ビープラッツ(4381)の公募価格、決定!

ビープラッツ(4381)の公募価格、決定!

pandaパンダS
ビープラッツ(4381)が公募価格を決定しました。
想定価格が1,860円、仮条件が1,950円~2,200円に対して、公募価格が2,200円で決まりました。

昨日、日本株が大きく下落しましたが、ビープラッツのIPOには問題ないと思います。

100806
新規上場!IPO ビープラッツ(4381)の解説
100806
ビープラッツ(4381)の仮条件、決定!

ビープラッツ(4381)は、サブスクリプション(継続従量課金)のためのプラットフォーム『Bplats(ビープラッツ)』を提供している会社です。
今回のIPOは、東証マザーズ上場で、想定時価総額20.6億円、吸収金額3.2億円の案件になります。

下の図は、直近1年間の『東証マザーズ』上場で、吸収金額が5億円以下の案件を図にしたものです。
すべて大きく上昇しており、今回のビープラッツも強く期待できますね。

企業名 時価総額(吸収金額) 初値(公募価格比)
みらいワークス 18.60億円(3.80億円) 4,240円(+230.40%)
エル・ティー・エス 22.60億円(4.70億円) 2,130円(+313.20%)
ウォンテッドリー 40.20億円(1.30億円) 4,010円(+401.00%)
ビーブレイクシステムズ 18.70億円(4.70億円) 6,030円(+361.10%)
インターネットインフィニティー 15.20億円(2.80億円) 3,720円(+281.80%)
ユナイテッド&コレクティブ 19.00億円(4.2億円) 2,880円(+177.80%)
シャノン 19.00億円(2.4億円) 4,810円(+320.70%)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です