IPO

IPOでおすすめの証券会社

IPOでおすすめの証券会社に口座開設しよう

おすすめ IPOパンダ
IPOの抽選方法やルールは、証券会社によって大きくちがいます。
今回はIPOにおすすめの証券会社とIPOの穴場だと思う証券会社をピックアップしました。

大半の証券会社は、1人に対して抽選券を1枚与える「1人1票制」です。
SBI証券だけは、申込株数が多いほど当選確率が上がる「1単元1票制」をとっています。
そのため、資金量が多い人は積極的にSBI証券で多くの単元を申し込みましょう。

逆に資金量の小さい人は「完全平等抽選」を採用している証券会社をうまく活用しましょう。
「IPOに全然当選しない」という人は、穴場の証券会社からの申込も検討してみてください。

SBI証券

3678
SBI証券は、国内最大手のネット証券です。
取扱うIPO案件は小型が多いので、大きく儲かる案件が多いのが最大の特徴です。
抽選ルールはかなり独自なので、キチンと把握するようにしてください。

SBI証券のIPO攻略方法はこちらです。
投資パンダ:『SBI証券のIPO当選のポイント!攻略法!』

おすすめポイント
・資金量の大きい投資家には有利
・チャレンジポイントを貯めたらチャンスあり
・複数単元の当選の可能性がある
・NISA口座からIPOに投資できる
いまいちポイント
・資金量の小さい投資家にはIPOが当たりにくい
・IPOの独自ルールが分かりにくい

野村證券

3676
野村證券は国内最大手の証券会社です。
最大手の証券会社らしく、毎年IPOの主幹事件数は国内トップです。

野村證券では、IPO株の90%を営業店に配分します。
そして残りの10%をネット顧客に配分します。
当選したと分かってから入金できるので、必ず申し込みをおこなうようにしましょう。

野村證券のIPO攻略方法はこちらです。
投資パンダ:『野村證券のIPO当選のポイント!攻略法!』

おすすめポイント
・毎年国内最多の主幹事案件数をつとめる
・IPOに当選してから入金してOK
・NISA口座からIPOに投資できる
いまいちポイント
・ネット配分は10%
・複数単元の当選はない(ネット申込の場合)
・ライバルが多い(国内最多の口座数)

SMBC日興証券

SMBC日興証券
SMBC日興証券は三井住友FGの中核証券会社です。
毎年数十件の主幹事案件を獲得しています。
IPOの当選後にキャンセルすると、ペナルティを課す証券会社なので注意しましょう。

SMBC日興証券では、IPO株の90%を営業店に配分します。
そして残りの10%をネット顧客に配分します。

SMBC日興証券のIPO攻略方法はこちらです。
投資パンダ:『SMBC日興証券のIPO当選のポイント!攻略法!』

おすすめポイント
・毎年安定して数十件の主幹事案件をつとめる
・NISA口座からIPOに投資できる
いまいちポイント
・ネット配分は10%
・複数単元の当選はない(ネット申込の場合)
・需要申告時に資金が必要
当選してキャンセルしたらペナルティがある

大和証券

大和証券 IPO
大和証券は毎年安定して主幹事案件を獲得している証券会社です。
IPO株の20%をネット顧客向けに配分しています。
対面証券会社では10%と決めている企業が多いので、ネット顧客にやさしいですね。
チャンス抽選という独自のルールもおさえておきましょう。

大和証券では、IPO株の80%を営業店に配分します。
そして残りの20%をネット顧客に配分します。
20%の内訳は、完全抽選が15%、チャンス抽選が5%となっています。

大和証券のIPO攻略方法はこちらです。
投資パンダ:『大和証券のIPO当選のポイント!攻略法!』

おすすめポイント
・ネット抽選(20%)の割合が高い
・抽選の配分がなかった顧客に「チャンス抽選」が用意されている
・NISA口座からIPOに投資できる
いまいちポイント
・複数単元の当選はない(ネット申込の場合)
・需要申告時に資金が必要
・普段から取引していないとチャンス抽選の可能性が低い

マネックス証券

3972
マネックス証券は国内第2位のネット証券会社です。
IPO株は100%完全抽選となっています。
1口座1票の抽選券をもつことになります。
そのため、資金量に関係なく、すべての投資家にとって公平な抽選方法となっています。

マネックス証券のIPO攻略方法はこちらです。
投資パンダ:『マネックス証券のIPO当選のポイント!攻略法!』

おすすめポイント
・100%の完全抽選なので、資金量に関係なく当選のチャンスがある。
・主幹事はほとんどないが、幹事案件数は多い(2017年は49件)。
・NISA口座からIPOに投資できる
いまいちポイント
・需要申告時に資金が必要
・口座数が多いのでライバルが多い(178万件/2018年7月)。
・複数単元の当選はない

マネックス証券

岡三オンライン証券

3682
岡三オンライン証券は、岡三証券グループのネット証券です。
IPO株は過去の取引実績に応じて、3ステージに分けて抽選を実施しています。

岡三オンライン証券のIPO攻略方法はこちらです。
投資パンダ:『岡三オンライン証券のIPO当選のポイント!攻略法!』

おすすめポイント
・ステージSになれば3回の当選チャンスがある
・IPOに当選してから入金してOK
・NISA口座からIPOに投資できる
いまいちポイント
・複数単元の当選はない
・普段から取引していないとステージが上がらない

松井証券

4053
松井証券は手数料が業界最低水準のネット証券です。
デイトレーダーには必須の証券会社ですね。

松井証券では、IPO株の70%を抽選配分。
そして残りの30%を抽選によらない配分としています。
抽選によらない配分の基準はハッキリしません。

松井証券のIPO攻略方法はこちらです。
投資パンダ:『松井証券のIPO当選のポイント!攻略法!』

おすすめポイント
・みんながスルーする穴場の申込先
・IPOに当選してから入金してOK
・NISA口座からIPOに投資できる
いまいちポイント
・複数単元の当選はない

松井証券 IPO取扱銘柄

GMOクリック証券(穴場の証券会社)

4149
GMOクリック証券は、GMOグループのネット証券です。
IPOの取扱件数は少ないですが、その分ライバルの数も少ないですね。

GMOクリック証券では、100%完全抽選方式となっています。
幹事案件が少ないですが、GMOグループが上場する際には幹事に指名されます。

GMOクリック証券のIPO攻略方法はこちらです。
投資パンダ:『GMOクリック証券のIPO当選のポイント!攻略法!』

おすすめポイント
・みんながスルーする穴場の申込先
・100%の完全抽選なので、資金量に関係なく当選のチャンスがある。
いまいちポイント
・複数単元の当選はない
・NISA口座からIPOに投資できない
・2回申込が必要なので、面倒

GMOクリック証券

楽天証券(穴場の証券会社)

楽天証券 IPO
楽天証券は、楽天グループの証券会社です。
昔のIPO配分方法はカテゴリー制度でしたが、現在では100%の完全平等抽選に変更となっています。
楽天証券のIPOの申込は、2回おこなう必要があるので注意しましょう。

楽天証券のIPO攻略方法はこちらです。
投資パンダ:『楽天証券のIPO当選のポイント!攻略法!』

おすすめポイント
・100%の完全抽選なので、資金量に関係なく当選のチャンス
いまいちポイント
・複数単元の当選はない
・NISA口座からIPOに投資できない
・需要申告時に資金が必要

楽天証券

岩井コスモ証券(穴場の証券会社)

4064
岩井コスモ証券は、大阪に本社のある証券会社です。
IPOの主幹事はつとめませんが、幹事案件を多数つとめています。

岩井コスモ証券では、IPO株の90%を営業店に配分します。
そして残りの10%をネット顧客に配分します。

岩井コスモ証券のIPO攻略方法はこちらです。
投資パンダ:『岩井コスモ証券のIPO当選のポイント!攻略法!』

おすすめポイント
・みんながスルーする穴場の申込先
・幹事案件は意外に多い(39件/2017年)
いまいちポイント
・IPOに2回申し込む必要があるため、面倒
・複数単元の当選はない
・NISA口座からIPOに投資できない

岩井コスモ証券「ネット取引」
岩井コスモ証券

ライブスター証券(穴場の証券会社)

4044
ライブスター証券は、手数料が業界最低水準のネット証券です。
IPOの取扱件数は少ないですが、その分ライバルの数も少ないですね。

ライブスター証券では、100%完全抽選方式です。
IPOの取扱実績もまだまだ少ない証券会社ですが、IPO狙いで口座を作っている人も少ないので、穴場となっています。

ライブスター証券のIPO攻略方法はこちらです。
投資パンダ:『ライブスター証券のIPO当選のポイント!攻略法!』

おすすめポイント
・みんながスルーする穴場の申込先
・100%の完全抽選なので、資金量に関係なく当選のチャンスがある。
・NISA口座からIPOに投資できる
いまいちポイント
・複数単元の当選はない
・IPOの申込がメールで面倒

ライブスター証券

カブドットコム証券(穴場の証券会社)

4054
カブドットコム証券は、三菱UFJフィナンシャルグループ傘下のネット証券です。
三菱UFJグループなので、関係の近いIPOで幹事をつとめることがあります。

カブドットコム証券では、100%完全抽選方式です。
申込は2回おこなう必要があるので、注意してください。

カブドットコム証券のIPO攻略方法はこちらです。
投資パンダ:『カブドットコム証券のIPO当選のポイント!攻略法!』

おすすめポイント
・100%の完全抽選なので、資金量に関係なく当選のチャンスがある。
・三菱関連のIPO案件がもらえるかも
いまいちポイント
・需要申告時に資金が必要
・IPOに2回申し込む必要があるため、面倒
・複数単元の当選はない

今回のまとめ

おすすめ IPOパンダ
今回はIPOで“おすすめの証券会社”“穴場の証券会社”をピックアップしました。
ルールを把握して、自分の資金量とも相談して戦略を立ててください。

IPOに当選する1番の近道は「とにかく数多く申し込むこと」です。
なかなか当選しないと悩んでいる人は、とにかく当選する機会を増やすようにしましょう。
IPOは事前に割当のある証券会社が分からないので、しっかりと準備するようにしてください。
GMOクリック証券

注意事項

・当サイトに掲載されている事項は、投資に関する情報の提供を目的に作成したものであり、特定の金融商品の勧誘を目的としたものではありません
・当サイトは特定の商品の勧誘や売買の推奨等を目的としたものではありません
・最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようにお願いします
・当サイトでは、投資セミナー・投資キャンペーン・日本株・米国株・IPO(新規公開株)・投資信託・株主優待・債券についての情報を提供しています。


ブログランキングに参加しています。
他の株ブログが気になる人はこちらもチェックしてください。
にほんブログ村 株ブログへにほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へにほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ