日本株

ブロンコビリー(3091)の株価・株主優待・決算情報・銘柄紹介

ブロンコビリー(3091)とは

100447
ブロンコビリー(3091)は、関東(東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県)・中部(愛知県、静岡県、岐阜県、三重県)・近畿(大阪府、京都府、滋賀県、兵庫県)に108店舗を直営で展開しています。
本社のある愛知県内に41店舗(市内11、市外30)あります。
コンセプトは「ご馳走レストラン」という普通のファミレスよりもクオリティにこだわった料理を提供していますね。
ブロンコビリーは品質を大事にしており、「炭焼き、大かまど、サラダバー」というビジネスモデルを構築した会社です。
自社工場の食肉加工の技術を活かした「炭焼きローストサーロインステーキ」、「極み炭焼きがんこハンバーグ」等の主力商品が人気です。

ブロンコビリーはすべて直営店舗で、119店舗を展開しています。
東海地区を基盤として、関東地区と関西地区へ出店して200店舗体制を目指しています。

株主優待は何の?

特典:優待券 もしくは 魚沼産コシヒカリ

bronco 1
優待内容は、①優待券 もしくは ②魚沼産コシヒカリとなります。

【100株以上200株未満】
①優待券 2,000円分

【200株以上500株未満】
①優待券 3,000円分 もしくは ②魚沼産コシヒカリ2kg

【500株以上1,000株未満】
①優待券 5,000円分 もしくは ②魚沼産コシヒカリ4kg

【1,000株以上2,000株未満】
①優待券 8,000円分 もしくは ②魚沼産コシヒカリ5kg

【2,000株以上】
①優待券 15,000円分 もしくは ②魚沼産コシヒカリ10kg

優待の権利はいつ?

権利確定日は、6月末12月末です。
次の権利付き最終日は、2018年6月26日(火)になります。
2018年6月26日(火)の15時までに株を買付すれば、優待がもらえます。

配当はどうなっているの?

配当利回りは0.67%です(2018/04/13 終値)。
1株配当金額(会社予想)は24.00円です。

いくらで買えるの?

1単位買うのに、35万7,500円必要です(2018/04/13 終値)。
株価 3,575円(2018/04/13 終値)。
単位株数 100株

会社の事業は?

事業は、飲食セグメントの単一事業になります。
地域別売上高の構成比はこちらです。
東海地方が主力の地域になります。
創業の地でもある愛知県は特に多いですね。

3

ランチとディナー

客数はランチが58.3%、ディナーが41.7%占めていますが、売上高はランチが44.4%、ディナーが55.6%を占めています。
やはりランチよりもディナーの方が、客単価が高く稼ぐことができるようです。

100445

投資のポイント

『高い利益率』

外食産業の中でも、ブロンコビリーの利益率はかなり高いです。
2016年12月期の営業利益率は15.29%、経常利益率は15.58%、2017年12月期予の営業利益率は12.38%、経常利益率は12.72%になります。
飲食企業における売上高営業利益率は、飲食店平均で8.6%(経済産業省)ともいわれているのでかなり高い水準ですね。

100442

『品質へのこだわり』

お肉はもちろんですがお肉以外にも品質にこだわっています。
まずブロンコビリーのお店に入って、目に飛び込んでくるのは「銀のかまど」です。
全店で大かまどを設置しており、ごはんをお客さんの目の前で炊き上げます。
そのお米も魚沼産のコシヒカリだけを指定して仕入れており、ファミレスの中では高いクオリティで料理を提供しています。

『がんこハンバーグ』

bronco 02

「極み炭焼きがんこハンバーグ」は、ハンバーグなのにまるでステーキを食べているかのような食感が楽しめる粗挽きビーフ100%のハンバーグです。

早朝にミンチを挽いて、ハンバーグの形にして全店に配送されています。
ハンバーグの鮮度は味への影響が大きいので、わざと冷凍にしていません。
そのハンバーグを備長炭を使用した炭火で焼くことで、外側はカリっと中は肉汁を閉じこめ、ふっくらジューシーな状態になります。

「がんこハンバーグ」には味がしっかりついているので何もかける必要はないですが、岩塩で食べてビーフ100%のハンバーグ自体の味を楽しんでほしいですね。
味をかえたければ、「和風おろし」や「鉄板アラビアータ」などのトッピングも4種類あります。

会社の業績は大丈夫?

売上高197億65百万円(前年同期比9.7%増)、営業利益24億46百万円(前年同期比11.2%減)、経常利益25億16百万円(前年同期比10.3%減)、当期純利益17億44百万円(前年同期比7.4%減)となっています。
売上高をみると、一貫して右肩上がりで伸びていることがわかりますが、高い経常利益率を維持していることがわかります。
2008年のリーマンショックの年でも、経常利益率は13.19%でした。

業績の推移

1
100443

1株あたりの利益

有価証券報告書(第36期)

1

大株主は?

4

従業員の状況

従業員の状況をみると、従業員数461人、平均年齢29.5歳、平均勤続年数5.4年、平均年間給与446万9千円となっています。
2

会社の資料

ブロンコビリー「有価証券報告書(第36期)」より引用

注意事項

・当サイトに掲載されている事項は、投資に関する情報の提供を目的に作成したものであり、特定の金融商品の勧誘を目的としたものではありません
・当サイトは特定の商品の勧誘や売買の推奨等を目的としたものではありません
・最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようにお願いします
・当サイトでは、投資セミナー・投資キャンペーン・日本株・米国株・IPO(新規公開株)・投資信託・株主優待・債券についての情報を提供しています。


ブログランキングに参加しています。
他の株ブログが気になる人はこちらもチェックしてください。
にほんブログ村 株ブログへにほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へにほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ