇しており、カーニバルにはダブルパンチです。
クルーズ船のチケット価格を上げることも難しいので、カーニバルの経営努力では何ともできない問題ですね。

昨晩の株価をみると、カーニバル-(CCL)-4.34%ロイヤル・カリビアン・クルーズ(RCL)-4.09%ノルウェー・クルーズ・ライン(NCLH)-4.21%となっており、クルーズ事業を手がけている企業の株価が軒並み売られています。
カーニバルだけの問題ではありませんね。

そういえば、野村證券の『Nomura 21 Global』も、今月からカーニバル(CCL)を外していました。
しばらくはクルーズ船事業を展開する企業にとって、経営は厳しくなりそうです。