債券

個人向けマネックス債が登場!気温連動型 年利率0.10%~1.00%!

個人向けマネックス債が登場!気温連動型!

monex 01
マネックス証券は『個人向けマネックス債 気温連動型』を発表しました。
販売は、2018年9月10日12時より開始する予定です。
期間が1年と短いです。
利率が気温によって決まるという不確定要素がありますが、利率が最低年0.10%~最高年1.00%の間で決定します。
期間が短いこともあり、人気化する可能性がある債券だと思います。

個人向けマネックス債(気温連動型)の詳細はこちらです。
発行体はマネックスファイナンス株式会社ですが、マネックス株式会社の保証が付いています。

商品名 マネックス株式会社保証付
マネックスファイナンス株式会社
2019年9月18日満期 気温参照型 円建社債
(愛称:個人向けマネックス債 秋祭り)
発行体 マネックスファイナンス株式会社
格付 BBB(日本格付研究所)
利率 最低 年0.10%、最高 年1.00%
0.10%+0.10%(観測期間中の観測地点における夏日の日数)
※夏日は最高気温が25度以上の日
観測期間 2018年10月4日から2018年10月12日まで
観測地点 気象庁が公表する『東京都 東京』
発行日 2018年9月14日
利払日 年1回(9月18日)
償還日 2019年9月18日
申込単位 額面10,000円
申込期間 2018年9月10日(月)12時から
2018年9月14日(金)14時まで

利率の決定方法

今回の「個人向けマネックス債 気温連動型」の利率は…
観測地点(東京都 東京)
観測期間(2018年10月4日~10月12日の9日間)
夏日(最高気温25度以上)の日数
の3点の結果で、年0.10%~1.00%の間で決定します。

(例).観測期間中すべての日が夏日だった場合…
年利率は、0.1%+0.1%×9日=年1.0%
(例).観測期間中の夏日が2日間だった場合…
年利率は、0.1%+0.1%×2日=年0.3%

利率が何%になりそうか

マネックスの公式HPには、過去30年の気象データが載っています。
過去30年間の10月4日~10月12日の夏日(最高気温25度以上)の日数の一覧です。
平均すると、夏日は平均で2.7日でした。
そのため、過去30年で平均すると、利率は年0.37%となります。
monex 02

マネックスは大丈夫?リスクは?


マネックス債の最大のリスクは『マネックスが潰れるかどうか』です。

発行体

今回のマネックス債の発行体は、マネックスファイナンス株式会社です。
マネックスファイナンス株式会社は、マネックスグループ株式会社の100%子会社です。
そのため、原則マネックスグループが潰れない限りは大丈夫です。
monex 03

格付

マネックス債の格付は、BBB(JCR)です。
BBB(JCR)の格付を他の企業と比べてみます。
マネックスの格付は、下の表の通り低いです。

格付 主な企業
AAA ・NTTドコモ
・JR東海
・JR東日本
・東京海上HD
・東京ガス、
AA⁺ ・NTTデータ
・大阪ガス
・信越化学
・日本郵政
・JR西日本
AA ・旭化成
・かんぽ生命
・オリエンタルランド
・積水ハウス
・横浜銀行
AA⁻ ・オリックス
・サントリーHD
・三井住友フィナンシャルグループ
・みずほフィナンシャルグループ
・三菱UFJフィナンシャルグループ
A⁺ ・大和証券
・第一生命保険
・日本ハム
・丸紅
・横浜ゴム
A ・あおぞら銀行
・カゴメ
・住信SBIネット銀行
・ソニー
・楽天
A⁻ ・SBI証券
・新生銀行
・ソフトバンクグループ
・東京スター銀行
・マツダ
BBB⁺ ・岡三証券グループ
・近鉄グループHD
・東海東京フィナンシャルHD
・丸大食品
・みちのく銀行
BBB ・マネックスグループ
・共立メンテナンス
・ゼンショーホールディングス
・東京ドーム
・東北銀行
BBB⁻ ・きらやか銀行
・仙台銀行
・島根銀行
・パイオニア
・豊和銀行

決算

マネックスグループの決算は以下の通りです。
2017年3月期の決算が悪かったのは、基幹システムの移行費用が増加したからです。
マネックスの日本事業はずっと黒字です。
monex 04
実は、米国事業が足を引っ張り続けてきました。
しかし、2018年3月期には黒字に転換することに成功しました。
monex 05
マネックスはコインチェックを買収したこともあり、業績の反転が期待できます。

直近募集された円建ての安定的な運用商品

今回のマネックス社債は、気温によって利率が決まります。

商品名 利率 期間
マネックス社債 気温連動型 年0.1%~年1.0% 約1年
モルガン・スタンレーステップアップ円債 年0.32%~0.72% 最長で10年
eダイレクト金銭信託 プレサス第1号 年0.65% 約1年
商船三井ブルーオーシャン環境債 年0.42% 約5年
東海東京証券FH債 年0.27% 約1年
eダイレクト金銭信託 ソフトバンク第22号 年0.48% 約1年
円プレーオフ 年0.30% 最長で10年
第109回近鉄社債 年0.20% 約5年
第70回クレディセゾン社債 年0.18% 約5年
小田急電鉄第79回社債
年0.10% 約3年
第37回SBI債 年0.48% 約2年
マネックス社債(1年) 年 0.35% 約1年
マネックス社債(3年) 年 0.58% 約3年
クレディ・アグリコル・エス・エー債 年1.504% 約10年
県政150周年記念事業債 年0.10% 約5年
第464回 九州電力社債 年0.14% 約3年
第301回 四国電力社債 年0.14% 約3年
第53回 ソフトバンク社債 年1.57% 約6年
第14回 みずほ社債 年0.40%(当初5年) 約10年

国債のキャンペーンもおこなわれています。

あわせて読みたい
国債 キャッシュバック
国債キャンペーンの一覧!キャッシュバック!証券各社は、8月も国債の販売をおこなう予定です。10年債のキャッシュバックキャンペーンの一覧はこちらです。3年債のキャッシュバックを取り扱っていない場合もあるので、注意してください。...

注意事項

・当サイトに掲載されている事項は、投資に関する情報の提供を目的に作成したものであり、特定の金融商品の勧誘を目的としたものではありません
・当サイトは特定の商品の勧誘や売買の推奨等を目的としたものではありません
・最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようにお願いします
・当サイトでは、投資セミナー・投資キャンペーン・日本株・米国株・IPO(新規公開株)・投資信託・株主優待・債券についての情報を提供しています。


ブログランキングに参加しています。
他の株ブログが気になる人はこちらもチェックしてください。
にほんブログ村 株ブログへにほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へにほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ