投資信託

eMAXIS Slim 全世界株式(3地域均等型)の解説!イーマクシス スリム!

eMAXIS Slim 全世界株式(3地域均等型)とは

eMAXIS Slim 全世界株式(3地域均等型)』は、日本と先進国、新興国の株式に均等(33.3%)に投資しているインデックスファンドです。
eMAXIS Slim 全世界株式(3地域均等型)
下の図の通り、ファミリーファンド方式で運用します。
eMAXIS Slim 全世界株式(3地域均等型)
eMAXIS Slim 全世界(3地域均等型)の詳細はこちらです。

商品名 eMAXIS Slim 全世界株式(3地域均等型)
購入時手数料 なし
信託報酬 年率 0.15336%
信託財産留保額 なし
換金代金 換金申込受付日から起算して6営業日目
設定日 2018年4月3日
信託期間 無期限
決算日 毎年4月25日

eMAXIS Slim 全世界株式(3地域均等型)の特徴

全世界3地域に均等に投資

ベンチマークは以下の3つです。
・東証株価指数(TOPIX)
・MSCI Kokusai Index(MSCI コクサイ インデックス)
・MSCI エマージング・マーケット・インデックス
下の図の通り、各インデックスを均等に組み合わせています。
eMAXIS Slim 全世界株式(3地域均等型)
過去の年間収益率の推移はこちらです。
eMAXIS Slim 全世界株式(3地域均等型)

コストが低い

「eMAXIS Slim 全世界株式(3地域均等型)」のコストは非常に低いです。
購入時手数料と信託財産留保額はかかりません。
コストは、信託報酬の年率 0.15336%だけです。
下の図の通り「eMAXIS Slim 全世界株式(3地域均等型)」のコストは米国のファンド並みに低いですね。
下の図は、米国と日本の平均の信託報酬の数値です。
eMAXIS Slim
金融庁「投資信託の内訳」

eMAXIS Slim 全世界株式(3地域均等型)の注意点

取扱販売会社が少ない

eMAXIS Slimシリーズを取り扱っている証券会社は少ないです。
コストが低い商品なので、金融機関側にはうま味の少ない商品なので仕方ないですね。
以下の証券会社で取り扱われています。
「eMAXIS Slimシリーズ」と「eMAXISシリーズ」は別の商品なので、注意してください。

・岩井コスモ証券(ネット専用)
・SMBC日興証券(ダイレクトコース専用)
・SBI証券
・岡三オンライン証券
・カブドットコム証券
・GMOクリック証券
・ジャパンネット銀行
・松井証券
・マネックス証券
・楽天証券

eMAXIS Slim 全世界株式(3地域均等型)のポートフォリオ

パフォーマンス

eMAXIS Slim 全世界株式(3地域均等型)
(2018年8月末)

組入上位10カ国

eMAXIS Slim 全世界株式(3地域均等型)
(2018年8月末)

組入上位10業種

eMAXIS Slim 全世界株式(3地域均等型)
(2018年8月末)

組入上位10銘柄

eMAXIS Slim 全世界株式(3地域均等型)
(2018年8月末)

eMAXIS Slim 全世界株式(3地域均等型)の運用は上手いのか

アクティブ投信と比較してみた

eMAXIS Slim 全世界株式(3地域均等型)のパフォーマンスを他の全世界に投資するアクティブファンドと比較しました(2018年9月25日時点)。
純資産総額が大きいのは以下の5つですね。
・ピクテグローバルインカム株式(毎月分配)…純資産総額 5,767億円
・グローバルロボティクス株式(1年)…純資産総額 5,063億円
・ロボットテクノロジー関連株F…純資産総額 4,026億円
・Gハイクオリティ成長株式F(H無)…純資産総額 3,901億円
・モビリティイノベーションファンド…純資産総額 2,885億円
上記の商品のパフォーマンスを比較しました。

3カ月 1年間 3年間
ピクテグローバルインカム +5.62% -2.15% +5.84%
グローバルロボティクス +2.07% +14.36% +14.29%
ロボットテクノロジー関連 +4.29% +15.66%
Gハイクオリティ成長 +1.86% +23.24%
モビリティイノベーション -4.34%
eMAXIS Slim +1.43%

今回のまとめ

今回は『eMAXIS Slim 全世界株式(3地域均等型)』を記事にしました。
『eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)』との最大の違いは、日本株が3割入っていることですね。
「世界の株と日本株をバランスよく投資したい」人にはオススメのインデックスファンドです。

eMAXIS Slimに関連した記事

eMAXIS Slim
eMAXIS Slim(イーマクシス スリム)の解説!メリットとデメリットは?eMAXIS Slim(イーマクシススリム)は、業界最低水準の運用コストのインデックス・ファンドシリーズです。目論見書や報告書をペーパーレス化するなどして、運用コストを徹底的に減らしたインデックスファンドシリーズです。...
3844
eMAXIS Neoの解説!メリットとデメリットは?三菱UFJ国際投信は、AI(人工知能)が自動で選ぶインデックスファンドシリーズ『eMAXIS Neo』の運用を開始しました。AI(人工知能)に銘柄選定などをすべて任せる国内初のファンドです。ロボットと遺伝子工学、宇宙開発のファンドで運用をスタートさせます。...

eMAXIS Slim(イーマクシス)シリーズ

eMAXIS Slim(イーマクシススリム)は、様々な商品をだしています。
どの商品も低コストのインデックスファンドです。

eMAXIS Slim 内容
国内株式(TOPIX) TOPIXを投資対象としている日本株のインデックスファンド
国内株式(日経平均) 日経平均を投資対象としている日本株のインデックスファンド
先進国株式 日本を除く先進国の株式を投資対象としているンデックスファンド
新興国株式 新興国の株式を投資対象としているインデックスファンド
米国株式(S&P500) 米国のS&P500を投資対象としているインデックスファンド
全世界(除く日本) 日本を除く全世界の株式を投資対象としているインデックスファンド
全世界(3地域均等型) 日本と先進国、新興国に均等(33.3%)に投資しているインデックスファンド
バランス(8資産均等) 国内株式や先進国株式、新興国株式、国内債券、先進国債券、新興国債券、国内リート、先進国リートの8資産に均等に投資しているインデックスファンド
全世界(オールカントリー) 日本を含む全世界の株式を投資対象としているインデックスファンド

関連資料

eMAXIS Slim 全世界株式(3地域均等型)「月次レポート」
eMAXIS Slim 全世界株式(3地域均等型)「公式HP」

注意事項

・当サイトに掲載されている事項は、投資に関する情報の提供を目的に作成したものであり、特定の金融商品の勧誘を目的としたものではありません
・当サイトは特定の商品の勧誘や売買の推奨等を目的としたものではありません
・最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようにお願いします
・当サイトでは、投資セミナー・投資キャンペーン・日本株・米国株・IPO(新規公開株)・投資信託・株主優待・債券についての情報を提供しています。


ブログランキングに参加しています。
他の株ブログが気になる人はこちらもチェックしてください。
にほんブログ村 株ブログへにほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へにほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ